リアルでも拡がるような話題を!会話がキーになるFacebookページ運営事例

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、こちらの投稿についているシェアの数は、いくつに見えますか?


TABASCOJapan rex005.jpg
「30に決まってるじゃん!」と思いますよね。
でも、私にはもっと大きな数に見えるのです。
今回はその理由を、タバスコ / TABASCO Japanをご紹介しながらお伝えしていきます。Facebookページから多くの「会話」を生み出している投稿や、そのポイントにフォーカスして見ていきましょう。

リアルの会話にも登場するようなネタを提供

あなたは最近、誰かと「今日、Facebookでこんな投稿を目にして…」という会話をした覚えがありませんか。
Facebookページの運営をしていると、つい投稿についている「いいね!」やコメント、シェアの数に目がいってしまいます。
でも、その「いいね!」やシェアの先では、ファンが投稿で読んだ話をリアルな場で話しているかもしれません。
私が記事の冒頭で、シェアの数が「30」より大きく見えると言ったのは、そういう意味です。
タバスコのFacebookページでは、リアルでも思わず人に話したくなるような話がたくさん投稿されています。
TABASCOJapan rex001.jpg
左の投稿の、タバスコの消費量第2位が日本という話は意外だなという感想を抱きませんか。右の投稿にある、1868年発売当時のタバスコの値段には、驚かされます。これらの雑学や豆知識は、家やレストランでタバスコを見たとき、自然と会話のなかに登場しそうです。
ただ、どんな雑学や豆知識でも良いというわけではありません。この場合は驚きがある、誰かに教えたくなる、ということが要素としては大切だと考えます。

ファンの興味にあわせた切り口で、商品紹介も話題になる

商品紹介も、ただ一方的に宣伝するような内容では、ファンからの反応は得られません。
タバスコのFacebookページでは、辛いもの好きなファンが最も興味があるであろう「辛さ」を切り口に商品を紹介しています。
TABASCOJapan rex002.jpg
投稿には(一部見切れていますが)13件のコメントと28件のシェアが集まっています。
この場合は自分たちが言いたいたいことではなく、ファンの興味にあわせることで、商品紹介ですら会話のネタになるようなコンテンツに加工しているのです。

コアファンに発言してもらう

コアファンというのは単なる「Facebookページの」ファンというだけではなく、辛いもの好きな本物のタバスコファンのことです。
「コアファン」がFacebook上で活発に発言しているというのも、このページの特徴のひとつです。
このページには、タバスコソースを「ちょい足し」するレシピを投稿しています。
手軽に試すことができ、食欲をダイレクトに刺激するがゆえに「やってみたい!」という気持ちを強力にひきだしてきます。本物のファンであれば反射的に反応してしまいそうですね。
TABASCOJapan rex003.jpg
ちょい足しレシピの投稿を見ると「今後試してみる」という内容のコメント(キャプチャ青字下線箇所)やシェアが見受けられました。
さらに見逃せないのは「前からやっている」というコメントや「タバスコほぼ毎日使う」や「辛いの大好きだな」(キャプチャ赤字下線箇所)に代表される、辛いもの好きアピールです。
コアファンにとっては、レシピの投稿ですら、周囲に「俺は辛いものが好きなんだ!」という意思表明ができるようなネタになってしまうのですね。
いずれにしろ、コアファンの欲求や共感をひきだせるような投稿は、発言を促す効果があるのです。

質問を投げかけてファンと会話をする

タバスコでは、ファンにベストマッチな食材をきくなど、商品に関連した質問を投げかけています。コメントが集まっており、ページが活性化している様子が見てとれます。
TABASCOJapan rex004.jpg
ファンにとってこの質問の答えを考える時間は、イコール「タバスコのことを考える時間」になります。
考えている間に、タバスコを使った料理が食べたくなる、といったこともあるかもしれませんね。

Facebookの先にあるファンの行動を見据えよう

タバスコは多くの人が知っている身近な存在です。生活のなかに溶け込んでるがゆえに、通常はあまり話題にのぼることもないかもしれません。
でも、みんなの「会話」のなかにタバスコが登場する回数が増えたり、タバスコを意識する時間が増えれば、「辛いものを食べたい!」という感じる瞬間も増え、もっとタバスコが消費されるようになるのではないでしょうか。
いつもチェックしている「いいね!」、コメント、シェアの数。でももっと大切なのは、その先にあるファンの行動です。
Facebookをこえて、ファンの気持ちを考えた投稿をしていれば、どこかであなたの商品についての会話を耳にすることがあるかもしれませんよ。
——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: