【事例5選】Facebookページのタイムラインキャンペーンで、ファンと盛り上ろう!

10264602_10202410270912672_1293388508_n
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

10264602_10202410270912672_1293388508_n

Facebookの機能を使って、無料で、しかも手軽に開催できるタイムラインキャンペーン。

「他社はどんなキャンペーンを実施しているの?」「応募手段は何を使っている?」と疑問に思っても、事例を見つけるのが難しいですよね。

そこで、今回は国内の事例を、キャンペーンの内容や手順などのポイントとともにご紹介します。

まずはおさらい!タイムラインキャンペーンって何?

タイムラインキャンペーンとは、Facebookページのタイムライン上で行うキャンペーンのことです。
具体的には、以下のユーザーの行為を参加条件するものを指します。

・Facebookページの投稿に対する「いいね!」、コメント
・Facebookページに対する投稿
・Facebookページへのメッセージ

特徴としては、ファンと交流することに長けています。Facebookページを盛り上げたいときに、おすすめです。

 

事例1.クイズで盛り上がる

では、さっそく事例を見ていきましょう。まずは、沖縄likes (沖縄Likes)のFacebookページから。

クイズに答えて、アーティストのライブチケットが当たるというキャンペーンです。

応募方法は投稿へのコメントになっていて、ミュージシャンである“○○○○商店”の○○○○に当てはまる言葉を答えるというもの。

OkinawaLikes_rex_cp01

コメントがたくさん集まるほど、Facebookページのファンに頻繁にこの投稿が届きやすくなるので、アーティストやライブのことを知ってもらうきっかけになりますね。

何より、このアーティストが好きな人、ライブに行きたい人にとっては嬉しいキャンペーンです。

なお、当選の連絡は応募のコメントに返信し、当選者からFacebookメッセージで折り返し連絡をもらうような流れになっています。

OkinawaLikes_rex_cp02

仕様上、Facebookページから先にユーザーにメッセージを送ることができないので、こういったやり取りの文面なども参考になりますね。

 

事例2.一度にたくさんのアクションをしてもらう

続いてご紹介するのは、NestleのFacebookページ。こちらも賞品はライブチケットです。

気になる応募方法は、以下のとおり。

①応募要項を読む
②Facebookページに「いいね!」する
③投稿に「いいね!」する
④投稿に指定された文面のコメントをつける
⑤Facebookページへ「応募しました」とメッセージを送る

いくつか手順があるぶん、開催側にとってはファンが増え、ページも盛り上がるといったメリットが一度に得られる内容になっています。

Nestlé rexcp002
単純でわかりやすい手順になっているあたり、応募者にとっても応募しやすいような配慮がなされています。

当選後のスムーズなやり取りを実現するため、応募者から先にメッセージを送ってもらっておくというところは管理上見逃せないポイントでしょう。

 

事例3.キャンペーン告知をする

こちらはAmazon.co.jp (アマゾン)のFacebookページ

投稿では、Kindle Fireニューモデルについてのキャンペーンである
・11/28~12/1 表参道店 来場者全員に、400円分クーポンプレゼント
・12/15までの 新Kindle Fire購入者への特典
などを告知しているのですが、その2つのキャンペーンにはさまれて記載されているのがタイムラインキャンペーンです。

Amazon_rex_cp01

応募方法は、投稿への「いいね!」とコメント欄への「キンドル当たれ」のひと言を記入すること。抽選でKindle Fire HDX 8.9が当たります。

投稿に反応が集まるほど、Facebookページのファンに届きやすくなるうえ、賞品が豪華なだけにシェアも多くなっています。
たくさんの人にリーチし、広くキャンペーンの告知ができたのではないでしょうか。

Amazon_rex_cp02

なお、こちらも当選者にはコメント欄で連絡しています。当選の有効期限が直接書いてあるところも、重要ですね。

 

事例4.キャンペーンの抱き合わせで参加者増

タイムラインキャンペーンは、広告など別の手段を使わない限り、ファンの一部にしか表示されないというのがデメリットです。

しかし、次にご紹介するアニヴェルセルのFacebookページでは、興味深い方法でこの問題が解決されています。

豪華客船「飛鳥Ⅱクリスマスワンナイトクルーズ」が当たる大型キャンペーンをモニプラにて開催・告知してリーチした多くの参加者にむけ「Wチャンス」としてタイムラインキャンペーンを行っているのです。

anniversaire_rex_cp01

その内容は、大型キャンペーン参加完了後に特定の投稿に「いいね!」もしくは「コメント」をするとプレゼントの当選確率が10倍に上がる、というもの。

さらに抽選で、アニヴェルセルオリジナルの「ガトークローバー」が当たるという、なんとも巧い仕組みになっています。

anniversaire_rex_cp02

しかも、タイムラインキャンペーンの対象となる投稿がGWウェディング祭の告知になっているため、投稿の露出が高まることでGWウェディング祭を告知することにも一役かっているのです。

多くの人が参加するキャンペーンと、タイムラインキャンペーンを抱き合わせることで多くの参加者を募っているというのは真似したくなる発想ですね。

 

事例5.ゲーム感覚で、何度も参加したくなる

最後にご紹介するのは、ハーゲンダッツ Häagen-DazsのFacebookページ

ハーゲンダッツ新シリーズ発売を記念した「ハーゲンダッツSECRETキャンペーン」。賞品はもちろん、新商品のセット(8個入)です。

『新商品パッケージを早くみたい!』という気持ちを「いいね!」に代えてアクションをとることで、徐々にパズルが完成しパッケージの絵が完成していくという仕組みになっています。

応募は
①応募要項を読む
②Facebookページに「いいね!」をする
③【SECRETキャンペーン】という記載のある投稿に「いいね!」する
④Facebookページに「規約に同意し、【SECRETキャンペーン】に応募します。」とメッセージを送信する
という流れになっています。

HaagenDazsJP__rex_cp01

ひとつの投稿ごとに一回チャレンジでき、しかもキャンペーン対象の記事がいつ投稿されるかがわからないので、何度もページに訪れてチェックしたくなりそうです。

また、「いいね!」の数が一定数集まるとパズルが完成に近づくという要素も、ゲーム感覚でキャンペーンを楽しめるポイントになっています。

 

アイデア次第で可能性は無限大

いかがでしたでしょうか。各ページ、それぞれの工夫で、ファンと一緒に盛り上がっている様子が伝わったのではないかと思います。

この他にも、タイムラインキャンペーンには画像の吹き出しに言葉を埋めることや、賞品にかける気持ちを熱く語ってもらうことを応募条件としたコンテストタイプのものなど、様々なキャンペーンが実施されています。

タイムラインキャンペーンは、アイデア次第で色々な内容のキャンペーンが考えられます。ぜひあなたも、ファンが楽しめるようなオリジナルのキャンペーンを考えてみてくださいね。

 

その他の関連記事

運用チェックポイント
開催前に知っておきたい!Facebook(フェイスブック)キャンペーンの手段と規約
facebook キャンペーンが無料で簡単に実施できるようになります!

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ