日常にHAPPYをプラスする!Facebookページのショートコミュニケーション事例

Facebookページのショートコミュニケーション
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページのショートコミュニケーション

毎日、たくさんの投稿が流れてくるFacebookのニュースフィード。なんとなく流し見していることが多いのではないでしょうか。Facebookページの投稿は、受け手がじっくり中身を読む態勢ではないですよね。そのぶん、簡潔で訴求力が強いほど反応も集まりやすいものです。

今回は、そんなFacebookページの投稿を使ったショートコミュニケーション投稿がうまい事例をご紹介します。事例として取り上げるのは、自宅で簡単においしいカクテルを楽しめるレシピを紹介サイト Simply Cocktails【シンプリーカクテル】のFacebookページです。

すぐに真似できる!ひと工夫

いつものカクテルに、ひと工夫するだけで、少し豪華になったり季節にあったカクテルに変身する方法を紹介しています。多くの「いいね!」が集まるだけでなく、シェアもされています。

Facebookページのショートコミュニケーション投稿例2

混み合っているニュースフィードでも、短いテキストは読みやすく頭に入ってきますね。すぐに真似できるようなひと工夫は、やってみようという気を起こしやすいので、受け手からの反応も良いのです。

 

季節にあわせて!旬なメッセージを

ホワイトデーといったイベントや、その時の気候にあわせた投稿は「いいね!」が集まりやすいものです。こちらの投稿をご覧ください。

Facebookページのショートコミュニケーション投稿例1

画像と短い文章だけのシンプルな投稿ですが、その時の「気分」や「季節」、「雰囲気」を十分感じることができるのではないでしょうか。そのぶん、受け手も思わず反応してしまうのです。リアルタイムで「今」を共有できるFacebookだからこそ、こういったコンテンツも活きてくるのではないでしょうか。

 

喜ばれる!役立つ情報を提供

カクテルの作り方を動画で解説したり、レシピを提供しています。やはり役に立つ情報は喜ばれるもの。投稿にはたくさんの反応が集まっています。

Facebookページのショートコミュニケーション投稿例3

Facebookページで多くの反応を集める「役立つ情報」には、2点ポイントがあります。現実的な情報であることと、知っていると嬉しくなるような情報であることです。

ここで紹介されているレシピはどれも比較的簡単です。実際やってみようと思えるからこそ、受け手側が「思わず反応したくなるような」自分ごとになるのです。

そして、やってみようと想像を膨らませている時点でワクワクするかもしれません。実際、試してみたら美味しくて嬉しい体験になるでしょう。ファンに喜んでもらえるような情報だからこそ、「いいね!」などの反応が集まるのです。

 

質問してコミュニケーションを活性化

「カクテル名WANTED」というコーナーでは、カクテルの名前を募集しています。

Facebookページのショートコミュニケーション投稿例4

シンプルですが質問投稿は、意図的に「いいね!」以外のコミュニケーションを増やすことができます。実際に、コメント欄にアイデアが寄せられています。ファンも楽しみながら参加できるのではないでしょうか。

コメントは「いいね!」よりも、重みがあるのでFacebookページのエッジランクを上げることにも貢献するでしょう。

 

日常にHAPPYをプラスする投稿を!

Simply Cocktails【シンプリーカクテル】のFacebookページの投稿は、ファンが思わず反応したくなるようなものばかりです。それには2つ理由があると思います。一つは、混み合っているニュースフィードでも楽しめるシンプルなつくりになっていることです。

そして、2つめは、HAPPYを届けるような投稿であることです。いつもと違ったカクテルの楽しみ方や、「飲んでみたい」とワクワクするような投稿は、日常のカクテルシーンをよりHAPPYなものにしてくれるはずです。

短い投稿のなかでも、何を受け手に届けることができるのか。それを突き詰めて考えていくよいのではないでしょうか。

 

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ