Google+ページの存在感を高めよう

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Google+ページを見直そう:まずは現状を整理」では、改めてGoogle+ページの基本機能についておさらいしてみました。
Google+の情報発信は「サークル」が肝になっていて、このわかりにくさがページ運用者にとっても、ページの情報を見たいユーザーにとってもハードルになっているのではないかと思います。Google+ページを作ったらまずはサークルの壁を乗り越えてもらわないといけません。
今回は、そのハードルを乗り越えるためのコツなどについて紹介していきましょう。

Google+ページとWebサイトを連携する

Google+ページからWebサイトを登録し、WebサイトからGoogle+を連携します。これにより、SEO的にメリットがあります。関連する検索キーワードで検索されたとき、 Google 検索ページの右側にその Google+ ページが表示されるようになるからです。

Google+ページにWebサイトを登録

Google+ページにWebサイトを登録するには、Google+ページ名で自分のページを表示します。管理人アカウントで自分のページにアクセスすると、メッセージが表示され簡単に切り替えができます。
「基本情報」タブを表示し、Webサイトのリンクを登録します。リンクを追加して、「ウェブサイトをリンク」をクリックすると、コードが出力されるので、このコードをWebサイトのタグ内に貼り付けます。その後、「ウェブサイトをテスト」をクリックして連携のテストを行い正しく設定されていることをチェックします。
g1.png
Google+ページのコードが正しく設置できると、Google+ページ名の横にチェックマークがつきます。
g2.png

WebサイトにGoogle+ページを登録

Facebookでいうところの「いいね!」ボックスのようなものが、Google+にも用意されています。Google+では、Google+ バッジと読んでいます。
Google+のバッジは、こちらにアクセスするとコードを出力できます。
バッジのデザインを少々カスタマイズすることができるので、好みに合わせて調整し、コードをWebサイトの表示したい場所に貼り付ければOKです。
g3.png
これにより、Webサイトに訪れた人にGoogle+ページの存在を知ってもらうことができますし、「フォロー」してもらうこともできるようになります。
しかし、Google+ページの存在をよく知らない人にとっては「何のことだろう?」となりかねません。そこで、このバッジを表示したら、特別なページを一枚用意して、Google+ページの意味、サークルの追加の方法、発信している情報のチェック方法、そしてどんな情報が発信しているかなどを紹介してみましょう。

Google+ ページと AdWords キャンペーンをリンク

Googleの AdWords 広告で「+1」ボタンが表示されるのを見たことがあるでしょう。AdWords広告を出す時に、キャンペーンをGoogle+ページとリンクすることができます。広告で「+1」ボタンをクリックされると、自分のGoogle+ページの+1の数が増加します。
しかし、前の記事で解説したように、Google+ページの「+1」はおまけのようなもの・・・。クリックされたからといって、そのユーザーのフィードに情報が表示されるようになるわけではありません。情報を受けてもらうためには、「フォロー」されないといけいないのです。

店舗があるならGoogle+ローカル

飲食店やショップなど、実際の店舗があるなら、Google+ページを作成するときに「地域のお店や場所」を選択します。このカテゴリで選択すると、Google+ローカルページとなり、そのお店の場所を示した地図、住所、電話番号、営業時間などが登録できます。

まとめ:そしてコンスタントな情報発信

今回は、Google+ページの存在感をあげるための設定について紹介しました。そして、もちろんこれだけではなく、定期的な情報発信も必要です。常に最新の情報を発信し続けることで、ユーザーも「アクティブなページ」とみなして、サークルにいれてくれるでしょう。そしてまずはユーザーを増やしてみましょう。
前の記事でも紹介したように、フォローしてくれたユーザーをページがサークルに追加することができます。いつも全員に同じ情報を発信するのではなく「お得意様」「2013年の新規のお客様」などと分類して、それに適した情報を発信してみましょう。自分にぴったりの情報を受け取ったユーザーは「特別感」を感じて、うれしくおもってくれるかもしれません。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ