Facebookから企業のサイトの誘導したい!Facebook広告の作成&出稿方法を解説

サイト誘導
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

サイト誘導

「Facebookからウェブサイトへ誘導したい」「コンバージョンを狙った広告を出稿したい」というときに。Facebookから企業のウェブサイトへ直接飛ばす広告の作成&出稿方法を解説します。2015年6月に広告管理画面も改修があったようなので、過去に出稿経験のある人も改めて確認してみてくださいね。

ウェブサイトへ直接飛ばす広告の種類

まず、広告作成画面( https://www.facebook.com/ads/manage/adscreator/ )を開きます。そこには、「ウェブサイトへのアクセスを増やす」「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」という広告が存在します。

Facebook広告_ウェブサイト誘導001

基本的には目的に応じて選択すべきなので、コンバージョンの獲得が目的の場合は後者を選びましょう。「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」という広告は、広告の効果をコンバージョンまで計測ができること、広告の表示先をコンバージョンしそうな人に最適化させることが可能になります。

出稿前の事前準備

しかし「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」広告を出稿する際は、予め準備が必要です。ウェブサイトのサンクスページにコンバージョンピクセルを埋め込んでおく必要があるのです。

広告管理画面のメニューから「コンバージョントラッキング」を選択します。新たにコンバージョンを設定する場合は「ピクセルを作成」をクリックしましょう。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 ピクセル

トラッキングしたいアクションのタイプを選択して、ピクセル名を入力しピクセルを作成しましょう。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 ピクセル発行

ピクセルコードを発行したら、サンクスページのとの間に貼り付けて準備完了です。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 ピクセル貼り付け

広告を作成する

さっそく、広告を作成していきましょう。

1.広告作成画面( https://www.facebook.com/ads/manage/adscreator/ )で広告の目的を選択します。

2.誘導したいページのURLを入力します。「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」広告の場合は、コンバージョンも選択しましょう。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 種類

3.広告キャンペーン名を入力します。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 キャンペーン

4.オーディエンスを絞り込んでいきましょう。エリアや年齢性別などの属性だけでなく、趣味・関心や行動、その他の利用者層なども設定することで精度を高めていくことができます。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 オーディエンス

もし、多くの項目で絞り込みを行った場合は「このオーディエンスを保存」で条件を保存しておくと便利です。

5.広告に使用する予算を設定していきます。金額や期間だけでなく、「最適化」の項目では入札方法も確認していきます。「ウェブサイトでのコンバージョンを増やす」広告の場合は、「コンバージョン」を選ぶとよいでしょう。ンバージョンが増えるように入札価格が最適化されるようになります。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 期間

6.広告の配信期間設定を行います。「広告スケジュール」の項目で、時間帯や曜日によって出稿有無の指定が可能です。特に曜日別の効果は商品サービスによっても傾向が違うので、色々試してみるとよいでしょう。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 曜日時間帯

7.広告のクリエイティブを作成します。使用したい広告の構図と写真を選びましょう。動画を選択することも可能です。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 画像動画

8.広告のテキストを入力していきましょう。また、コールトゥアクションボタンは種類があるので、適したものがあれば追加してみるとよいでしょう。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 テキストとCTA

9.配置を選びます。デスクトップニュースフィード、モバイルニュースフィード、(デスクトップの)右側広告枠、オーディエンスネットワークのうち、必要のないものは右側の「削除」で消すことが可能です。

Facebook広告_ウェブサイト誘導 配置

10.最後にプレビューを確認し、「注文を確定する」を押しましょう。審査を通れば出稿がスタートします。

出しっぱなしはNG

広告は出稿してからの運用が重要です。出しっぱなしにせず、きちんと効果を確認するクセをつけましょう。なお、広告は始めた直後は反応が良いですが、徐々に低下してきてしまいます。

うまくいっていない個所の改善という点でも、飽きられないようにするためにも、定期的なチェックが必須なのです。効果を見ながらクリエイティブやターゲットを調整していけば、効果も向上してくるはずですよ。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ