賢いFacebook広告の作成方法~パワーエディタのメリット・デメリットと使い方~

rex_manage_powereditor000
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

rex_manage_powereditor000

Facebook広告の「パワーエディタ」というものを耳にしたことはありますか。名前だけは聞いたことがあるけど、よくわからない!という方のために、メリットと使い方をご紹介します。

パワーエディタとは

 

パワーエディタは、Facebook広告を作成管理する高度なツールです。

■どんな時に使うのか

一般に使われている広告作成ツールを比べた際のメリットには以下のようなものが挙げられます。
1.曜日時間帯別の広告配信設定ができる
2.オーディエンスの設定が保存できる
3.Excelなどのスプレッドシートを使い、一括で広告の作成・編集ができる

画面操作も通常の広告作成ツールとは異なり、複雑というデメリットもあります。実務上は1の曜日時間帯別配信の必要性があるときと、複製をはじめとした大量に同じ作業が発生する場合以外は使う必要はないでしょう。

 

Facebookのヘルプでも「広告を数百本単位で作成する必要がないかぎり、広告作成ツールを使用することをおすすめします。」と明言されているほどです。

 

■どうすれば使えるのか

パワーエディタは、Google Chromeでのみサポートされているツールです。利用するには、Google Chromeブラウザを使用して「https://www.facebook.com/ads/manage/powereditor」へ移動すれば利用可能です。

rex_manage_powereditor001

▲広告作成ツールのメニュー「パワーエディタ」からも移動可能です

 

パワーエディタで広告を作成しよう

では、さっそく広告の作成方法をご紹介していきます。ここでは単体で広告を作成する方法とオーディエンス設定を保存する方法をご紹介します。

なお曜日時間帯別配信をしたい方は『ターゲットに合わせてFacebook広告の配信時間を指定しよう』をご参照ください。

 

■単体で広告を作成する

1.画面上の「ダウンロード」をクリックし、使用する広告アカウントをダウンロードします。

rex_manage_powereditor002

2.「広告キャンペーン」タブに移動し「+」からキャンペーンを作成します。

rex_manage_powereditor003

キャンペーンの名前、購入タイプ、広告の目的を入力しましょう。

rex_manage_powereditor004

3.「広告セット」タブに移動し「+」から広告セットを作成します。先ほど作成したキャンペーンを選択し、新しい広告セットに名前を付けます。

rex_manage_powereditor005

4.予算や期間を設定します。

rex_manage_powereditor006

5.「広告」タブに移動し「+」から広告を作成します。先ほど作成したキャンペーンと広告セットを選択し、新しい広告に名前を付けます。

rex_manage_powereditor007

6.「広告素材」「オーディエンス」「最適化&コスト」の順に必要事項を入力・設定していきます。このあたりは通常の広告作成ツールと同じ項目になります。

rex_manage_powereditor008

7.作成したら「変更をアップロード」をクリックして広告をアップロードして完了です。

rex_manage_powereditor009

 

■オーディエンスを保存して使いまわそう

Facebook広告はターゲティング精度が高いことが、大きなメリットです。沢山の項目で絞り込みができるぶん、細かくなるほどに毎回同じ絞り込みをかけるにも手間がかかるようになります。

そんなときは、絞り込んだオーディエンスを保存して使いまわせるようにしましょう。

1.広告作成時の「オーディエンス」欄で、絞り込んだオーディエンスを保存します。人のアイコンを押して保存しましょう。

rex_manage_powereditor010

2.保存されたオーディエンスが新たに保存されました。

rex_manage_powereditor011

3.作成したら「変更をアップロード」をクリックして広告をアップロードして完了です。

rex_manage_powereditor012

4.作成したオーディエンスを使うときは、「オーディエンス」欄で「既存のターゲットグループを使用」から選択します。

 

必要に応じて活用しよう

冒頭に触れたとおり、パワーエディタが必要なシーンは限られています。必要もないのに使っても、かえって手間がかかるだけです。その場合は使わないという選択が正しいのです。

まずはパワーエディタでできることを把握したうえで、活用できるところは使うべきです。そして必要に応じて賢く使いわけていきましょう。

 

その他の関連記事
Facebookページ運営マニュアル
広告編
ターゲットに合わせてFacebook広告の配信時間を指定しよう
簡単7ステップ!Facebook広告の作成&出稿方法を解説

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ