Facebook(フェイスブック)での商品紹介も工夫次第でここまで幅が出る!思わず「いいね!」な6つの投稿アイデア

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの投稿で繰り返し商品紹介をしたくても、何度も同じような投稿をしていたらファンに飽きられてしまいますよね。
特に商品の種類が限られている場合は、なおさらワンパターンの投稿に陥りがちなのではないでしょうか。
そこで今回は、商品紹介の投稿の6つのアイデアをご紹介します。事例として取り上げるのはGeorgia(ジョージア)のFacebookページ
思わず「いいね!」など反応してしまうような商品紹介の投稿を繰り返すことで、ファンと商品との心の距離をぐいぐい縮めているのです

1、旬のイベントに絡める

ただ商品を紹介するだけだと、その商品への「いいね!」しか集まりません。
しかし、旬のイベントをテーマにした投稿は、そのイベントに対する想いやイメージから「いいね!」をしてくれる人がいます。そのぶん、商品だけの投稿よりもファンの反応が増えるのです。
しかもGeorgiaの場合は、旬のイベントと絡めるときのアイデアが秀逸なのです。
Georgia001.jpg
左の父の日の投稿は、商品を使って言葉を完成させています。
右の七夕の投稿は、商品のなかに天の川が写りこんでいて幻想的かつ素敵な写真ですよね。
どちらの投稿も、旬のイベントを表現しながらも商品が主役になっています。

2、小道具を使った演出をする

Georgiaでは小道具を使いこなして、一枚の画像のなかに世界観を演出したり、小宇宙をつくったりしています。
Georgia002.jpg
手がこんでいるぶん、クオリティも高いのでインパクトがあり、ニュースフィードでファンの目に留まります
そして、これらの見事な投稿はファンの目を楽しませ、賞賛の「いいね!」を集めているのです。
さらに、先にご紹介した『旬のイベントに絡める』というポイントも網羅している投稿もあります。
Georgia003.jpg
左のプロレスの投稿はユーモアを感じます。
「飲むのか、バックドロップするのか!?」という結果がわからないワンシーンを投稿することで、ファンから結果の予想コメントを得ている点も見逃せません。
右の大西洋無着陸横断飛行の投稿は、リンドバーグの言葉を引用するなど画像だけでなく、文章でも世界観を表現しています。雰囲気がいっそう出ていますね。

3、二者択一でファンの反応を集める

こちらは、「いいね!」、コメント、シェアの数を伸ばすテクニックとして、すぐに真似できそうなアイデアです。
2つの選択肢を提示し、ファンに意見を求めています
Georgia004.jpg
左側の投稿はAとBのどちらがいいかを質問しています。AかBという一文字を入力すればいいという容易さも手伝って、コメントも沢山ついているのがうかがえます。
右側の投稿「いいね!」かシェアどちらかのアクションで選択するタイプのもの。ワンアクションという手軽さからか、「いいね!」もシェアも多く集まっていますね。

4、クイズを出す

クイズは、ファンからコメントをもらうために有効な手段のひとつです。こちらの投稿では商品が何缶あるかをあてるクイズを出しています。
クイズなので、当然コメントもついているのですが「分かった人はシェア!」と呼びかけることで、シェアの数も伸ばしているところに注目です。
Georgia005.jpg
なお、左右で比べるとわかるように「…もっと見る」を押してはじめて答えが現れるようになっているという工夫もよいですね。

5、ファン目線のストーリーをみせる

ファンの目線から見える景色を、共感できるストーリーとともに投稿するというやり方もファンからの反応を集める傾向にあります。
渋滞や里帰りなど、ファンが自己投影できる共通のネタは共感の「いいね!」が得やすいのです。
Georgia006.jpg
なお、上記二枚は連続シリーズになっています。ストーリーが感じられ、味わいが出るのでシリーズものを作ってみるのもオススメです。

6、季節の風景を背景にする

最後に、商品紹介の投稿ではよく見られる「季節を象徴する風景をバックに商品を撮る」アイデアをご紹介します。
これらの投稿は、ファンも季節を感じて共感してくれるので「いいね!」などの反応が集まりやすいのです。
Georgia007.jpg
他のページでも似たような投稿をしているぶん、写真のクオリティは気にしたいところですね。
また、ただ季節の風景に商品を登場させるだけでなく、文章なども工夫し、いかに商品と結び付けられるかも勝負どころです。

あなたならではのアイデアを考えてみよう!

以上、Georgiaから6つほど商品紹介の投稿アイデアをご紹介してきました。
いかがだったでしょうか。
実はこれ以外にも、次々と新しいアイデアの商品紹介が投稿されています。最新の投稿はGeorgia(ジョージア)のFacebookページからチェックしてみてください。
また、こういった商品紹介の投稿は、その商品によっても色々なアイデアが出てくるものです。あなたもぜひ、ユニークなアイデアを考えてみてくださいね!
——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: