Facebookページの運用効率も、ファンの反応もアップさせる『勝ちパターン』を見つけよう!

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページの投稿内容を考えていて「本当にこの内容でいいかな」「写真はどれにしよう」「長い文章、どこを削ろう」などと考えて気づいたら時間が経っていた…ということ、ありませんか?
実はそのやり方、とても「もったいない」のです!Facebookページの投稿は、『自社だけの勝ちパターン』を見つけて作ったほうが、効率も効果もアップするはず。
今回、事例として取り上げるのは、Della Inc. (デラ)のFacebookページ。Dellaはヒーリングというジャンルに特化したコンテンツ(CD、DVDなど)を提供している会社です。現在Facebookページのファン数は6,000ほどですが、毎回の投稿には「いいね!」やコメント、シェアなどの反応が300~700件ほど集まっています。
今から、Dellaの『自社だけの勝ちパターン』を分解して一つひとつお伝えしていきます。あなたも「自社の場合は…」と考えながら読んでみてくださいね!

まずは自社を覚えてもらう

ニュースフィードに流れてきた投稿を見て「これ、何のFacebookページだったっけ?」ということはありませんか?
最近は特に業界・業種限らず美しい写真を投稿するケースが多いので、パッと見だけではどこの企業の投稿かが分かりにくくなっています
Dellaでは、投稿の冒頭で「心と身体にやさしい音楽をお届けする「デラ」公式ページです。」と、自己紹介しています。また、写真の右下にもDellaのロゴを入れているのです。
Della Inc. (デラ) - コピー (2).jpg
こうすることで、見ている人の記憶に残し、何の会社なのかも覚えてもらう効果があります。ファンとの心の距離も少し近づきそうですね。

1投稿1プレゼント

Dellaの投稿には、毎回なにかしらの「発見」や「癒し」があります。文章にハッとさせられたり、美しい写真に癒されたり、季節の移り変わりを感じて優しい気持ちになったり。
だからこそ「いいね!」の数だけではなく、シェアの数も多く、時にはファンから「いつも美しい画像をありがとうございます とっても癒されます。」とコメントが残されたりしているのですね。
Della Inc. (デラ) - コピー.jpg
こちら側の言いたいことばかりを発信していては嫌われてしまいます。このような「発見」や「癒し」だけでなく、ノウハウ等の「学び」やトリビア的な「驚き」でも良いので、ファンに何がプレゼントできそうか考えてみてください。

詳細・宣伝はサイトで

文章の最後には、簡単に商品ページのURLを案内しています。これには、ただ単にサイトへの流入を増やすという以外に、隠れた2つのメリットがあるのです。
Della Inc. (デラ) - コピー (3).jpg
一つ目は、投稿内ではファンの気持ちを惹きつけることに集中できる、ということ。Facebookページの投稿は流れていってしまうため、詳細を説明するには不向きです。そもそも、突然商品の説明をしても興味を持ってもらいにくいでしょう。
二つ目は、現段階でそこまでDellaのコンテンツに興味がない人にうるさがられないこと。ファンだからといって、買いたい人ばかりではありません。
投稿内で詳細を長く説明してしまうと宣伝っぽくなり、離れていってしまう人も多いと考えられるのです。

『自社だけの勝ちパターン』を見つけよう!

Dellaの投稿はテンプレ化されていて、ご紹介してきたポイントをおさえています。ほぼ全ての投稿は『目を惹くような写真+自社を認識してもらえる文章とロゴ+ファンとの関係性を築くためのプレゼント+商品ページのURL』といった要素で構成されているのです。
決まったテンプレにあてはめて投稿を考えていけば、毎回ゼロから考えるよりもずっと短い時間で記事を作ることができますよね。
また、実際「いいね!」などファンからの反応が多く効果の良いパターンになっているので、常に一定の効果を出していくことが可能なのです。
しかし、これはあくまでも『Dellaの成功パターン』です。重要なのは、あなたが『自社だけの勝ちパターン』を見つけること
日々の投稿から、内容、投稿タイプ(そもそも画像投稿が本当に最適なのか)、URLの有無、構成など、どういったパターンが効果が良いのか検証していくべきなのです。
実際Dellaも以前から今のような投稿パターンだったわけではありません。
Della Inc. (デラ).jpg
▲昨年の投稿。現在のものとは構成、内容などが異なる。
おそらく試行錯誤のなかで『自社だけの勝ちパターン』を見つけたのだと思います。あなたも、色々なパターンの投稿を行い、ファンの反応を調べるということを体験するなかで『自社だけの勝ちパターン』を見つけてみてはいかがでしょうか。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: