Facebookページ作成前に把握しておくべき7つのステップ

shutterstock_118199161
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

shutterstock_118199161

 

Facebookページを運営する前にしっかりとイメージしておきたいのが、どのような作業が発生し、どれほどの費用が必要になるのかです。

Facebookページの設定すること自体は無料でも成功するために は、しっかりと運営業務を理解し、成功のために必要な予算は確保しておきましょう。まずは、こちらの図をご覧ください。作成前に検討しないといけないこと、運営しながら検討することを7つのステップにしてみました。

 

TODO

 

1.運営の目的を考える

2.ターゲットを定める

3.Facebookページを設定する

4.集客手法を考える

5.投稿を企画する

6.投稿の分析をする

7.効果検証を行う

これがページ運営の全体像になってきます。それぞれの項目については、今までRexでも取り上げ・深堀りしてきましたよね。まず、この7つのタスクがあることを覚えておいてください。

 

Facebookページを設定する前に

 

1.運営の目的を考える
2.ターゲットを定める

最近では、Facebookページを立ち上げること自体を目的にする企業は少なくなってきていると思いますが、まだまだ自社サービスのブランディングとFacebookページのブランディングが乖離していたり、マーケティングの課題を解決することを目的としていないケースが多いような気もしています。
「成功」の基準を考えたときに、運営の目的が「いいね!1万人」ではないと思いますし、競合よりも「いいね!」を集めることでもないと思います。皆さまの会社のサービス・ブランドのマーケティング課題を解決するもので、かつFacebookページの特性にマッチしたものを目的にした方がいいですよね。
・店舗に集客したい

・ウェブサイトのトラフィックを増やしたい

・知名度をあげたい

・ブランディングの浸透

・顧客のインサイトを知りたい
このような課題は、どの会社でもあると思います。まずは、運営の目的を定めてターゲットを明確にしておきましょう。

「ターゲットの明確化」も事前にしっかりと社内で共有しておいた方がいいでしょう。ターゲットを明確にしておかないと投稿が作りにくくなりますからね。しっかりとペルソナを設定し、1人のユーザをイメージできるまで細かく設定をしましょう。その人が、どのような事に困っていて、どのような解決策を欲しているのか、また、どのようなことに喜びを見出すのかをイメージしておくといいでしょうね。

 

Facebookページを設定する

 

Facebookページは、https://www.facebook.com/pages/create.phpのページから設定することができます。
このページで、これから立ち上げるページのカテゴリーを選択し、あとはナビゲーションに沿って情報を入力、プロフィール画像やカバー画像をアップしていけばOKです。また、ほとんどの内容が後で編集することができるので、ナビゲーションに沿って設定してから、必要な情報をあげていけばいいでしょう。

細かいページの設定方法は、「簡単9ステップで作成!Facebookページの作り方」でご確認ください。 

また、目的を考えた時に、基本的なページの設定だけでは不十分な場合もあります。店舗に集客するのであれば、集客のための施策(クーポンの活用だったり、O2Oのアプリなどの導入)も検討しなければいけませんし、ECサイトで売上をあげるのであれば、FacebookページとECサイトの連携をどのように行うのかも考えてページを設定していきましょう。

集客手法を考える

 

さぁ、ページの設定ができたら次にページへの「いいね!」を集めましょう。「いいね!」を集めるには、8つの方法があります。
1.Facebook広告を利用する
2.懸賞アプリなどを利用する
3.自社サイト・ブログ、メールマガジンなどから誘導する
4.名刺やメール署名にFacebookページURLを明記する
5.Facebookページの一覧サイトに登録・申請する
Facebook navi FB RANKなど
6.Facebook個人アカウントの友達に告知する
7.とにかく出会った人に伝える
8.投稿したら個人のアカウントでシェアをする


他にも広める手段はあるかと思いますが、まずは上記の8つの集客方法を検討しましょう。

特に、Facebook広告の利用は必須と考えた方がいいかと思います。広告抜きで「いいね!」を集めるのは、よほど知名度が高く、自社資産としてウェブサイトの来訪者が非常に多かったり、メルマガ会員が多く登録されている場合のみだと思います。

 

投稿を企画する

 

Facebookページの運営で最も重要なのは、どういう投稿をするか、です。
Rexでも、今まで投稿についての考えかたのコラムを数多く掲載してきました。

 

Facebookページの画像投稿で反応が高まる5つの要素

Facebookページの投稿内容を考えるときの3つのフレーム

Facebookページで投稿内に社員を出している7事例

他にもいくつかあるので、過去のコラムも読んでみてください。

ポイントとしては、「写真」「共感」「ファンのメリット」の3つといえるでしょう。
あとは、1週間に1時間でもいいので、じっくりと投稿を練り上げる時間を割いてください。日々、少しずつ考えるよりも効率は良いはずです。

 

PDCAサイクルをまわしましょう

 

6.投稿の分析をする
7.効果検証を行う


投稿しっぱなしはやめましょうね。また、最初は一つ一つの投稿に「いいね」がつく事に喜びを感じるかと思いますが、どのような投稿がファンに受け入れられやすいのか統計をとっていきましょう。

そして、どのような切り口で分析していくのかもポイントです。単に内容を分類するだけの方法もありますが、その投稿によって、どのような感情を抱かせるのかという切り口で分析するという手法もございます。また、それらの数値を分析していくにしても、Facebookページのインサイトは使いこなせるようになっていた方が良いでしょう。
インサイトの見方や分析の仕方についても過去の記事を参考にしてください。

Facebookインサイトを使ってページ運営を見直してみよう!(前半)

Facebookインサイトを使ってページ運営を見直してみよう!(後半)

 

月に1回でいいので、どのような投稿の反応が良かったのかを分析して、次の投稿の企画を始めましょう。しっかりと数値を意識しているか、そうでないかで投稿の企画も変わってくると思います。
そして、それがKPIやKGIにどれだけ反映されるかもチェックしてください。投稿者のページ運営に対するモチベーションを左右する非常に重要なポイントです。

 

最後に重要なポイントを

 

さて、ここまでで考えられたらFacebookページをスタートさせる準備が整ったといえるでしょう。
ただ、あくまでもFacebookページというのはツールでしかありません。展開しているサービスが良いものであることは当然ですが、そのサービスのメリットをしっかりと語れるようにしておかないといけません。
当たり前のことだと思われるでしょうが、案外、メリットをしっかりと語れないケースも多いので、ページを運営することになったら自社のサービスをしっかりとおさらいしてみるといいですよ。

 

その他の関連記事

Facebookページの作成・設定

「簡単9ステップで作成!Facebookページの作り方」

基本的な考え方

Facebookページを始める前に覚えておくべき5つのポイント

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ