売上アップに効く!?Facebookページで商品を効果的に宣伝する4つのコツ

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Facebookページを活用して、売り上げを伸ばしたい!」そう考えている人は多いはず。
「でも、どうやって商品を宣伝していいのかわからない。」という時に参考にしたい、Facebookページで商品を効果的に宣伝する4つのコツをご紹介します。
事例として取り上げるのは、トルトコミテのFacebookページ
ファンが約4万5千人いるのですが、毎回の投稿につく「いいね!」などの反応数は1,000~3,000と大盛り上がりの人気ページです。

1、同じ商品を違う側面から何回も見せる

Facebookページの投稿は、ファンに必ず届くわけではありません。そのため、一度しかその商品を紹介しなかった場合、見逃したファンには知ってもらうことすらできないのです。
また、ファンがあなたの商品をFacebookのニュースフィード上で見かけたとしても、「ひと目ぼれ」してもらわないかぎりはスルーされる可能性も高いのです。
そこで、イチ押しの商品は何度か投稿することをおすすめします。
トルトコミテでは、販売前の予告に始まり、申込受付のスタート、先行予約割引最終日のお知らせまで節目のタイミングで繰り返し商品を宣伝しています。
torutokomite002.jpg
投稿に使用する写真を毎回変えているというのも、ファンに飽きられないための工夫ですね。
また、生産者と一緒に写った写真や、調理した料理写真などを載せ、様々な側面からアプローチしているのです。
torutokomite003.jpg
生産者が見えると買う側の安心につながりますし、料理写真は食欲に直接訴えかけてくるので、販売を促進するのにも有効です。

2、外からは見えないシーンを見せる

あなたは自分の手元に届く商品が、どのように獲られて、もしくは作られているのかということに興味をもったことはありませんか。
最近のテレビでも、商品の製造工程を紹介する番組が高視聴率を得て人気なように、外からは見えない裏側のシーンはファンから好反応を集めることができるのです。
トルトコミテでも、商品である魚を獲っている様子が投稿されています。「いいね!」などの反応が集まっていますね。
torutokomite004.jpg
このように、誰がどこでどう獲っているのかが見えると、信頼性がアップするのです。また、獲ったタイミングも知ることができるので鮮度が良いことのアピールにもなります。
このように、外からは見えないシーンを見せることでファンを楽しませるだけでなく、信頼性や鮮度を訴求することで売りにつなげているのではないでしょうか。

3、URLで文章をはさみうち

いくら商品の魅力を伝えたところで、スムーズに買ってもらうことができなければ仕方ありません。
トルトコミテの投稿では、ECサイトへ強力に誘導していることが見てとれます。
ECサイトへリンクするURLを投稿文の冒頭と文章下部に挿入しているのです。
torutokomite005.jpg
これで文章を読まずとも、写真だけで「買いたい!」と思った人がすぐにECサイトを訪れることができますね。
一方で、文章を読んだ後に「買いたい!」と思った場合でも、すぐにその下のリンクからECサイトへ移動することができるのです。
肝心なところで取りこぼさないようにする工夫、真似したいですね。
また、文字数が多くならないように、そして何人がURLを経由したかわかるように、短縮URLに変換しているあたりも見習いたいポイントです。

4、既存のお客さんをFacebookページに連れてくる

トルトコミテでは、ECサイトのTOPページにFacebookへの大きな導線を設けています。
torutokomite006.jpg

▲ECサイトのTOPページの右に、Facebookのソーシャルプラグインが設けられている。

 


こうすることで、既存のお客さんとFacebookページを通して関係性を構築し、購入回数を増やすことができるでしょう。
ただし、効果はそれだけではありません。
既存のお客さまは、すでにあなたの会社と関係を持った人です。
Facebookの広告やキャンペーンなどで集めた人、Facebook上で初めてあなたの会社を知った人に比べると「いいね!」やコメント、シェアなどの反応をしてくれる可能性は高いです。
つまり、Facebookページで商品を宣伝するにあたっては、既存のお客さまが呼び水になるのです。
リアルでも、お客さまが入っていないお店には入りにくいですが、行列ができているお店にはつい並んでしまったりするのと同じ効果があるのです。
『Facebookページ』と言っても、人が行き交う場という意味ではリアルと同じ。
あまり特別に構えすぎず、お客さまの気持ちを考えながら工夫していくことが一番の近道なのかもしれません。
色々試してみるなかで、あなたなりのコツを見つけてみてくださいね。
Rex_banner1red.png

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: