Facebookページは写真が重要!でも、どういう写真を投稿すればいいの?

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今、Facebookのニュースフィードを見ると数多くの写真が目に入ると思います。
昨日、皆さんはいくつの画像投稿に「いいね!」しましたか?
これだけ、画像が氾濫するとちょっとキレイな写真を撮るだけでは反応をえることができなくなってきています。
今回は、皆様のページでファンにアクションしてもらえる画像がどういうもので、どのように探せばいいのかを書きたいと思います。

実際に画像をチェックしてみましょう

「Facebookページでキラーコンテンツをみつけるための3つのステップ!!」でも、少し触れましたが投稿には、それを構成する要素があります。画像にも要素がありますよね。
そして、その要素も大きく3つに分けられます。
① 撮影の対象物
② 画像から抱かせる感情
③ テクニック
これらの要素を反応が高い画像投稿を例にチェックしてみましょう。
土屋鞄製造所のfacebookページの投稿を見てみよう
土屋鞄製造所のfacebookページは、ページへの「いいね!」が19万を超え、一回の投稿に1万を超える「いいね!」がつくことも珍しくないページです。このページは、以前から写真がうまいといわれています。さぁ、どこが上手いのか探ってみましょう。
ここに、直近の投稿を古い投稿から順番に並べてみました。どんな要素が含まれるのでしょうか?
5月8日の投稿
tuchiya0508.jpg
① 撮影の対象物:職人さん、素材、仕事風景
② 画像から抱かせる感情:感心、発見
③ テクニック:ひいて撮る、被写体(職人さん)の位置が右上という構成
5月11日の投稿
tuchiya0511.jpg
① 撮影の対象物:絶景写真
② 画像から抱かせる感情:キレイ、驚き
③ テクニック:加工、光(太陽)の入れ方
5月12日の投稿
tuchiya0512.jpg
① 撮影の対象物:人、季節感
② 画像から抱かせる感情:微笑み
③ テクニック:加工
5月15日の投稿
tuchiya0515.jpg
① 撮影の対象物:素材、技術
② 画像から抱かせる感情:感心
③ テクニック:光の当て方
5月18日の投稿
tuchiya0518.jpg
① 撮影の対象物:
② 画像から抱かせる感情:
③ テクニック:
5月20日の投稿
tuchiya0520.jpg
① 撮影の対象物:素材、商品
② 画像から抱かせる感情:感心
③ テクニック:アップ
さて、様々な要素が出てきましたね。私が書いた要素以外に感じたものもあったのではないでしょうか?
5月18日の投稿の部分は、書き忘れてたわけではないんです。何か土屋鞄さんのサービスに結び付けて書けることが見つからなかったんですよね。ページを見てみるとわかりますが、この投稿は他の投稿に比べるとアクション数が少ないんです。
どうですか?どのように画像投稿を検証すればいいのかわかってきましたか?
これと同じような検証を実施してみてください。自分のページでもいいですし、他の有名なページでもいいでしょう。
それを繰り返し、自社のページでも実証してみましょう。地味ではありますが、このようなことの繰り返しが必要だと思います。

反応が高い画像の要素が見えてきたら

さて、自社のページで反応が高い要素がみつかってみたら、その要素を踏まえた投稿をどんどんしましょう、、、、、という訳ではありませんよ。
同じような投稿が続けば、ファンも飽きてしまいます。反応が良い投稿の要素を5つ以上は見つけてください。そして、飽きないように色々な要素を含んだ投稿を繰り返していってください。土屋鞄さんのページはとてもバラエティに富んでいて、同じよう投稿が続くことは、まずありません。
ぜひ、みなさんもトライしてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: