「いいね!」しにくい業種の企業でも!Facebookページで将来のお客さまと関係性を築くには

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

もし今あなたが転職を考えていたら、会社の人をはじめ、あまり周囲には知られたくないものですよね。
家でこっそりと転職サイトを開いて、求人情報をチェックすることはあっても、Facebookで転職情報を「いいね!」するのは気が引けるのではないかと思います。
このように「いいね!」しにくい業種の場合、Facebookページを活用すること自体難しいのでしょうか。
いいえ、むしろFacebookページでは、やり様によって将来のお客さまと関係性を築くことができるのです。
今回は、マイナビのシゴトサプリ 一回〇〇秒!仕事によく効くFacebookページから、将来のお客さまと関係性を築くポイントをご紹介していきます。

「今」より「将来」のお客様を

そもそも、あなたが「今」転職を考えていたとしたら、どうやって求人情報を探しますか?まずは「転職」や「求人」といった言葉をGoogleやYahoo!で検索するのではないでしょうか。
一方、Facebookページには少しずつ関係性を築いていくことに有効です。
ですから、このような場合はFacebookページでは「今」より「将来」のお客様をターゲットにして運営したほうがよいのです。
shigotosuppli001.jpg

▲Facebookページのタイトルやカバー写真を見ても、転職という印象は全く受けない

 


シゴトサプリ 一回〇〇秒!仕事によく効く では、「シゴトをもっと面白くしたい」と思う人、つまりある程度仕事への志気が高い人にむけた情報を発信しています。
先に関係性を築いておくと、実際彼らに転職のニーズが出たときにマイナビを使ってくれることを期待できるのです。
では、次からはどのような投稿をしているのかを見ていきましょう。

アピールしたい情報ではなく、喜ばれる情報を

Facebook外で転職サイトの広告を見ると「転職で年収アップ!」や大手企業の求人案件があることを伝えるべく、大手企業のロゴマークが記載されているケースなどを目にします。
でもFacebookページの場合は、同じことをやってもうまくいきません。理由は先に触れたとおり「いいね!」しづらい、そして今回はそれらの広告が狙うターゲットではないのです。
要は、こちらがいつもアピールしている、もしくはアピールしたい情報を見せても響かないということです。
では、どうすればいいのか。ファンに喜ばれる情報を届けていけばいいのです。
このページでは、仕事への志気が高い人の役に立ちそうな情報を提供しています。
例えば『30秒で得するビジネスのネタ帳』(左)や『60秒ビジネスハック』(右)など、仕事の効率を向上したり、課題解決のヒントになるような内容です。
shigotosuppli002.jpg
また『5秒で伝わるビジネス金言』といった、思わず共感してしまいモチベーションアップにつながるような言葉や、すぐに使えそうな『ビジネス英語ワンフレーズ』といった学習コンテンツが投稿されているのです。
shigotosuppli003.jpg
これらの投稿に「いいね!」などの反応も集まっていることから、投稿がファンに受け入れられていることがわかりますね。

ターゲットの状況を想像しよう

ただし、いくら素晴らしい情報を発信していたとしても、ファンに読んでもらわなければ意味がありません。
このページでは忙しいビジネスマンの目につき、さっと読んでもらえるような工夫をしています。
具体的には
・投稿内容をイメージしやすい画像を使用する
・投稿内ですぐに読み切れるコンテンツを用意する
・読了時間を記載する

といったようなことです。小さな工夫ですが、忙しくしているビジネスマンに読んでみようという気になってもらうためには大切なポイントです。
スキマ時間にスマホでFacebookをいじっているようなシーンを思い浮かべるとわかりやすいでしょう。
ターゲットの状況を想像してみると、自ずと気を付けるべきことが見えてくるはずです。

こまめな情報発信でファンとの関係性を築いて

関係性を築くには、良質なコンテンツを投稿するだけでなく、ある程度の頻度でファンと接触していく必要があります
人でも、何回も会ううちに自然と心の距離が近くなったり、親近感がわくようになることがありますよね。このページでも、平日は一日一回以上は投稿しているようです。
しかも、多くのコンテンツがマイナビのサイトから引用したものであるため、投稿文下部にはサイトへのURLがついています。
そうすることで、「今」は転職情報が必要でない人でもマイナビ転職のサイトに訪れてもらえるわけです。
また、定期的に(いわゆる転職サイトに載っている職種とはジャンルが異なりますが)キャリアを考えさせるような投稿もしています。
shigotosuppli005.jpg
これらの情報は、ファンの「きっかけ」や「気づき」になることもあるでしょう。
場合によっては、将来のお客様が「今」のお客様にかわることもあるかもしれませんね。
そんな瞬間が生まれるようにするためにも、継続的に投稿を続けていくことが大切なのではないでしょうか。
Rex_banner2green.png

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: