Facebookページは何時に投稿すれば効果的?

shutterstock_166045211
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

cowardlion / Shutterstock.com
めっきり寒くなってきましたね。東京は、この2,3日ですっかり冷え込んできました。
もう今年もあと10日あまり、年末に向けてラストスパートをかけている方も多いのかな?
さて、今日は、投稿時間に関するお話しをしたいと思います。
よく出社してすぐの時間やお昼休み、また一日の疲れを癒す22時以降になると「いいね!」がつきやすいのではという話を耳にしませんか?それは、もちろん一理あります。でも、あなたの運営しているページで検証してみたことってありますか?

ホントかウソか、ファンの行動パターンを考えてみよう

他にも、水曜日は反応が高いとか退社後のタイミングに投稿をしようなんていう記事も目にしたことがあります。
まず、考えて欲しいのは、あなたのページのファンの生活パターンです。朝起きてから、どのような生活を送ってるんでしょうか?
ターゲットがサラリーマンか主婦かでは全然生活パターンが異なりますよね。
まずは、ターゲットの生活・行動パターンをイメージして、どのタイミングで時間が空くか、どのタイミングでFacebookを使いたくなるのか考えましょう。
Facebookの利用目的は、ほとんどの人が友達の近況を見たり、メッセージの交換をしたり、ちょっとした時間で自分の行動をシェアするのが目的です。そのような行動をとるときって、やはりスキマ時間だったり、仕事の休み時間だったり、ちょっと一息つこうという時間ですよね。
あなたのファンは、何時に一息ついているんでしょうね。

インサイトでチェックしてみよう

新しいインサイトになってから、「ファンがオンラインの時間帯」というデータが表示されるようになりました。
online01.png
これは、あなたのページのファンがFacebookに接触している時間帯です。さて、Rexのページのファンは、どの時間帯に一番Facebookを見ているかというと、何と11時でした!!
Rexの場合は、ファンが企業のウェブマーケッターだったり、ソーシャルメディアに関心の高い人なので、仕事で常にFacebookにログインしている人が多いのだと思います。
投稿しても、そもそもファンがFacebookにログインしてなければしょうがないですよね。できるだけファンが多くFacebookを利用している時間帯の少し前にでも投稿をすればいいのではないかというのは想像できますよね。
また、このデータは1週間の平均のデータなので、曜日によって違いも出てくると思います。特に、平日と土日の動きは違ってくるでしょう。
online02.png
上図は、金曜日にマウスオーバーした時の表示です。濃い折れ線グラフが表示されてますよね。これが金曜日のデータです。曜日特性なども参考にしながら投稿の計画を立てるといいでしょう。

データをダウンロードして更に見てみよう

ただ、、Facebookでログインしている時間帯に合わせて投稿をすれば全てOKというわけではないのが難しいところ。
ここで、一つ問題になるのがユーザは、ページの投稿を自分のニュースフィードで見るということです。この何が問題かというと、ニュースフィードの混雑具合です。
みんなが、ログインしているということは、ニュースフィードに流れる投稿数も多いということ。つまり、どんどん新しい記事や友達のアクティビティが流れてきてしまうのです。投稿が多ければニュースフィードの流れも速いので、目にされなくなったり、他の投稿に目がいってしまったりする可能性が高くなりますよね。
ですから、実際に投稿した時間で、どれだけの反応が得られているかを検証するのがベストです。
insight_jikan.png
インサイトデータをダウンロードすれば、各投稿の投稿時間、いいね!、コメント、シェア数、リーチなど様々なデータがわかるので、それらを集計して、実際に投稿した時間帯ごとに集計をすれば、どの時間に投稿したものが反応がわかりますよね。

それぞれのページごとの黄金タイムを見つけることが重要です

ページごとに提供できるサービスが違います。それであれば、ターゲットとする属性も異なってくるでしょう。
それなら、どの時間帯が反応が良いかはまちまちです。また、Facebookの場合は、いかにニュースフィードで投稿を目にしてもらうかがポイントです。それであれば、ファンのニュースフィードの混雑具合というのも考えた方がいいでしょう。
そのようなことを複合的に考えると、あらゆるページに共通の黄金タイムがあるわけではないことはわかると思います。自ら検証し、自分のページの黄金タイムを見つけていく努力をすることがポイントですね。
——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ