優良顧客になりそうな人に絞って、Facebook上で広告を出せる類似オーディエンスの作り方

Rex_Lookalike Audience_000
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Rex_Lookalike Audience_000
将来的に自社のお客様になる人だけに広告を出したい。もっと言えば、優良顧客になりそうな人に絞り込んで露出したい。

でも、どこに広告を出せば優良顧客になりそうな人に届くのかは、なかなか難しいテーマですよね。

Facebook広告の類似オーディエンスを使えば、自動的に優良顧客になりそうな人をターゲットとして集めてくることが可能です。

今回は類似オーディエンス(Lookalike Audience)についての説明と作成方法についてお伝えしてきます。

 

類似オーディエンス(Lookalike Audience)とは

類似オーディエンスとは、自社のお客様や見込み客によく似たユーザーを広告のターゲットにすることができる機能です。

自社のお客様や見込み客とは具体的に、自社の顧客リストのお客様や、サイトの特定のページに訪問した人、Facebookページのファンなどを指します。

優良顧客になりそうな人に絞って広告を出そうとするのであれば、優良顧客のみ抽出した顧客リストをFacebookに読み込ませ、類似オーディエンスで優良顧客と似た人のリストを作成すればいいのです。

Rex_Lookalike Audience_001

なおデータ読み込み時には、すべての情報がハッシュされるので、Facebook側があなたの会社の顧客情報をそのまま勝手に収集するということはありません。詳しくは『カスタムオーディエンス利用規約』をご確認ください。

つまりこの機能を使えば、自社の商品サービスに関心を持ってくれる可能性の高い人に広告を打つことが可能なのです。

 

類似オーディエンスの効果は?

Facebookの公式事例によると、類似オーディエンスを活用した広告により、以下のような高い効果が得られているそうです。

CASE1.コンバージョン率が3倍に
オンラインランジェリーショップZivameは、類似オーディエンスにより、既存の顧客と似たプロフィールを持つ潜在顧客にリーチしました。

その際、製品の好み、購入頻度、割引やクーポンに対する好みなどの特徴に基づいてユーザーをセグメント化し、それぞれのユーザー層に異なった広告を表示するという取り組みを行いました。

その結果、標準的なターゲット設定と比較して、類似オーディエンスのコンバージョン率が3倍に上昇したという実績が出ています。
Facebook公式の成功事例『Zivame』より引用。

 

CASE2.広告費回収率が4倍に

Rex_Lookalike Audience_002

MGMリゾーツ・インターナショナルのサイト

リゾートブランドを運営するMGMリゾーツ・インターナショナルは類似オーディエンス機能を利用して見込み客を特定し、限定オファーやセグメントの類似性に基づいたコンテンツを提供しました。

類似オーディエンス機能を使用した広告費回収率が4倍になったという結果が出ています。

Facebook公式の成功事例『MGM Resorts International』より引用。

 

類似オーディエンスの作り方

では、類似オーディエンスを利用するには、どうすればよいのでしょうか。

Facebookページのファンの類似オーディエンスを作成する場合は、このまま(1)にお進みください。

もし、自社の顧客リストのお客様や、サイトの特定のページに訪問した人の類似オーディエンスを作成する場合は、事前にカスタムオーディエンスを用意する必要があります。

カスタムオーディエンスとは、広告主がすでに把握しているお客様をFacebookユーザーの中から探し出す機能です。設定方法については、以下の2記事で詳しく解説しています。

顧客データを使って、自社のお客様にFacebook広告を出稿しよう【カスタムオーディエンスの作成方法】
自社サイトやブログに訪れた人に、Facebook内でリマーケティング広告を出稿しよう【ウェブサイトのカスタムオーディエンス作成方法】

 

 

カスタムオーディエンスが出来たら、いよいよ類似オーディエンスの作成に進んでいきましょう。

(1)広告マネージャー( https://www.facebook.com/ads/manage )の「オーディエンス」をクリックします。

Rex_Lookalike Audience_003

(2)「オーディエンスを作成」から「類似オーディエンス」を選択します。

Rex_Lookalike Audience_004

(3)どのターゲットと似たオーディエンスを作るのかを「元となるデータ」欄から選択します。

Rex_Lookalike Audience_005

(4)国を設定します。

Rex_Lookalike Audience_006

(5)「最適化」欄で、類似度とリーチの調整をしましょう。

類似度にカーソルを近づけると、リーチは少なくなりますが一致の精度は高くなります。
リーチにカーソルを近づけると一致の精度は低くなりますが、より多くの人に広告を届けることができます。
表示される想定リーチ数を見ながら、調整していくとよいでしょう。

(6)「オーディエンスを作成」を押して完了です。
なお、データの抽出に数日かかることもあります。

 

手軽にターゲットの絞り込みができて精度が高い!

広告作成時に、類似オーディエンスをさらに絞り込むことが可能です。
つまり、Facebook広告はうまく活用すれば、かなり精度が高まるということです。

手軽に設定できるものなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

その他の関連記事
Facebookページ運営マニュアル
広告編
顧客データを使って、自社のお客様にFacebook広告を出稿しよう【カスタムオーディエンスの作成方法】
自社サイトやブログに訪れた人に、Facebook内でリマーケティング広告を出稿しよう【ウェブサイトのカスタムオーディエンス作成方法】

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ