企業がファンに好かれるFacebookページを育てるための3つの質問

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページを運用していると、投稿に「いいね!」を集めたい、シェアしてほしい、商品を売りたい・・・と多くの思惑が浮かんできませんか。
でも、ちょっと待ってください!「欲すれば、まず与えよ」という老子の格言があるように、「~してほしい」と思うのだったら、まずは相手に「してあげる」ことが先です。
今回は、ファンに多くのことを「してあげる」ことで、ファンから好かれて人気を集めている家ワインのFacebookページをご紹介します。
Facebookページで、どんな投稿をすればいいのかを考えるための質問を3つお伝えするので、あなたも頭のなかで答えを考えてみてくださいね。

質問①ファンの悩みごとは何ですか?

季節のワインの定期購入サービスである家ワインのFacebookページには、ワイン好きなファンが集っています。
そんなワイン好きな人に共通するお悩みには、どうすればワインを劣化させないのか、残ってしまったワインをどうするか、というものがあるのではないでしょうか。
そういったお悩みに答えるような投稿がこちらです。左はワインを長持ちさせる方法について、右は残ったワインの活用法を紹介しています。
iewine001.jpg
ファンが普段抱えていそうなお悩みを考えて、その解決方法を投稿しましょう。きっとファンに喜んでもらえるのではないでしょうか。

質問②人生を楽しむために、あなたが教えられることは?

「人生」というと、大げさに聞こえるかもしれませんが、些細なことでもかまいません。要はファンの人生を豊かにするようなヒントをプレゼントしましょうということです。
家ワインではワインをもっとおいしく飲むひと工夫を紹介しています。左は冷えていないワインを早く冷やしてすぐに飲む方法、右は巨峰と組み合わせて美味しく飲む方法です。
iewine0022.jpg
特に注目したいのが右の投稿です。スタッフが研究した内容であるため、このFacebookページならではの独自の情報なのです。実際「いいね!」が300以上、シェアも16件と伸びています。
また、家ワインが提供する情報は恋愛成就にも一役買いそうなのです。
左の投稿ではお酒が弱い女子むけワインカクテルの作り方を説明しており、
右の投稿には彼女が自宅に遊びに来たときに素敵なひと時を過ごすための準備情報が詰まっています。
iewine003.jpg
あなたの発言したことが影響して、ファンの人生がちょっとでも豊かになったら、お互いハッピーですよね。
そのためにはファンに何を伝えればいいのか、あなたの専門分野のノウハウや知識から探してみてください。

質問③誰かに話したくなる豆知識を知っている?

思わず誰かに話したくなるような「役立つ」「話しのネタになる」豆知識は、ファンから喜ばれることが多いです。
左は、コルク材を栓として使い始めたのはだれかという話。思わず「へぇ~」と思い「いいね!」してしまいますよね。
そして、ワインを飲んでいるときに自然と会話のネタになりそうです。
iewine004.jpg
右は、カンパイ時にグラスをカチーンとしてはいけないというマナーの話。これは学べて、役に立つ情報なので、ファンから感謝されることもあるのではないでしょうか。
しかもファンにとって意外な話ほど、「いいね!」などの反応も集まる傾向にあります。
いつも役立つ情報を教えてくれる人には好感を持ちやすいですよね。Facebookページも同じです。
あなた自身が誰かに話したくなるような知識をFacebookページでも発信してみましょう。

「いい人」で終わらないためのアプローチ

ここまでは、ファンから好かれるためにどんな投稿をすればいいのかをお伝えしてきました。
ファンに何をプレゼントできるかを考えながら運営していけば、自然と「いいね!」やコメント、シェアなども集まるページに育っていくでしょう。
ただ、それだけでは、いつも役に立つことを教えてくれる「いい人」で終わってしまいます。
ここで、Facebookページの目的を思い出してください。もし、あなたが商品を売りたいのであれば、しっかり商品も紹介していくべきなのです。
これまでファンのために情報発信を続けてきたのであれば、ある程度関係性ができているはずです。そのぶん、一方的な押し売りに感じる人も少ないのではないでしょうか。
また、ファンのなかには、本当にあなたの商品を必要としている人もいます。
彼らにしてみたら、むしろ「そんな良い商品扱っているなら、教えてよ。」という心境かもしれません。
家ワインでも、商品サービスにまつわる投稿をしています。そして「いいね!」も他の投稿に劣らないほどの数が、集まっているのです。
iewine005.jpg
ファンのことを想い、ファンのための情報を発信し続けていれば、きっとあなたを必要とした人にめぐり合えます。
そのために、まずはファンに何かをプレゼントすることからはじめてみてはいかがでしょうか。
——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: