Facebookページで競合ページをマークする3つのメリット

shutterstock_93709207
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

すっかり寒くなってきましたね。街もイルミネーションなどでクリスマス&年末モードになってきましたが、年末年始の予定はもう決まってますか?
さて、今月に入ってfacebookページで競合ページを登録できるようになりましたが、利用してますか?今日は、この機能を使うのはもちろんのこと、それだけではない、競合ページを利用する3つのメリットを紹介しようと思います。
みなさんも、ページを立ち上げるときに競合ページをチェックする方も多いかと思いますが、常に生き物のように動いているのがFacebookページです。常にチェックするメリットもいくつかありますが、今回はその中で3点を紹介します。


競合ページをマークするメリットは、次の3点です。
① ファン数の伸びをチェックする
② どのような投稿をしているかチェックする
③ モチベーション!!
これらの3点の説明を説明していきます。ただし、当然、マークするページは自分たちのページよりも上手く運営するページです。そのようなページを見つけたら必ずチェックですよ!

① ファン数の伸びをチェックする

これは、運営しているページのターゲットのポテンシャルを図るのに有効です。一体、facebookの中にターゲットって、どれだけいるのか気になりませんか?
もしも、競合のページが自社の運営しているページよりも多くのファンを抱えているのであれば、その数字までは少なくてもファン数を伸ばせるはずですので、広告やキャンペーンを活用していきましょう。
また、競合のページのファン数の伸びを見ることで、広告を利用して積極的に動いているかどうかなどもうかがえます。
その動きを素早く察知できるのが、facebookページの新機能「競合ページ」です。
kyougou.png
カバー画像の上、今までインサイトへのリンクがあったスペースが競合チェックのためのスペースに変更となりました。
設定の仕方は簡単です。
一つもページを設定していないと、このような画像が表示されますので、
kyougou2.png
「ページを追加」というリンクをクリックしてください。
そうすると、ご覧のようにページを追加できる画面が表示されます。検索フォームでお目当てのページを登録するのでもいいでしょうし、おススメページに競合候補のページをFacebookが検索して教えてくれますので、ここからページを選んでもいいでしょう。
kyougou3.png
これを設定しておくと、競合ページのファンの伸び数がわかります。いつもチェックしていれば、急激にファンが増加してれば何かやっているなと感づくはず。

② どのような投稿をしているかチェックする

なかなか、良い投稿のアイデアが見つからない時は、競合のページからヒントをいただきましょう。
業種が同じでターゲットも近ければ必ず参考にできるような投稿があるはずです。
競合ページで「いいね!」を集めている投稿を探しだし、その投稿がなぜ良いのかを考えましょう。
「いいね!」をたくさん集めている投稿を見つけたときに、チェックするのは
・投稿の内容(これは、当然ですが)
・投稿文章(長さは?語りかける感じか?宣伝っぽくないか?)
・投稿タイプ(画像かリンクか)
・写真(印象付けるものか、感情を揺するものか)
・投稿の時間
などがあります。
単純に、どのような内容なのかをチェックするだけでなく、その表現方法も参考にしていきましょう。

③ モチベーション!!

これは、以外と重要だったりします。そう、運営しているみなさんのモチベーションアップに効果があります。
なかなか成果として、すぐに結果が確認しにくいのがFacebookです。その中で、モチベーションを高く維持したまま、運営を続けるには、何らかの楽しみを見つけ出さないと、すぐにマンネリ化してしまいます。
それは、投稿にたくさんの「いいね!」をもらうことかもしれませんし、ファンとの交流なのかもしれません。
モチベーション維持は人それぞれだと思いますが、競合のページのファン数の増減を見たり、ものすごく多くの「いいね!」を集めているのを見ると、「どうやって投稿を企画しているんだろう?」「どんなキャンペーンをしているんだろう?」とか探り出し、よし、自分たちもやってやろうっていう気持ちになりませんか?
競合ページをチェックしていくのは、非常に重要であり、結構楽しいものだと思います。
Facebookも競合ページをチェックしていくことを推奨していると思いますので、ぜひ、この機能を使って競合ページを常に気にしながら運営してみてはいかがでしょうか?
——————————————————————-
◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: