Facebookページのイベントに多くの人を集客する5つの方法

11003324_10204501341428128_1951854314_o
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

11003324_10204501341428128_1951854314_o

イベントやセミナーを開催するときに、手軽に作れるFacebookのイベントは主催者の味方ですよね。しかし、せっかくFacebookページでイベントを作成しても、うまく集客できなければ仕方ありません。

今回は、Facebookページのイベント集客にむけてできることを、網羅的にご紹介していきます。

1.招待機能を使う

まずは、招待機能を使って自分の友達を招待しましょう。この時に気を付けるべきは、招待人数の制限です。

Facebookでは、スパム防止の目的から1人の人が招待できる人数を制限しています。Facebookのヘルプセンターによると「招待できる人数の上限は、さまざまな要素によります。」ということで明確にされていません。

そのため、招待は複数人で行いましょう。イベントの規模が大きいほどに、イベントの運営者同士招待者が重複しないように協力するとよいでしょう。

招待の手順は、イベントページの「招待」のプルダウンをクリックし「友達を選択」。任意の友達を選んで「招待を送信」を押せば完了です。

Rex_event_promote000

2.イベントを投稿する

イベントを投稿で告知しましょう。

■Facebookページ

Facebookページからイベントを作成した時点で、Facebookページには自動的に投稿として流れます。しかし、通常の近況をアップデートする投稿に比べてファンに届きにくいという弱点があります。

そのため、投稿できちんと告知していくことが望ましいのです。開催まで何回かにわけ、ゲストやプログラムの紹介などをしていくとより効果的でしょう。

Rex_event_promote001

■個人アカウント

運営者も個人のアカウントで投稿していきましょう。イベントページの「招待」のプルダウンをクリックし「シェア」をクリックすると、投稿作成ウィンドウが開きます。

Rex_event_promote002

3.広告

Facebookページのファンや運営者の友達以外に広く告知したい場合もあるでしょう。そういったときは、広告を使うとターゲットを絞り込んで出稿することができます。

■イベントを広告として出稿する

まずは、イベントそのものに広告をかける方法です。イベントのページに移動せずとも、広告から直接「参加」ボタンを押してもらうことができます。

Rex_event_promote003

イベントページからは2か所出稿場所があります。下にあるボタンではなく、上にあるメニューのほうから出稿したほうが設定項目が多いためおすすめです。

Rex_event_promote004

地域はもちろんのこと、年齢や性別、趣味・関心などほかの項目もうまく使ってターゲットの絞り込みをかけていきましょう。

■投稿を広告として出稿する

また、2で作成した投稿に広告をかけるという手段もあります。イベントを直接広告にするよりも、文字数が多く画像も選べるなど表現力が上がるというのがポイントです。

イベントと投稿では、リーチの仕方なども異なる場合があるので、両方試してみるとよいのではないでしょうか。

4.長期イベントの場合はチェックインをお願いする

イベントの開始時間から3時間以内であれば、イベントにチェックインすることが可能です。
参加者にチェックインしてもらえれば、参加者の友達にイベントの存在を知ってもらうことができますよね。

Rex_event_promote006

ですから、イベント開始のタイミングで参加者にチェックインを促しましょう。基本的に案内やチラシへの記載といった呼びかけも重要ですが、思わずチェックインしたくなるようなコンテンツや出し物があれば自然とチェックインしてもらえるのではないでしょうか。

ただ、すぐに閉会になるようなイベントは多くの人に見てもらっても、その時の集客にはつながりません。長期イベントの場合は有効です。

5.個別にメッセージ

主宰する側としても、参加側としても、一番効果的だと思うのはやはり個別のメッセージです。もちろん、内容はその人その人に合わせたもので、関係性なども考慮したうえで送信したものに限ります。

想いの伝わるメッセージが一番人を動かすものです。手間がかかりますが、うるさがれない程度にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

イベントは一つの接点

イベントはあくまでも、一つの接点でしかありません。しかし、その前の準備や事後の振り替えりもあるはずです。そういった前後のシーンもFacebookページで紹介すると、ファンとの関係性が深まります。その結果集客につながり、次回のイベントの集客につながるはずです。

イベントという一点にむけて集客を頑張るだけでなく、長期的な視野をもってイベントの集客を行うことがFacebookページを使った集客で大切なことの一つと言えるでしょう。

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ