懸賞キャンペーンが終わった後も、ファンにFacebookページの投稿が届きやすくなる4つのポイント

10453175_10202789707958361_1500877763_n
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

10453175_10202789707958361_1500877763_n

Facebookページの懸賞キャンペーンは、比較的かんたんにファンを増やせる反面、ファンに投稿が届きにくくなるというリスクがあることを知っていますか。

本来はそのFacebookページに興味のない人に、無理やりファンになってもらっても、「いいね!」などの反応が得にくいですよね。

反応が得られないとFacebookページのエッジランク(ページの価値のようなもの)が低下してしまい、ファンのニュースフィードに投稿が届きにくくなるのです。


今回は、懸賞キャンペーンが終わった後も、ファンにFacebookページの投稿が届きやすくなるキャンペーンのポイントについてお伝えしていきます。

事例として取り上げるのは、株式会社ユニットコムのFacebookページ「4つのシークレットナンバーを探してお宝をゲットせよ!」キャンペーンです。

rexUNITCOM000

▲TVゲームのようなクリエイティブの「4つのシークレットナンバーを探してお宝をゲットせよ!」キャンペーン画像

 

ポイント1.Facebookページに何度も来てもらう

このキャンペーンは、ただFacebookページに「いいね!」するだけのキャンペーンではありません。Facebookページの投稿で発表される4つのシークレットナンバーを集めて、応募した人のなかから抽選で2名にパソコンパーツをプレゼントするというものです。

シークレットナンバーは約1か月の開催期間のなかで、週に1回のペースで発表されていきます。そのため、何度かユニットコムのFacebookページに投稿を確認しにいかなければなりません。

rexUNITCOM001

▲シークレットナンバーを発表している投稿

Facebookページに何度も訪れることで、参加者との親密後は上がります。
新密度が上がると、キャンペーン終了後にも参加者に投稿が届く可能性が高まるうえ、エッジランクが上がって他のファンにも投稿が届きやすくなる効果があるのです。

 

ポイント2.お知らせ機能をすすめる

ユーザーがFacebookページの「お知らせを受け取る」機能にチェックをすると、Facebookページが記事を投稿した際にお知らせが届きます。

ユニットコムは、この機能をキャンペーンページで紹介し、シークレットナンバーを確実に知るためにこの機能を使うことをすすめています。

rexUNITCOM002

ユーザーが「お知らせを受け取る」ように設定してくれれば、自社の投稿を見てもらえる可能性がグッと上がりますね。

キャンペーン期間中に投稿のリーチが増えるのは当然ながら、チェックが解除されなければ、キャンペーン終了後も投稿を見てもらえる可能性は高いままになるのです。

 

ポイント3.ターゲットを絞る

懸賞キャンペーンでは、Facebookページのエッジランクを下げないよう、ターゲット外の人を無駄に集めないように気をつけなければなりません。

このキャンペーンは、手間とプレゼントの2つからターゲットを自動的にフィルタリングをかけられています。

手間というのは先にご紹介した一週間ごとに計四回、シークレットナンバーを確認しにくいこと。当たるかどうかわからないものに、気や時間を使わなければなりません。

そして、プレゼントがターゲットだからこそ欲しいものであること。
このキャンペーンのプレゼントは Intel CPU 『Core i7 4770K BOX』とWestern Digital 3.5″ 内蔵HDD 2TB 『WD2003FZEX』です。興味がない人にとって、商品名だけでは価値や魅力がわからないケースもありそうです。

rexUNITCOM003

それでも、手間をかけてこの商品に応募したい。そう思うユーザーは、ある程度絞り込まれているはずなのです。

 

ポイント4.期間中に、反応を集めるような投稿をする

Facebookページへの反応が集まるとエッジランクが上昇し、投稿がよりファンに届きやすくなることは先にもご紹介したとおりです。しかし当然、投稿自体を見てもらわなければ、「いいね!」など反応をすること自体ができません。

ここで、知っておきたいのは、ファンになった直後はFacebookページの投稿が届きやすい状態であるということです。

多くのファンを獲得した直後は、特に「いいね!」などの反応をしてもらいやすい投稿づくりを心がけましょう。

こちらはキャンペーンの期間中に投稿された、シークレットナンバーを公開する記事です。

rexUNITCOM005
単に番号を発表しているだけでなく、スタッフや店舗の紹介をしています。
フレンドリーな内容で、思わず「いいね!」したくなりますね。

このように、特に見てもらえる可能性が高い投稿には力を入れるとよいでしょう。
自社のことも知ってもらえ、一石二鳥ですね。

 

参加者に楽しんでもらうことが大切

ここまで、どうすればファンに投稿が届くようになるかをご紹介してきました。
しかし、ファンを増やすのも、投稿が届くようになるのも、ファンとの接点を増やすための手段でしかありません。

大切なことは、ファンとよい関係を築いていくことです。
このキャンペーンはゲーム感覚で参加できる内容であるほか、TVゲームを意識したクリエイティブを使うなど工夫しています。

どんなキャンペーンを行うかは、今後のFacebookページ運営の成否にも影響してきます。ファンに楽しんでもらえるようなキャンペーンを実施して、ファンとのよい関係を築く第一歩にしてみてはいかがでしょうか。

 

その他の関連記事

運用チェックポイント
開催前に知っておきたい!Facebook(フェイスブック)キャンペーンの手段と規約

事前準備でFacebookページ運営の時間は短縮できる!4つのチェックポイント

Facebookページ事例
【事例5選】Facebookページのタイムラインキャンペーンで、ファンと盛り上ろう!

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ