予算ゼロでも!ファン1万人を集めたFacebookページ事例 お金を使わない集客10の方法

shutterstock_122109640
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「お金をかけずにFacebookページのファンを増やす方法を知りたい!」と思ったことありませんか?
先月、私の運用しているFacebookページがファン数1万人に達しました。
実はこのページ、一度も広告を打ったことがなく、懸賞や診断などのアプリを使ったこともありません。もともと予算ゼロだったのです。


rexfbsample001.jpg

『Facebookプロモーション国内事例集』キリ番のキャプチャ。
多くの方に「ありがとうございます」と伝えたいです。

そこで今回は、費用を一切かけずにファンを1万人集めた方法をすべて公開したいと思います。

まずは自分のまわりから

1、友達にメッセージでお願いする
ファンを集めるために一番最初にとった行動が、友達にお願いするということでした。すごく地味ですが、確実な方法です。
ただ「誰に」お願いするかには、気をつけていました。本当に仲のいい友達や、このFacebookページが発信する情報が必要そうな人にメッセージを送っていました。
今は友達の招待機能があるので、もっとライトにお知らせすることもできますね。
2、名刺に掲載し、口頭で一言そえる
a0003_001882.jpg
地道ではありますが、個人的には効果を感じた方法の一つです。
でも、ただ名刺にFacebookページを記載するだけではダメ。自己紹介のときに口頭で、ひと言そえたことが「いいね!」につながったと捉えています。
3、メールの署名にも記載する
ともかく、載せて害のない場所には、すべて載せよう。そう思い、あらゆるメールの署名に記載しました。些細なことでも、積み上げを大切にしようと心がけていました。
4、人前に出るときは、自己紹介のなかで触れる
セミナーなどで人前に出る機会をいただいたときは、自己紹介の一貫としてFacebookページも紹介していました。
「どういう情報を発信しているページか」を、簡単にでも伝えられるとよいですね。

ネット上での露出にこだわる

5、ソーシャルプラグインの位置や形式を検証する
やはり、ソーシャルプラグインは鉄板です。すでに実装しているページも多いと思います。ただ、貼るだけでなく最適な位置や形式を探してみることをおすすめします。
私の場合はサブナビゲーションだけに設置していたことに加え、ページ下部にもLike boxを設置するようにしたところ、すぐに増加数が倍になりました。
rexfbsample002.jpg

▲ブログに設置したソーシャルプラグイン。どんな情報を発信しているかも併記していました。
もっと大きいサイズで投稿やファンの顔を表示したLike boxを設置したほうが、効果は出ると推測されます。

もちろん、サイトの本来の目的を損ねるような設置の仕方はNGですが、色々な場所や形式を試してみる価値はあるでしょう。
6、検索にひっかかるタイトルをつける
こればっかりは、すぐに真似できるものではないですが、非常に重要です。
それぞれの運営者が抱える事情にもよるのですが、例えば「店名や社名だけのタイトルにしない」などの工夫はできるかもしれませんね。
このページでも、タイトルを決めるときはGoogleのアドバイスツール(現Googleキーワードツール)などを使用し、検索ボリュームの多いキーワードを選んでいます。
rexfbsample003.jpg

▲「Facebook 事例」と検索すると一番上に表示される。(シークレットモードでの検索)

なお、タイトルに「国内」というワードが入っているのは、当時事例を探すと海外のものばかりヒットするなか、国内の事例を探すニーズが大きくなっていたことが背景にあるのです。
7、自分が露出する場所を極力活用する
自分のプロフィール欄で、Facebookページを紹介しました。
Facebookの個人アカウントはもちろんのこと、自分の関わった記事や、講座の講師紹介欄など。自分が直接編集できない記事に関しても、運営サイドにお願いして載せてもらっています。
rexfbsample004.jpg

SMMLab記事のライター紹介欄

8、ランキングサイトへ登録する
ジャンルや業界ごとにFacebookページのファンの数がランキングされているサイトに登録しました。
具体的にはfbrankfacenavifacebook naviをチェックし、載っていなかったサイトには申請の連絡をしました。

もちろんFacebook上でも!

9、個人のFacebookアカウントで宣伝する
Facebookページや、その投稿を自分のアカウントでシェアしていました。有難いことに、その投稿をFacebook上でシェアしてくださる方もいらっしゃいました。
内容にもよりますが、Facebook上での告知はそのままスライドして広めやすいもの。友達に迷惑にならない頻度で、個人アカウントも活用しましょう。
rexfbsample005.jpg
10、シェアされるような投稿を心がける
シェアはFacebookページのファン数増加に寄与するということが、調査データでも実証されています。(※)私の場合は、ニュース性の高いものはなるべく早く紹介したり、投稿文中に紹介する記事の内容を箇条書きにしたりしていました。
※MarkeZine『Facebookページのファン増加には「シェア」が貢献!シェア数を増やす方程式とは?』
ただ正直に言うと、事例として紹介させていただいたFacebookページの関係者の方がシェアしてくださったという特殊なケースが目立つかなと感じています。ここに関しては記事の質ではなく、テーマの特性だと思っています。シェアしてくださった方には、ただただ感謝です。

それでも2年半かかった

ファンを増やすには、つまるところ「どれだけ露出できるか」ということに尽きます。ファンの獲得率の問題もありますが、そもそも目に触れる機会がなければ仕方ありません。
『Facebookプロモーション国内事例集』の場合は、各所での露出に2年半という時間をかけあわせて、やっと1万人。
あくまでも「このページの場合は」という話なので、同じ方法をとっても同じような効果が出るわけではありません。
1万人まで、もっと早いケースもあれば、遅いケースもあるでしょう。場合によっては、他にも有効な方法もあるでしょう。
ただFacebook上で「Facebookの事例」を扱ったテーマでさえ、このくらいのスピードだったということは、ひとつ参考になるかもしれないなと思うわけです。
今回ご紹介した方法のなかから、使えるものを見つけて実行していただくのも一つの道。一方で「やはりスピードを優先したい」と、広告やアプリなど有料サービスの検討に踏み出すのも一つの道です。
そういう意味もこめて、この10の方法が少しでも一歩前進するきっかけになれば、とても嬉しいです。

——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

テスト

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ