飲食店がFacebookページで集めるべきは、料理写真への「いいね!」じゃない!

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

料理写真がウォールに流れてくると反射的に「いいね!」しがちですよね。でも「いいね!」したこと自体、覚えていないことのほうが多いのではないでしょうか。
確かにFacebookページでおいしそうな料理写真を投稿すれば「いいね!」は集まります。しかし、お店に行ってみたいと思ってもらえなければ意味がありません。
今回はロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京のFacebookページから、飲食店が本当の意味でのファンを集めるFacebookページ運用をご紹介したいと思います。

その場の「いいね!」よりも、お店への期待感が重要

ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京では、料理写真を使わずにお店への期待感を抱いてもらえるような投稿をしています。
左の投稿をご覧ください。プライムリブをカットしている人はライセンスを取るためにトレーニングを重ねていることが記載されています。
お肉のカットにまでこだわっているほど、提供している料理の質が高いということが伝わってきますよね。
lawrystokyo2.jpg
右の満席であることを謝っている投稿は、それだけお店が人気であることが伝わってきます。
しかも、まるで目の前にスタッフがいるかのような写真はその場の雰囲気も感じられ、「行きたい!」という気持ちになるのではないでしょうか。

ファンに対する特別感を演出

せっかくFacebookページのファンになってもらえたのであれば、より特別感を出すことで心の距離を縮めていくことができると良いですよね。
ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京では、Facebookファン限定でメニューを紹介しています。他では得られない情報だからこそ「いいね!」などのファンからの反応も集まりますし、(推測ですが)リンクされているページを見に行く人も多いのではないかと思います。
lawrystokyo4.jpg
さらに、単なるお得情報から一歩踏み込んで、ファンが参加できるような投稿も行っています。
こちらは、メーカーズディナーをいつ開催するかという問題を投稿で出題したもの。平日と土日どちらがいいかを選んで「いいね!」を押してくださいとお願いしています。
lawrystokyo1.jpg
ファンにとっては「日程を決めることに参加できる」という感覚になり、お店に対する思い入れが深まります。
同時に、投稿に「いいね!」を多く集めることもできるので、エッジランクを上げるという副次的効果も得られますね。

リアルタイムの空席案内で限定感を演出

当日空席がある場合に、あと若干の余裕が出たことを投稿でお知らせしています。
lawrystokyo3.jpg
当日の空席情報はサイトに載せることは難しいですし、(更新性が高いからとはいえ)ブログにのせても見てもらいにくいものです。
このようにFacebookをうまく活用すれば投稿が流れていくため、必要なときにファンにお知らせすることができます。
そして「若干の空席」は裏を返せば、空席があまりないほど人気があるということです。
人気があるということをにおわせたうえに、残っている空席にも限定感が加わり、より行きたい気持ちをアップさせる効果がありそうです。

プロフィール写真とページタイトルを隠してみて!

あなたのFacebookページの投稿は、プロフィール写真とページタイトルを隠しても、特徴が出るような投稿ですか?
今まで、単なる料理写真を投稿していたのであれば、この質問への答えは「いいえ」になるのではないかと思います。
確かに、料理写真をうまく活用すれば「いいね!」が集まり、ページ自体を比較的容易に盛り上げることができますが、それだけで終わってしまいかねません。
料理写真以外でお店の魅力を伝える、もっというと、ファンに喜んでもらえるにはどうすれば良いかを考えてみると、これまでとは違ったコミュニケーションが生まれるのではないでしょうか。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: