Facebook広告のターゲットの嗜好性や属性データがわかるオーディエンスインサイト

Facebook広告オーディエンスインサイト ターゲット
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebook広告オーディエンスインサイト ターゲット

「Facebook広告の絞り込みを使うと、ターゲットの人数が少ない」「Facebook広告で、何がターゲットにより響くだろう」と悩むことはありませんか。

そんな時に役に立つオーディエンスインサイト機能について、ご紹介します。

オーディエンスインサイトとは

オーディエンスインサイトは、Facebook広告で絞り込んだターゲットの嗜好性や属性データを確認することのできる機能です。

具体的には以下のようなことがわかります。
・属性(年齢性別、交際ステータス、学歴、役職、地域、言語など)
・趣味嗜好(「いいね!」しているページ、関心のあるカテゴリーなど)
・行動(アクティビティの頻度、使用端末)

また、まだ米国をターゲットとしたときのみ限定ですが
・世帯情報(世帯収入、住宅の所有、世帯規模、住宅の市場価値、支払方法)
・購買行動(オンラインショップでの購入行動や、自動車の購入を検討中かどうかなど)
そのほか、ライフスタイルなどの傾向を確認することができます。

この機能は、今から約1年前に英語版での提供が始まっていました。最近になって日本語の画面に反映されるようになったのです。

オーディエンスインサイトの使い方

ではさっそく、オーディエンスインサイトの使い方をご紹介していきましょう。

ターゲットの絞り込み

1.広告の管理画面を開き、メニューにある「オーディエンスインサイト」をクリックします。

Facebook広告オーディエンスインサイト00

2.嗜好性や属性データを確認したいオーディエンスを、Facebook利用者全員、ページとつながっている人、カスタムオーディエンスから選択しましょう。

Facebook広告オーディエンスインサイト01

3.広告アカウントを複数持っている場合は、左上のドロップダウンから選択します。

Facebook広告オーディエンスインサイト02

4.デフォルトが米国に設定されているので、国内ターゲットについて調べるのであれば「地域」を変更します。「米国すべて」を削除し、任意の地域を入力しましょう。

Facebook広告オーディエンスインサイト03

5.「オーディエンスを作成」のところで、フィルタを使用して広告のターゲットを設定します。

Rex_Audience Insights_004

6.なお、このオーディエンスを保存する場合は「保存」をクリックします。

Rex_Audience Insights_005

7.オーディエンス名を記入して登録しておきましょう。

Rex_Audience Insights_006

ターゲットデータの確認

では、さっそくデータを確認していきましょう。

1.利用者層
年齢性別、交際ステータス、学歴、役職を確認することができます。

Facebook広告オーディエンスインサイト06

2.ページのいいね!
「いいね!」しているページ、関心のあるカテゴリーが確認できます。

Facebook広告オーディエンスインサイト07

3.地域
ユーザーの国や市町村、使用言語を確認できます。

Facebook広告オーディエンスインサイト09

4.アクティビティ
アクティビティの頻度、使用端末が確認できます。なお、使用端末は使用したすべての端末だけでなく、メインデバイスに絞ってみることも可能です。

Facebook広告オーディエンスインサイト08

オーディエンスインサイトの活用方法

では、どう活用していけばよいのでしょうか。使い方は色々考えられますが、大きく3点挙げてみましょう。

1.より確度の高いターゲットに絞り込む
嗜好性や、Facebook内での行動を見ながら、絞り込み条件を変えていきましょう。広いターゲットのなかから、より目的達成の確度の高い人たちに絞り込むことができるのではないでしょうか。

2.コンテンツを考える際の参考にする
嗜好性や属性から、これらのターゲットにより響くコンテンツはどのようなものがあるかを考えましょう。広告のクリエイティブ作成の参考になりますね。

3.広告のオーディエンス拡充のヒントにする
Facebook広告の特長は、ターゲッティングの精度が高いことです。しかし、既存の条件で絞り込みきれなかったり、オーディエンスが少なすぎたりすると、成果を出すことも難しくなります。

そこで嗜好性をヒントに、オーディエンスの絞り込み条件を工夫してみましょう。特に役職や「いいね!」しているページ、関心のあるカテゴリーなどは、想定していなかったものが出てくる可能性が高いです。

運用に活かそう

新しい機能は追加されても、データを眺めているだけでは意味はありません。上記に挙げた以外にも活用方法はあるでしょう。

また、今はまだ米国をターゲットとしたときのみ限定の世帯情報や購買行動などのデータが、日本ターゲットにも使えるようになると活用の幅も広がりそうです。試行錯誤を繰り返しながら、よりよいFacebookページ運用や広告運用のために活用できるようにしていけるとよいですね。

セミナーのお知らせ

「Facebookには興味があったけど、まだ活用できてない方」「Facebookページを作ってはいるけど、どのように運営して いいかわからない方」へ!

第4回【今からでも遅くない!】0から始めるFacebookマーケティング!セミナーを7月29日に渋谷で開催します。

Facebookページの投稿の考え方を中心に、Facebookマーケティングで成果を上げる方法を具体的に活用事例 を交えて紹介します。ご興味のあるかたはぜひおこしください。

詳細:http://socialmedia-rex.com/seminars/form02

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ