自分のFacebookページの実態を知ろう

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

日々、Facebookページを運営していると、時折、この投稿にどれだけの価値があるのだろう?って
疑問に思う事ってありませんか?
ソーシャルメディアの費用対効果を計測することって難しいとは思いますが、何らかの数値が見えてきて、その数値を元に次のアクションができたらいいですよね。
本日の「運用チェックポイント」は、いつもと違って日本でもついに無料で利用できるFacebookページの計測ツールがリリースされましたので、ご紹介したいと思います。

Facebookページを診断してみよう

このサービスを提供しているのは、ソーシャルメディアマーケティングを行っている株式会社コムニコさんです。
「Facebook®ページ力診断(デモ版)」は、統合プラットフォーム「コムニコ マーケティングスイートβ」の一部となるようですが、無料公開されており、先日、コムニコ社の林社長と佐藤取締役と話してきたのですが、この部分でお金を取るつもりはないとおっしゃってました。嬉しいですねー。
「Facebook®ページ力診断(デモ版)」で診断できる項目は、
・Facebook®ページ(アカウント)を金額に換算した価値(弊社独自のアルゴリズム)
・ファン数
・ファン1人あたりの友達数
・エンゲージメント率 (いいね!数+コメント数+ユーザー投稿数)/(管理者投稿数×ファン数)
・1投稿あたりの反応回数(「いいね!」数+コメント数)
・1カ月あたりの管理者投稿数
です。
ここまでであれば、自分がページの管理者ではなくても数値は取得できます。
更にページの管理者であれば診断できる項目は、
・Facebook®ページのリーチ数
・ファンへのリーチ数
・ファンへのリーチ率
・ファン以外へのリーチ数
です。
ここで、あるページの診断をしてみたのでご覧ください。
comnicosample1.png
ここで注目したいのが、コムニコさん独自のアルゴリズムで換算したアカウントの価値です。
そして、S~Dでランク付けをしていくので、他のページと比べてどのくらいの位置にいるのかがわかります。これ、結構重要ですよね。
S:上位10%
A:11~20%
B:21~30%
C:31~40%
D:41%~
となっております。

何故、診断する必要があるのか?

ファンのニュースフィードは1本しかありません。ファンは、競合のFacebookページにも「いいね!」している可能性は高いので、競合よりも数値が高い方ことは重要です。特にエンゲージメント率の比較はしておいた方が良いかと思います。もし、競合の方が高い数値があるようであれば、どのようにすれば良いのか真似てみてもいいのではないでしょうか?
自分のページが他のページと比較して、どのくらいの評価をされているのかを知ることは、ファンのニュースフィードに表示される価値と言い換えてもいいかもしれません。
特に、エンゲージメント率は意識しておきましょう!!
診断してみたい方は、こちらから⇒https://grader.comnico.jp/
現在は、デモ版ということなので、都度、メールアドレスなどを入力しないといけないのが、ちょっと、、、ですが、一度、試してみてください。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: