【セミナー開催しました】キラーコンテンツを見つけて、かっこいい写真を撮ろう

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の水曜日、久々にセミナーを行いましたので、今回は、その内容は簡単にレポートいたします。
今回のセミナーのテーマは、キラーコンテンツの見つけ方と写真の撮り方です。
Facebookマーケティングを語る時に欠かせないのが「コンテンツ力」です。
ページへの「いいね!」は、広告をまわせば獲得できますが、投稿に対してコンスタントに「いいね!」やコメントをつけることって非常に難しいですよね。
そこで、第1部では多くの反応を得られるようなキラーコンテンツを探すためのワークショップを開催しました。
そして、Facebookのコンテンツ力を考えた時に、どうしても切り離せなくなったのが写真力ですね。でも、Facebookマーケティングの担当者でかつ写真に詳しい人はそうそういません。
そこで、第2部では友人のカメラマン菖蒲タケルさんに講師を依頼して、「スマホでもかっこよく撮影できるコツ」を伝授してもらいました。今回は、特別に本セミナーに参加できなかった方に内容をちょっとおすそわけ。

投稿内容をカテゴライズしよう

キラーコンテンツを見つけていくために、どのような内容の投稿がファンに受け入れられているのかを見つけていくことが重要です。
その時に、明確に言葉で表現できるといいですよね。
「社内の雰囲気」であったり、「ランチメニュー」であったり、「製造の裏側」であったり。
多くの人は、あまり意識してないかもしれませんが、自分たちの投稿をカテゴライズし、その中で反応の高いカテゴリーを見つけていくというステップが必要になってきます。
kensho.png
上図のように、カテゴリーごとに平均のリーチ数や平均いいね!数などを取っていき、それで反応が良いカテゴリーを見つけていくことが重要です。
今回のセミナーでは、自分たちの投稿している内容をカテゴライズしていくという作業をしてもらいました。
非常の多くのパターンを持っている方、ほとんど同じ内容の投稿をしている方など様々でしたが、キラーを見つけていくための第一歩を体験してもらいました。

写真に属性をつけてみよう

そして、キラーコンテンツがどういうカテゴリーのものなのか理解しても、それをより高い反応をもらうには写真で、どのように表現をするのかも重要です。
普段、何気なく撮っている写真と構成やテーマを意識して撮影する写真って全然違いますよね。でも、写真に詳しくない方って、どういう切り口で写真を見ていけばいいのかがわからないのかもしれません。
「Facebookページは写真が重要!でも、どういう写真を投稿すればいいの?」
こちらの記事でも書きましたが、ヒット写真を見つけていくためには写真に属性を付けていくことが重要なんです。
そして、その切り口というのは、
① 撮影の対象物
② 画像から抱かせる感情
③ テクニック
です(他にもあるかもしれませんが)。
今回のセミナーでも、ある2つの投稿写真を見てもらって、テーブルごとに、どんな属性が付けられるのかを話してもらいました。
1人では感じきれないような切り口がたくさんでてきました。
その中に、ファンから多くの「いいね!」をもらえるようなヒントが産まれているといいんですけどね。

スマホでも簡単にかっこいい写真が撮れる

最後に、ALCファクトリーの菖蒲タケルさんからお話がありました。
タケルさんが撮影した事例をスライドで観ながら、色んなコツを紹介してもらって、あとは、みんなで撮影タイムです。
ケーキやワイン、カメラのレンズやマグカップ、セミナールームを使った写真など撮ってもらいました。結構、コツを話してから撮影タイムになったので、皆さん、意識をして撮影してたのではないでしょうか?
969870_482479948493446_1734274357_n.jpg
自分の知らぬ間に、こんな写真を撮られてました!!
でも、今やニュースフィードにはキレイな写真がたくさん並んでいるので、当たり前の写真はスル―されちゃうのかもしれません。時折、こんな写真もあってもいいんではないでしょうか。
最後の質問コーナーでは、皆さんが対象としている被写体をベースにした場合の撮影のコツなどを聞いてました。
みなさん、楽しんでくれて良かったです。

みなさんもトライしてみてください

皆さんも投稿をカテゴライズしたり、写真に属性をつけてみたりしてみてください。
30分でもいいので時間を取って考えてみると新しい発見があるかもしれませんよ。
あと、写真が上手くなるポイントは数多くの写真を愛を持って撮ることだとタケルさんはおっしゃってました。デジカメなんて無限に撮影できるので、しっかりと属性を意識して撮影をしてみるといいのではないでしょうか?
今回のセミナーは、非常に好評だったので第2弾を実施しようかと思ってます。興味がある人は、RexのFacebookページに「いいね!」しておいてください。
Rex Facebookページ
https://www.facebook.com/socialmediarex
——————————————————————-
 ◆ Rexライターへのお仕事の依頼はこちらから ◆
  Rexライターは、それぞれコンサルティング、セミナー講師、執筆など
 の仕事もしております。ライターによって得意な分野が異なりますので、
 ソーシャルメディアでお困りのことがあれば、一度お問合せください。
  http://socialmedia-rex.com/ask.php
——————————————————————-

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: