【BtoB企業のFacebookページ活用事例】Facebookアプリベンダーによるファンとのコミュニケーションをみる

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様Facebookやソーシャルメディアに関する情報を
入手する際はどういったメディアを活用していますでしょうか?
もちろんこのソーシャルメディアポータルサイトRex
筆者がメインで記事を執筆している
ソーシャルメディアのハンパない状況
言って頂ければとても嬉しいのですが、
個人的にもう一つオススメの媒体があります。
smmlabo02
ソーシャルメディアマーケティングラボという
Facebookページです。
同名のブログもオススメですが
今回はこちらをご紹介させて頂きます。
Facebookの最新情報などを主に発信されているのですが
とても面白いページの使い方をされています。
例えば
smmlpab01
上記の投稿のように、”Facebook Friday“という
名称でFacebookページの相互「いいね!」を促す告知をして
ファンと積極的にコミュニケーションを取る姿勢が伺えます。
※ページの相互いいね!とは個人ではなく
FacebookページとしてFacebookページの
ファンになるということ

前述のようにこのページはFacebookの情報が
中心ですのでファン割合の多くは運用担当者であると
いう事実を踏まえてた上での投稿でしょう、
自らのページを告知板として言い切り、制限時間や
ネーミングを設定するなど、とても面白いと感じました。
他にも”ページコネクト“という名称も見受けられました。
その甲斐あってか真のターゲットである
Facebookページ(運用担当者)との交流が
盛んに行われているのが見て取れます。
ここで突然ですが
モニプラというサービスをご存知でしょうか?
monipura.jpg
簡単にご説明するとWEB上で商品や
ブランドについてフィードバックを
行うとその商品やサービスが体験出来る
仕組みのサービスです。
モニプラ上に出展している
ブランドのファンになって応援することも
可能でそのブランドとコミュニケーションを
取っていきながら様々なサービスを
受け取ることができるのが特徴となっております。
※こちらに詳しい説明がございます。
ちょうど先日、先輩がビールを貰っていました。
今の時代にマッチした賢い消費方法の一つといえるでしょう。
また実際、ソーシャルメディアとも相性がよく、
Twitterとも連携しておりますし、
Facebookページ作成支援サービスの
モニプラファンアプリもリリースしております。
そして今回ご紹介しております
Facebookページではそのアプリサービスの
いわば実験室的な側面も持ちあわせているというのが
注目に値する点の一つです。
例えばちょうど先日当選者発表は
終わってしまったのですが
書籍プレゼントキャンペーン
ファンアプリを活用して実践していたりなどします。
ソーシャルメディア担当者なら誰もが
欲しがる良著をセレクトしており
しっかりとターゲットを把握した
上のものだと共感できます。
さらにFacebookの運用担当者の自尊心を
くすぐるFacebookマニア度検定という
コンテンツも秀逸だと感じます。
診断や検定のコンテンツは多くの
Facebookページで拡散をさせるための
コンテンツとして取り入れられており
モニプラファンアプリでこの機能も
簡単に取り入れられそうです。
自分のページに実装する前に
同じ物を使えるのはいいですね。
以上、
①相互いいね!からコミュニケーションを発生させる
②プレゼントキャンペーンを行う
③検定コンテンツの実装

上記3つの要素を中心として
ソーシャルメディアマーケティングラボという
Facebookページをご紹介しました。
②、③のコンテンツ以外にもモニプラファンアプリには
多くのアプリケーションを揃えております。
involverWildfireなども有名ですが、
国産でキャンペーンアプリに強いモニプラの
ファンアプリに今後に期待したいところです。
Facebookのバイラル性を活かす意味でも
キャンペーンを行う企業がどんどん増えてくるでしょう。
まずはこちらのページでキャンペーンの
流れを確認するのもいいかも知れません。
フォトコンテスト、アンケート、検定など種類も
多いので今度弊社のFacebookページでも何か
取り入れてみようと思います。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: