Facebook広告 管理画面の見方・使い方を知って、広告を編集しよう!

Facebookad_rex_manage000
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookad_rex_manage000

Facebook広告を出稿しはじめると、きちんと効果が出ているか、とても気になりますよね。

万一、出しっぱなしにしてしまうと、気づかぬうちに広告費を無駄に消費していたということもあります。
もし管理画面を見て、停止したくなったり、広告の内容を変更したくなったときに慌てないよう、管理画面の見方・使い方を把握しておきましょう。

1.管理画面で広告のパフォーマンスを確認する

管理画面( https://www.facebook.com/ads/manage )を開くと、過去に掲載済み・現在掲載中・掲載予定の広告キャンペーンを一覧で確認することができます。

Facebookad_rex_manage002

ここでは、各キャンペーンについての以下の数値を確認することができます。

(1)「配信」現在のステータス。現在広告が出稿されている(アクティブ)なのか、審査中や掲載予定なのか
(2)「目的に対する結果」広告作成時に選択した「広告の目的」(ページのいいね!、ウェブサイトのクリック、コンバージョンなど)が達成された数
(3)「コスト」1件の「広告の目的」に対してかかった平均金額(いわゆる獲得単価のことであり、消化金額のことではない点に注意)
(4)「リーチ」広告を見た人の数
(5)「今日の消化金額」当日午前12時以降に消化した金額
(6)「合計消化金額」キャンペーン作成時に設定された期間の合計消化金額

 

■ポイント!見るべきは「コスト」

この画面で、まずチェックするべきはコスト(獲得単価)です。目標の金額内におさまっているか、もしくは「–」つまり1件も獲得していない状況ではないかどうかを確認しましょう。

もし、広告掲載を止めたいという場合は「ステータス」の項目ですぐに広告をオフにし、掲載中止にすることが可能です。

Facebookad_rex_manage003
なお、予算配分や掲載期間を変更したい、という場合はどうすればよいのでしょうか。次の項目で説明していきます。

 

2.広告の予算や掲載期間を変更する

広告の予算や掲載期間を変更したい場合は、一覧から該当する広告キャンペーンをクリックします。

Facebookad_rex_manage004

変更したい広告セットの「予算」もしくは「終了日」の鉛筆マークをクリックすると、以下のように予算とスケジュールを変更するモーダルが開きます。

Facebookad_rex_manage005
ここから予算額や掲載期間を変更しましょう。

 

■ポイント!「フリークエンシー」に注目

この画面ではフリークエンシーといって、1人当たりに当広告が表示された平均回数を確認することができます。

Facebookad_rex_manage011
広告を出稿しはじめた当初は効果がよかったものの、ずっと掲載していたら効果が悪くなってしまったという場合は、「フリークエンシー」をチェックしてみましょう。

1人に何度も同じ広告が表示されているようであれば、そのターゲットに対しては広告がリーチしきって一巡したと想定されるので、停止するという選択肢もあります。

 

3.広告の内容を編集する

最後に途中で広告の内容を変更したくなった場合の方法についてお伝えします。

2.の作業を行っていたキャンペーンの詳細ページから、任意の広告セットを選択しましょう。
クリエイティブの異なる広告の一覧が出てくるので、変更したい広告のタイトルをクリック。広告の詳細が表示されます。

Facebookad_rex_manage012

広告のクリエイティブ(画像やテキスト、表示形式など)を変更したい場合は「広告素材を編集」を。広告のターゲット、表示場所などを変更したい場合は「ターゲットを編集」をそれぞれクリックしましょう。

 

Facebookad_rex_manage007

上記のような画面が出現し、広告を一つひとつ編集することができます。

 

■ポイント!似たような広告を追加したいときは「同様の広告を作成」

「同様の広告を作成」から、広告をそのまま複製することができます。

Facebookad_rex_manage010

似たような広告を追加作成したいときは、一から設定するのではなく、この機能を使うと便利でしょう。

 

理想はこまめなチェックとチューニング

Facebook広告はターゲティング精度が高いことが特徴です。また、一度に色々なクリエイティブの広告を試しやすい構造になっています。
出稿後にきちんと確認し、最適化を施していけば獲得単価を大きく下げることも可能です。

冒頭でも触れたとおり、広告を出稿したままほったらかしにしてしまうのは、あまりにももったいないのです。
特に出稿し始めの時期は、こまめなチェックとチューニングを心がけましょう。

なおクリック率やアクション数、表示持単価や獲得単価など、もっと詳細に検証したいという場合は関連記事の『Facebook広告レポートの見方を知って、広告のパフォーマンスを改善しよう』がおすすめです。ぜひ、色々試して改善し、効率よく広告を運用できるようになりましょう。

 

その他の関連記事
Facebook広告レポートの見方を知って、広告のパフォーマンスを改善しよう
失敗しないFacebook広告の作り方は?

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ