「Facebook(フェイスブック)で売上を伸ばせるのか」と疑問視している人に見てほしい!「欲しい」を育てるFacebookページ

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Facebookでモノは売れるのか」というご質問をよくいただくことがあります。そんな方に一度見ていただきたいのが、今回ご紹介する酵素とプラセンタで短期集中ダイエットのFacebookページです。
Facebookページをただ作って、ターゲットの関心のありそうなことや商品の情報をただ載せていても仕方がありません。ちゃんと「欲しい」という気持ちを育てる必要があるのです。
このページはまず、下の投稿を広告に使って「痩せたい!」と思っている人、要はターゲットをFacebookページのファンとして集めています。
fasty1000003.jpg
単にニーズを持った人を集めるだけなら広告で充分。でも今からご紹介するのは、ファンのニーズを高めながら商品購入までの後押しをするようなFacebookページの運用です。

ファンの気持ちを高めることが、商品購入への後押しに

このページでは「痩せたい!」と思っている人が思わず見てしまうような投稿をしています。でも、それだけではありません。同時に、より「痩せたい!」気持ちを高めるような働きをしているのです。こちらの投稿をご覧ください。
fasty1000001.jpg
左の「痩せたい!」という気持ちを引き出す【今日のイメトレ】投稿や、右の「痩せなきゃ!」と焦る気持ちにさせる【私の決意】投稿など。共感しやすい画像を効果的に使い、理想と現実の両面から「痩せたい!」という気持ちを押し上げています。
これらのような投稿は「痩せたい!」気持ちがある人から共感の「いいね!」を集めることができるだけでなく、「痩せたい!」気持ちをさらに高めることで商品である酵素ドリンクを真剣に検討する後押しになっているのです。
すべての投稿文の下部に商品ページへのURLがきちんと貼られているのも、ファンが酵素ドリンクの購入を検討してくれる段階に取りこぼしがおきないようにといった工夫ではないでしょうか。

説得には”つかみ”が重要

いっぽう、商品についての投稿を見ていきましょう。ここからは、酵素ドリンクの購入を検討している人を説得するための投稿になります。
左の投稿『【お客様の声】をご紹介♪』では実績を、右の投稿『【おいしく飲もう!簡単アレンジ】』では飲み方の提案をしています。
fasty1000002.jpg
どちらの投稿とも、まずは画像でファンの目線をつかんだうえで、ストレスなく酵素ドリンクでのダイエットを続けられそうといったイメージを伝えています
特に、体験談の投稿方法は真似したいですね。体験談はテキストだけの投稿にしてしまいがちですが、流れの速いFacebookのニュースフィードで投稿を読んでもらうためには、このような目をひくカラフルな画像は有効です。
続いて、こちらをご覧ください。左の『皆様からの【ご質問】』や右の『【Fasty Plasentaのヒミツ】』では酵素ドリンクの効能を丁寧に説明していますね。
fasty1000004.jpg
商品についての投稿はどうしても「いいね!」などの反応が薄くなりがちです。仕方がないものでもありますが、読みやすくする、わかりやすい画像をつける、などの工夫が基本です。
また、左の投稿は「酵素」の話をしているので一見商品の話のように見えません。このように、最初はファンにとってのお役立ち情報なんだけれど、途中から商品の強みを訴求するといった流れの投稿のほうが受け入れてもらいやすいのです。
視覚的にも、内容的にも”つかみ”になるものを用意することで、読んでもらい説得する流れをつくることが最初の一歩ですね。

心理ステータスにあわせた投稿をバランスよく配信しよう

ファンの気持ちは移り気です。「いいね!」を押してファンになったときはニーズがあっても、そのうちあなたのことは忘れてしまうかもしれません。もしかしたら、問題を解決したい(「痩せたい!」)という想いすら薄らいでいってしまうかもしれないのです。
このページでは、何度もファンと接点を持つなかで「欲しい」という気持ちを育てていき、商品購入までの後押しをしています。それが実現できているのも、商品購入検討前、検討中などファンの心理ステータスにあわせた投稿がきちんと用意されているからです。
このように、Facebookページで何かを売ろうとしているのであればファンの心理ステータスにあわせた投稿をバランスよく配信することが大切です。
そして最後に、このページからはつねにファンの「痩せたい!」気持ちに寄り添った空気を感じました。運営者がファンに寄り添う姿勢も、「欲しい」を育てる大きな要素となることをお忘れなく!

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: