Facebookページの投稿計画が重要な3つの理由

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先週の「運用チェックポイント」では、「Facebookページでキラーコンテンツを見つける為の3ステップ!!」と題して如何にファンから反応を得られるような投稿を見つけていくのかを考えました。
皆さん、実践してみましたでしょうか?
先週の記事に書いているようなことを実践しようとしても、コンテンツを作り込むような時間がとれなかったり、日々の業務に追われて、ついつい投稿をこなすような感じになってしまい投稿がマンネリ化している方も多いのではないでしょうか?
今回は、投稿計画をしっかりと立てることの重要性について3つのメリットを通して考えてみたいと思います。

イベントを把握しピークを作っていく

Facebookページはあくまでもツールです。それぞれの企業のマーケティングプラン、プロモーションプランの下で運営されるものですよね。
会社全体で大きなキャンペーンを打つ、新製品がリリースされるようなイベントは、告知だけ投稿しておしまいでは勿体ないと思いませんか?このイベントに向けて、いかにファンを巻き込んでいくかを考えていかなければいけません。
それには、イベントが迫ってきてから投稿を考えるのではなく何ヶ月も前からプランニングし、どのようにファンを巻き込んでいくのかを考え投稿案に落していかなければいけません。
投稿計画を考える時には、まず自社の大きなイベントをカレンダーに記入していきましょう。そこから逆算して、いつ、どのような投稿をしていくのか計画的に考えていくことは非常に重要です。
3000000.png
キリ番向けの投稿もそうですよね。
何か凝った写真でも撮るのであれば、直前に慌てるのではなく予め準備しておけるといいでしょう。

投稿計画表を俯瞰してマンネリを避ける

Facebookページの投稿は、ご存知の通り、時間の経過と共に流れていってしまうものですよね。
投稿計画表を作ると投稿を俯瞰してみることができます。そうすると似たようなタイプの投稿をする時は時間を空けたり、告知系の投稿が頻出しないように合間を埋めるような投稿を考えることもできるでしょう。
これが、計画もなく日々投稿を考えていると、どうしても書きやすいことを投稿するようになり、投稿の内容に偏りがでてくる恐れがあります。また、イベントごとがある時にも投稿を俯瞰してみることでよりよいプランを考えることができるでしょう。

運営時間の短縮

投稿を計画に立てることはトータルで運営時間短縮になることが多いと思います。
パソコンを立ち上げて、さぁ何を書こうって考えているようであれば、それはすぐにでも止めてください。
投稿文全て決めてなくても、どのような内容のことを書くのかを事前に決めておくことで投稿時間を短縮することができます。
少なくても1週間分くらいは、まとめて書きためるような習慣をつけてください。それが運営時間短縮のポイントです。

投稿計画表の作り方

1.エクセルもしくはGoogle Spreadsheetを準備します。
複数の方が投稿するのであれば、やはりSpreadsheetがいいですよね。
2.日付、曜日、イベント、投稿内容、カテゴリー、画像の欄を作成しましょう。
できれば、半年分くらい作っちゃいましょう。
※「カテゴリー」は、投稿内容を分類するために準備しておきましょう。今回、説明はしておりませんが、投稿内容の反応分析などをする時に、どのカテゴリーが反応が良かったか調べるために利用します。また、カテゴリーごとに色分けをしておくと俯瞰してみた時に内容に偏りがないか一目で確認できるので便利ですよ。
3.イベント欄に社内で大きなイベントを記入していきましょう。
あとは、実際に投稿内容を考えていくだけですね。イベントを中心に、ファンを巻き込むような企画を考えて投稿を考えていくと良いと思います。
ぜひ、実践してみてくださいね。

 

その他の関連記事

運用チェックポイント

事前準備でFacebookページ運営の時間は短縮できる!4つのチェックポイント

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: