Facebookページを立ち上げる時の7つのTODO

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ある代理店の社長さんとFacebookページについて話しをしたところ、
まだまだ、Facebookページの運営に踏み切れていない中小企業がヤマほどあると
聞きました。
理由を聞いてみると、「何をやればいいのか、どこから手を付ければいいのか
わからない」とのこと。最近、Rexの記事がだんだんマニアックしている感じも
していたので、今回はおさらいの意味をこめFacebookページを立ち上げる時に考えないといけない
7つのTODOをご紹介します。

全体設計図を確認しましょう

factor.png
        (図をクリックすると拡大します)
まずは、上図をご覧ください。
この図の上の方から順番に説明していきます。
1.運営の目的を考える
2.ターゲットを定める
3.Facebookページを設定する
4.集客手法を考える
5.投稿を企画する
6.投稿の分析をする
7.効果検証を行う
全体像が少しイメージできたきましたでしょうか?
それぞれの項目については、今までRexでも取り上げ・深堀りしてきましたよね。
まず、この7つのタスクがあることを覚えておいてください。

Facebookページを設定する前に

1.運営の目的を考える
2.ターゲットを定める
Facebookページを立ち上げること自体を目的にはしないでくださいね。最近は、そういう企業は少なくなってきたと思いますが、それではなかなか長続きしませんよ。
皆さまの会社のサービス・ブランドのマーケティング課題を解決するもので、かつFacebookページの特性にマッチしたものを目的にした方がいいですよね。
・店舗に集客したい
・ウェブサイトのトラフィックを増やしたい
・知名度をあげたい
このような課題は、どの会社でもあると思います。まずは、メインの目的を定めてターゲットを明確にしておきましょう。
ターゲットを明確にしておかないと投稿コンテンツが作りにくくなりますからね。

Facebookページを設定する

Facebookページは、https://www.facebook.com/pages/create.phpのページから設定することができます。
このページで、これから立ち上げるページのカテゴリーを選択し、あとはナビゲーションに沿って情報を入力、プロフィール画像やカバー画像をアップしていけばOKです。また、ほとんどの内容が後で編集することができるので、ナビゲーションに沿って設定してから、必要な情報をあげていけばいいでしょう。
pagesettei.png
ただ、全ての情報を入力する前の段階では、他の人は閲覧できないような設定にしておきましょう。管理画面の左メニュー「権限の管理」で閲覧権限の設定ができますので、忘れずに。
設定時にも重要なことはいくつかありますが、ページ名は最も重要です。しっかりとSEOも意識したページ名を設定しましょう。

集客手法を考える

さぁ、ページの設定ができたら次にページへの「いいね!」を集めましょう。集客の方法には8つの方法があります。
1.Facebook広告を利用する
2.懸賞アプリなどを利用する
3.自社サイト・ブログ、メールマガジンなどから誘導する
4.名刺やメール署名にFacebookページURLを明記する
5.Facebookページの一覧サイトに登録・申請する
  Facebook navi
  FB RANKなど
6.Facebook個人アカウントの友達に告知する
7.とにかく出会った人に伝える
8.投稿したら個人のアカウントでシェアをする
他にも広める手段はあるかと思いますが、まずは上記の8つの集客方法を検討しましょう。

投稿を企画する

Facebookページの運営で最も重要なのは、どういう投稿をするか、です。
この「運用チェックポイント」でも、今まで投稿についての考えかたのコラムを数多く掲載してきました。
「Facebookページで共感を得る投稿って何?」
「Facebookページの投稿内容を本質的に設計する(1)」
「Facebookページタイムラインで写真とアルバムを巧みに使おう!」
他にもいくつかあるので、過去のコラムも読んでみてください。
ポイントとしては、「写真」「共感」「ファンのメリット」の3つといえるでしょう。
あとは、1週間に1時間でもいいので、じっくりとコンテンツを練り上げる時間を割いてください。日々、少しずつ考えるよりも効率は良いはずです。

PDCAサイクルをまわしましょう

6.投稿の分析をする
7.効果検証を行う
投稿しっぱなしはやめましょうね。また、最初は一つ一つの投稿に「いいね」がつく事に喜びを感じるかと思いますが、どのような投稿がファンに受け入れられやすいのか統計をとっていきましょう。
インサイトの見方や分析の仕方についても過去の記事を参考にしてください。
「(実践編)インサイトを活用したページ分析」
月に1回でいいかと思いますが、投稿を分析することで次の投稿の企画を始めましょう。しっかりと数値を意識しているか、そうでないかで投稿の企画も変わってくると思います。
そして、それがKPIやKGIにどれだけ反映されるかもチェックしてください。投稿者のモチベーションを左右する非常に重要なポイントです。

最後に重要なポイントを

さて、ここまでで考えられたらFacebookページをスタートさせる準備が整ったといえるでしょう。
ただ、あくまでもFacebookページというのはツールでしかありません。展開しているサービスが良いものであることは当然ですが、そのサービスのメリットをしっかりと語れるようにしておかないといけません。
当たり前のことだと思われるでしょうが、案外、メリットをしっかりと語れないケースがあります。
これをキッカケに自社のサービスをもう一度見直してみるのもいいでしょう。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: