【Facebook広告の変更方法 その1】テキストや画像を変えたい場合

画像とテキストの変更
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

画像とテキストの変更

「Facebook広告を始めたものの、イマイチ反応が良くない」そんなときは、ターゲットや配置場所、金額や入札方法、そしてテキストや画像などを変えてみるべきです。

「でも、管理画面が複雑でどこから変更していいかわからない」「最近Facebookの管理画面がリニューアルして、混乱している」そんなときに。今回はFacebook広告のキャンペーン構造やテキストや画像の変更方法について解説していきます。

Facebook広告のキャンペーン構造

まず、Facebook広告のキャンペーン構造から確認していきましょう。Facebook広告には「キャンペーン」「広告セット」「広告」といった三層構造になっています。すぐに広告を停止したい場合は、「キャンペーン」「広告セット」「広告」のすべての単位で、配信のオンオフを行うことが可能です。

Facebook広告構造

では、広告の内容を変更したい場合はどうすればいいのでしょう。各単位によって、紐づいている情報が異なります。こちらの図をご覧ください。「キャンペーン」「広告セット」「広告」の各単位で設定可能な項目を整理しています。

Facebook広告機能

なお、「広告」の欄に「など」とあるのは、設定項目が広告の目的などにより異なるからです。例えば、外部のウェブサイトでのコンバージョンを狙った広告であれば、CTAボタンを選んだり、飛び先のURLを変更したりすることができます。

Facebook広告のテキストや画像を変える

では、今回はテキストや画像の変更方法に絞って解説していきます。

広告管理画面に移動します。修正する広告が含まれる「キャンペーン」をクリックしましょう。

Facebook広告 画像変更方法3

「広告セット」が表示されます。テキストや画像は、「広告」の単位でしか変更できないため、さらに変更したい広告が含まれる「広告セット」をクリックします。

Facebook広告 画像変更方法4

「広告」が表示されました。ここから、テキストや画像を変更したい広告をクリックします。

Facebook広告 画像変更方法5

右上のプレビュー画面の鉛筆マーク「編集」を押します。

Facebook広告 画像変更方法1

■画像を差し替える場合

「画像を変更」をクリックします。

Facebook広告 画像変更方法2

画像をアップロードするか、画像ライブラリにある画像か、Facebook広告が提携している無料のストック画像のなかから、任意の画像を選びましょう。

Facebook広告 画像変更方法8

変更したら「保存して完了」で終了です。

Facebook広告 画像変更方法7

■テキストを修正する場合

同じく「編集」の画面から、テキストが入力されている部分にカーソルをあてます。そのままテキストを修正し、「保存して完了」で終了です。

Facebook広告 画像変更方法6

検証しながらこまめに変更していこう

変更自体はこのようにとても簡単です。ただし、変更する広告の数が多いと、かなり時間がかかってしまいます。変更量が多い時はパワーエディタを使うというのも、一つの選択肢です。

基本的には一度広告を出したら「そのまま」ではなく、効果に応じてクリエイティブを変えていくことが重要です。
新しく広告を作成する場合もありますが、少しの変更のときは今回ご紹介した方法で修正してしまってもよいかもしれませんね。

 

セミナーのお知らせ

「Facebookには興味があったけど、まだ活用できてない方」「Facebookページを作ってはいるけど、どのように運営して いいかわからない方」へ!

第5回【今からでも遅くない!】0から始めるFacebookマーケティング!セミナーを8月18日に渋谷で開催します。

Facebookページの投稿の考え方を中心に、Facebookマーケティングで成果を上げる方法を具体的に活用事例 を交えて紹介します。ご興味のあるかたはぜひおこしください。

詳細:http://socialmedia-rex.com/seminars/form03

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ