Facebookページの商品写真を優秀な営業マンにする3つのポイント

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

商品の写真が、お客さまに自らを売り込んでくれたらいいと思いませんか?
しかも、あなた(Facebookページ運営者)の手が離れたところで、です。
今回は、Facebookページに投稿した商品写真を、お客さまに商品の魅力を伝え利用方法まで提案する”営業マン”にするようなポイントを3つご紹介していきます。
事例になるのは、212 kitchen store (212キッチンストア)のFacebookページ
投稿が商品紹介ばかりなのに、反応率2.5~3.5%と沢山のいいね!やコメント、シェアを集めているページなのです!

ポイント①商品の魅力を色んな角度から語る

212 kitchen storeのページでは画像をいくつかに分割することで、同時に複数のことを訴求できるようにしています。
左のキャプチャをご覧ください。写真上部は1本のマッシャーで茹で上げ、潰す、混ぜる、盛り付けまで使えることを、写真下部では鍋ものの取り分けもできることなどを、1枚の写真で利用方法を複数提案しています。
このように実際に使っているシーンの写真は利用方法が一目でわかる、というのもメリットですね。
212 kitchen store (212キッチンストア) - コピー.jpg
次に、右のキャプチャをご覧ください。商品の利用方法だけでなく、商品のバリエーションや利便性まで伝えています。
右のキャプチャの写真のうちイチゴの写った右上の写真と食べ物を詰めたボトルの写真(左下)は商品の利用方法を、商品が並んだ写真(左上)はカラーとサイズのバリエーションを、バックに入った写真(右下)はコンパクトで持ち歩けるという利便性を伝えています。
そして、こちらは商品であるルクエを使った料理の写真とレシピです。
商品自体ではなく、商品が生み出すもの(≒料理)がより具体的にイメージできるため「欲しい!」という気持ちも高まりますよね。
【ルクエで作ろう!夏レシピ.jpg

ポイント②ファンを購入に一歩近づけてシェアを促す

投稿に対してのシェアが多いというのもこのページの特徴のひとつです。でも、なぜシェアされているのでしょうか。
212 kitchen store (212キッチンストア)(1).jpg
友達にも商品を教えたいから?確かにそれもあるでしょう。
しかしファンがシェアする際のコメントを読むと「ほしい」とだけ書いたコメントが多く、記憶メモ用にシェアしているのではないかということに気付かされます。
その仕掛けは2つ。画像のなかに名前・価格・サイズなど商品の基本情報が記載されていることと、とび先がないことです。
前者は、写真を見るだけで基本情報が一発でわかるというメリットがあります。「この値段なら買える/買いたい」いう判断がその場でできるため、購入検討を一歩進めることができるのです。
後者の「とび先がない」を具体的にいうと、他ページへのリンクがなく文章含め投稿内で商品情報が完結しているということです。ファンは商品ページ(※)をブックマークする代わりにシェアをして記録しているのではと考えられます。※212 kitchen storeは実店舗展開で、WebカタログはありますがECサイトがないため商品詳細ページを持ちません。
シェアが多いと結果的にページのエッジランクも上がりますね。

ポイント③1つの商品だけでなく関連商品まで提案

あるテーマの商品をまとめて一つの画像に収めることで、関連する複数の商品をすすめたりもしています。
212 kitchen store (212キッチンストア)(2) - コピー - コピー.jpg
左のキャプチャでは水廻りのお掃除をテーマに、右のキャプチャでは可愛いランチボックスシリーズで4つの商品を提案しています。特に、シリーズものなんかはセットで買いたくなりそうですね。
しかも似たような商品を何回にもわけて投稿するよりも、一度にまとめて投稿することでいいね!が集中しそうです。

やっていることは人と一緒

これまでご紹介してきた212 kitchen storeのページの写真を使った投稿で実現していることをまとめると
・商品の魅力を色々な角度から伝えている
・利用方法を提案する
・商品が生み出すものを具体的にイメージしてもらえるように伝える
・商品の基本情報を伝える
・関連商品を提案する
と、営業マンもしくは店舗スタッフと同じであることがわかります。
ただ、写真をうまく活用し『見せ方』を工夫することで、人がやっていることを投稿で再現することに成功しているのです。
見せ方は後から考えるとして、Facebookページを成功させるヒントを見つけるために、まずは社内の優秀な営業マンがやっていることを観察してみるというのもアリかもしれませんね。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: