1週間でファン30万人超えの、脅威のFacebookページ3つの要因

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさまは徳川家何代目の将軍タイプだったですか?
いきなりこのようなご質問をしたことからも
お分かりと思いますが、今回ご紹介させて頂く
Facebookページの事例は破竹の勢いで
ファン数を増やし続けている
お江戸、いいね!~ I Like! EDO」という
(株)ネットアドバンスさんが運用するページです。
fbpage
早速ですが、こちら御覧ください。
解析
ファンの獲得状況を表すグラフですが、
ものすごい増加数なのがみてわかるでしょう。
こちらのページはもともと6月20日に
辞書・事典検索サイト「ジャパンナレッジ」の
アップデートを記念して開設された
ページですが、ずっとファン数は197人で
停滞しておりました。
それが11月7日に「TOKUGAWA15判定」という
徳川家康から慶喜までの15の将軍タイプを
診断するアプリを導入してわずか一週間で
30万人ものファンを獲得するに至りました。
日本では最も最短で30万人のファンを
獲得したページといえるでしょう。
あのポカリスエットでさえ
一ヶ月でファン数7万人ですから
異常な数字といえます。
11月17日現在ファン数341,936人と
国内ランキングでは現在6位で
無印やANAなどをごぼう抜きにしている
Facebookページです。
shindan
診断アプリのおかげで圧倒的な
ファンを獲得できたのは明白ですが、
この要因は3つあると思います。
①徳川将軍(歴史)についてのコンテンツである点
 
歴史の知識を遊びながら学べるという点で 
比較的ビジネスマンというインテリ層が活用している
Facebookユーザーの知的好奇心を刺激したと
思われます。また日本独自の将軍という
切り口で外国人ユーザーにも受けがよかったと
いえるでしょう。
②突っ込みどころのあるコンテンツをシェアさせてた点
例えば「あなたは平成のマリー・アントワネットタイプ」や
「宝のもちぐされタイプ」だったり、クスッと
笑える将軍のイラストが出たりと「おっ」と
関心を惹きつける内容をシェアさせております。
③実際の女性を前面に押し出している点
※アイコンはイラストですが、動画や写真で
 お江戸アイドルというほーりーさんが
 前面にでております。
ファンの男女比率を見ると約75%が男性のファンと
なっている点からこの要因を検討できますし、
実際ウォールに書き込みを行なっているのも
男性ばかりなのからもそう言えると思います。
そしてすごいのがファンからの全ての投稿に対して
コメントを返している点です、こういった地道な
運用が続けられれば恐らく今後もファンを
伸ばし続けるのではないかと思います。
※見ている限りほーりーさんが全て
 運用しているわけではなさそうです。
以上、ここまで拡散した要因を考察してみました。
個人的にFacebookページでファンを増やしていくには
1.アプリ、2.広告、3.自社サイトなどへの外部メディア掲載
3つがあると考えており、その中でも
アプリにはここまでの力があると
改めて気付かされた好例です。
また、診断アプリは多用されていたので
正直下火になっていたと感じてましたが
上記のような条件が揃ってからではありますが、
まだまだ可能性もあると思いました。
アメリカではこういったアプリが少し前に流行し、
今では外部サイトとの連携を活用する、
Facebookコネクトを活用したプロモーションが
メインと聞いたことがありますが、
日本ではどのくらいでそのフェーズに
移行し始めるでしょうか。
いづれにせよ、最も大事なのはファンを獲得した
「その後」です。いくら素敵なキャンペーンで
ファンを掴んでも、日々のコミュニケーションが
おろそかになれば何の意味もないどころか、
逆に悪印象を与えかねます。
アプリのようなツールの活用から考えるのではなく
運用方針や組織体制をまず最初に考えることが
Facebookページを活用していく上で
重要になってくるのを担当者は肝に命じておくべきでしょう。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: