簡単7ステップ!Facebook広告の作成&出稿方法を解説

1779398_10201899632867040_981175908_n
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

1779398_10201899632867040_981175908_n

Facebookページの「いいね!」、つまりファン数を伸ばしたい!そんな時に有効な方法が、Facebook広告を出稿することです。
今回は、ファンを獲得するためのFacebook広告の出稿方法について解説していきます。

1、広告作成画面を開きます。

まず、広告作成画面( https://www.facebook.com/ads/manage/adscreator/ )を表示し、「ページのいいね!」を選択します。

rexad0001

なお、Facebook広告はFacebookページの宣伝のみならず、Facebook上で作成したイベントやクーポン、そしてWebサイトやアプリを宣伝することも可能です。
今回は、Facebookページのファンを増やすために最もオーソドックスな「ページのいいね!」を選択しましょう。

 

2、画像を選択・設定します。

ひとつの広告に最大6件の画像を同時にまわすことが可能です。

rexad0002

なお、画像は自分で用意したものを使用してもよいですし、Facebook内の出稿に無料で使用できるShutterstockの画像を使用することもできます。

Shutterstockの画像は、上記キャプチャの「画像を検索」をクリックすると、下記キャプチャのような選択画面から画像検索ができるようになっています。

rexad0013

画像が選択できたら「画像の位置を調整」を押し、表示させる画像の範囲を画面を見ながら調整しましょう。なお、ニュースフィードの推奨画像サイズは600ピクセル x 225ピクセルとなっています。

rexad0014

また、一部の広告については画像に使われるテキストが20%以内でないと承認されないというルールが適応されています。詳細はFacebookのヘルプ『広告の画像にはどのくらいのテキストを含めることができますか。』をご参照いただきたいのですが、基本的にはテキストを含まないか、テキストの分量が少ない画像を選択することをおすすめします。

 

3、テキストとリンクを確定します。

右側に表示されるプレビュー画面を見ながら、広告に表示させるテキストやリンクを入力していきましょう。

rexad0015

見出し:ページタイトルの下に表示されます。なお、必須項目ではありませんので、全体のバランスを見ながら場合によっては入力しなくてもよいでしょう。

テキスト:文字の色も濃く目立つ部分になるため、重要です。文字量などにも気を配りながら、一目で理解できる内容を目指しましょう。

スポンサー記事の設定:“誰々さんが「いいね!」と言っています。”というかたちで、ユーザーのアクションを広告に活用することができます。広告の効果を向上させることができるので、チェックをしておくことをおすすめします。

④詳細オプション クリック後の表示先:広告のリンク先を選択することができます。ファン増加の場合は、何もいじらず「1つ選択」にしておくか「タイムライン」を選択しましょう。

⑤詳細オプション 広告プレースメント:Facebookの広告はニュースフィードと右側スペースに表示させることができます。もし、どちらかのみにしたいようであれば、必要ないほうのチェックを外しておきましょう。

 

4、オーディエンス、つまり広告を誰に表示するかを決めます。

Facebookの広告は以下のような項目で絞り込むことができます。
・場所(国だけでなく都道府県、市区町村まで)
・年齢
・性別
(ユーザーの)趣味・感心⇒①
(あなたのページやアプリ、イベントとの)つながり⇒②
・恋愛対象
・交際ステータス
・言語
・学歴
・勤務先
・その他のカテゴリ(ユーザーの興味・特徴)⇒③

項目名だけでは、わかりにくいポイントが3つほどあるので、詳しく解説しておきます。

趣味・感心
ショッピングや健康といったビックワードから、楽天市場や有酸素運動といった具体的な言葉や固有名詞まで、様々なキーワードが登録できます。
「いいね!」やアクティビティなど、ユーザーの行動をもとにして、特定のキーワードと趣味・感心が一致するターゲットに絞り込むことができるのです。

つながり
自分のFacebookページのファン、非ファンどちらに広告を表示するのかを選択できます。

その他のカテゴリ
家族構成から旅行の予定、就転職や誕生日などのイベントまで、かなり細かい内容でターゲットを絞り込むことができます。
ユーザーがこれまで投稿してきた内容などをもとに、ターゲティングが行われているのです。

こちらが、ターゲットの設定画面です。本人が登録した属性情報から、普段の行動をもとにFacebook側で解析したデータを使ってターゲティングすることができるからこそ、Facebook広告の精度は高いのですね。

Facebookに広告を掲載(7)

なお、項目を設定するごとに、画面右側の「オーディエンス」(上のキャプチャ赤枠内)にターゲットの推定人数が表示されます。この人数を確認しながら、入力内容の調整を行っていきましょう。

 

5、キャンペーンの期間と予算を決めます。

キャンペーンの名前については、運営者メンバーが管理しやすい名前をつけておきましょう。

rexad0008

期間と予算ですが、期間が決まっていない場合
・日時指定で「今日から継続的に掲載する」を選択
・予算は「1日当たり」の金額を設定
しましょう。

期間が決まっている場合
・日時指定で「開始日と終了日を設定」を選択し、開始日と終了日を入力
・予算は「通算」でも「1日当たり」の金額でも良いほうを選択
してください。

rexad0009

なお、設定金額を出稿後に変更することも可能です。

 

6、入札方法と価格を設定をします。

入札方法はページへのいいね!、クリック、インプレッションにそれぞれ最適化するよう選択が可能です。
ファンを増やしたい場合は「ページへのいいね!に合わせて最適化」を選択すればOKです。

rexad0010

なお、クリック、インプレッションを選択した場合、Facebookのほうでクリック単価や1,000インプレッションの価格を自分で設定することも可能です。
ただし、低く設定してしまうと、広告自体が表示されないなども問題が生じることもあるので注意しましょう。

 

7、最後に広告内容を確認して、出稿スタートです!

「注文の確認」を押し、広告の内容を確認後、「注文を確定」させ出稿をスタートしましょう。

rexad0011

以上で広告作成は完了です。あとは、広告が審査を通過すれば表示されるようになります。

なお、今回入力した内容については後から変更できる箇所もあります。広告の効果を見ながら、必要に応じて微調整をし、効果を最大化していきましょう!

 

その他の関連記事

Facebookページの作成・設定

「簡単9ステップで作成!Facebookページの作り方」

・【基本設定】Facebookページ作成時にやっておくべき5つのこと

基本的な考え方

Facebookページを始める前に覚えておくべき5つのポイント

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ