押し売り感を消す!Facebook(フェイスブック)での商品紹介が嫌がられない3つのポイント

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページの投稿で、きれいな画像や料理の写真など商品から離れた話題だと「いいね!」なども集まりやすいですよね。
一方で、会社として発信しなければいけない商品についての投稿をするとぱったりとファンからの反応がなくなる、ということありませんか。
ただ、Facebookが友達とコミュニケーションをとる場であることを考えると、商品紹介が嫌がられるのも当然かもしれません。いきなり企業の宣伝が友達との会話のなかに割り込んでくるようなものですから。押し売りされた感覚になる人もいるのではないでしょうか。
今回は、紅茶のお店 ニュアージュのFacebookページを事例に、Facebookで商品紹介をしても嫌がられないような投稿のポイントを3つご紹介していきたいと思います。

リアルでの関係構築をFacebook上でも再現

ニュアージュの投稿は、いつも日々の出来事から話がはじまります。その日あった何気ない嬉しいことや、気づきを日記のようにつづっているのです。
そんな日記風の投稿には、実店舗でのお客さまとのやり取りも登場します。こちらの投稿をご覧ください。
紅茶のお店 ニュアージュ - コピー (3) - コピー.jpg
こういった心があたたまる投稿は、接客の良さを連想させるだけでなく、その先にある運営者のお客さまや紅茶に対する想いまでをも伝えてきます。
投稿への「いいね!」やコメントも集まっていますね。日々の関係性構築を大事にしているからこそ、商品の話をしても受け入れてもらえる基盤ができるのです。リアルの世界も同じですよね。

どういう人が売っているのかを知ってもらう

どういう人がその商品を売っているのかを知ってもらうには、自分の想いを語る方法もありますが、社内にフォーカスする方法も有効です。
ニュアージュでは、社員や社内イベントについての投稿をしています。
左の投稿は、社員が手書きで書いた勤務に関しての感想を紹介したもの。投稿内の文章からは、社員の頑張っている状況や向上心が見て取れます
右の投稿は、バレンタインの社内の様子。和気あいあいとした社内の空気に加え、出入りの業者さんや宅配ドライバーさんへ感謝のチョコを贈ったというエピソードが書かれており、社員の人たちの姿勢が見え隠れしています
紅茶のお店 ニュアージュ(3) - コピー.jpg
顔の見えないネットだからこそ、「どういう人たちが売っているのか」が伝わることの意義は大きいですよね。
注目したいのは、どちらの投稿にも商品の宣伝が入っていること。そして宣伝でも不思議と抵抗感がなく読むことができるのです。おそらく、投稿を読んだ側の心があたたまっているからでしょう。実際、投稿への「いいね!」やコメントも集まっていますね。

シーンの提案はもう古い!体験談を語ろう

よく「忙しい朝には○○の紅茶でほっと一息!」のような利用・消費シーンの提案を見かけることはありませんか?こういった訴求はよほど斬新なシーンの提案を除き、ほとんどがありふれたものになっていて印象に残りにくいですよね。
ニュアージュの投稿では、こういった単なるシーンの提案ではなく、担当者の体験談のなかに商品が登場してくるのです。こちらの投稿をご覧ください。
紅茶のお店 ニュアージュ - コピー (2) - コピー.jpg
「今朝の我が家は、小学4年の息子が風邪気味、というのもあり体が中からほっかほっかになる、チャイを淹れました!」と書いてあると、印象に残りやすいし、シーンもイメージしやすいですよね。それに実際にその紅茶が良いと思って担当者本人や家族が飲んでいることに説得力があるわけです。
このように商品を紹介するときに同時に『体験』や『ストーリー』を語っていると、押し売り感がなく自然なのです。
さらに、風邪気味の人にとっては宣伝というよりも「体を温めるために有効な情報」と捉えられるかもしれません。ファンの目線で何か役に立つ要素はないかを考えてみるのもよいでしょう。

大切なことはリアルもFacebookでも同じ!

もうお気づきかもしれないのですが、ここでお伝えしたポイントはリアルでもFacebookでも同く大切なことなのです。ただ、他のWeb上のツールに比べるとFacebookには向こう側の空気感や想いがよりよく伝わってくる、リアルに近い空間だということなのです。
そう考えると、あなたが普段大切にしている行動にこそヒントが潜んでいるはず。一度意識して探してみてはいかがでしょうか

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: