徹底的に共感を呼ぶ、人間味溢れるキャラを活用したFacebookページ事例

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近随分寒くなってきて、季節の変わり目を
感じる頃だとは思いますが、今回ご紹介させて頂く
Facebookページはどこかほっと温まるページになっております。
というのも非常に親近感に溢れるコミュニケーションを
展開されていて、キャラクター活用が際立った
特徴的なFacebook運用をされています。
それがこちらソーシャルリクルーティングサービスを
手がける株式会社ガーブス運営する
ソーシャルリクルーティングの世界」というページです。
socialrecruit
ここでは「小松りくる」という可愛らしい
キャラクターが有益な情報を発信していきながら
コミュニケーションを取っていく運用なのですが
何よりも特徴的なのがこのキャラの
プロフィールや投稿が非常にリアルという点です。
非常に人間味に溢れたキャラ設定と運用が
されているという印象を受けます。
同名のブログでも
Facebookページでの
キャラ設定にあたっては運用担当者と
そのキャラになるべく近い状況設定に
することが大事
」と書かれていますが、
まさしくこのFacebookページでは
しっかりと順守されているのでしょう、
これまでのファンとのやりとりを見ていると
単なる運用担当者に収まるものではく、
ここでは実際に「りくるちゃん」というキャラが
存在していて、その「りくるちゃん」と
会話をしているかのような気分になります。
about
例えば「about りくる!」というページでは
プロフィールが書かれているのですが、
よく行く所:ドトール、ラーメン屋
好きなもの・こと:CXで写真を取ること
、など
とても現実味があり、恐らく実際の担当者の興味関心と
反映させているであろうという内容が確認できます。
その甲斐あって、他のキャラを活用しているページに比べて
キャラが立っており、印象に残るものと言えます。
※実際に運用されている方は女性らしいです。
よくブログライターの男性と間違われるそうですが 笑

専用の担当者が決まっている場合は
有効な方法といえるでしょう、
というのもあくまでもFacebookは
企業と人々(ファン)の
コミュニケーションの場ではなく、
人々同士のコミュニケーションの場
だからです。
企業は人々がリラックスして会話している中に
割り込んで入ってきている存在ということを
運用担当者は自覚して運用する必要があります。
友人達との会話を楽しんでいる場に割って入られて
モノを売りつけられるほど嫌なことはないでしょう。
よく「ソーシャルメディアマーケティングとは
モノを売らないこと」
と言うのはそういった理由から言及できます。
その点、この「りくるちゃん」に関して言えば
「企業」のページという印象をギリギリまで
なくしての運用が行われている好例だと思います。
絵文字や投稿の際のテンションなど、
とてもライトで友人とやりとりをしているかの
ような印象が持てる点からもそう言えます。
「りくるちゃん」を始めキャラクター運用を
採用するということはファンとの溝を
縮めることができるというメリットから
採用される企業も多いのでしょう。
また投稿は基本的にソーシャルリクルーティングに
関する情報を可愛らしいコメントと共に
ポストされているのですが、
参考にしたい点がやはりブログとの連携でしょう。
自社運用のブログの更新を「りくるちゃん」が
Facebookで広報しているのですが、
その方法はこういったBtoBのマーケティングで
とても有効な方法といえます。
post
なぜなら有益な情報を提供しているという
ブランディングに繋がるだけでなく、
商品を探している見込み顧客に見てもらい、
信頼を得るためのコンテンツ
となるからです。
こういった考え方はインバウンドマーケティング
呼ばれており、特にBtoBの場合は何らかのコンテンツを
設けて見込み顧客の待ち伏せするというのは
有効な手段といえるでしょう。
今回の事例だと、りくるちゃんのキャラとコミュニケーションにより
少しでも多くの見込み顧客をブログへ呼び、
そこで優良記事と共にガーブスのリクルーティングサービスを
知ってもらう導線が予想できます。
以上、長くなってしまいましたが最後に
個人的にとても共感できる投稿画像を
引用させて頂きます。
294712_258489444197374_202972043082448_747166_51566833_n.jpg
297973_255704757809176_202972043082448_737050_2001786215_n.jpg
304077_252300538149598_202972043082448_726189_422940037_n.jpg
ここまでキリのいい数字を的確にキャプチャできるとは
しっかりと運用されているのが見て取れます。
このように愛がこもったFacebookページは
みていて元気になる気がします。
いかに運用しているブランド、キャラクターを
愛せるかが最も根本となる要素ではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: