Facebookページ用の広告予算を有効に使う3つのポイント

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

一般企業のFacebookページ認知もかなり広がり、広告をかけてファンを獲得しようという動きも一般的になってきました。
ただ、一口にFacebook広告といっても何種類かあるのをご存知ですか?
ファンを獲得するための広告にも数パターンあり、既存ファンとのエンゲージメントを高めるための「Promoted Post」という商品も出てきたり、Facebookページの発展ステージの中で、どの広告を利用すれば有効なのかジャッジできない方も多いのではないでしょうか?
今回は、Facebookページ用に予算を準備できた方向けに広告予算を有効に使うポイントを3つ紹介します!
1.ページオープン時にすぐに広告は使わないで!
 さて、従来のウェブマーケティングの考え方では、サイトオープンと同時に広告をうって盛り上げましょう!というのが定番だと思います。ただ、Facebookページの場合、ページオープンと同時に広告を打ってはいけません。
 なぜか?
 オープン時には投稿が少ないから(もしくは、何もないから)です。 そりゃ、そうですよね。
今までのホームページであれば、コンテンツもしっかりと作り込んでからオープンするのが当たり前ですが、Facebookページの場合、オープン時の投稿って、あっても2,3投稿だと思います。しかも、まだファンもいないので、「いいね」も「コメント」もないでしょう。
 そんなページにファンを誘導しても、ページに「いいね」がつくことはないでしょう。少なくても1,2週間は運用をして投稿を続け、広告で誘導されてきたユーザに向けて、「このページの投稿は面白そう!」って思ってもらえるようになってから広告は出稿しましょうね。
2.ファンが1000人くらいに増えてきたら、「ファン」向けと「ファン以外」向けを意識して
Facebookで広告を打ちましょうという話しをすると、ほとんどの方が「ファン獲得」の為の広告しか思い浮かべないようです。ただ、既存のファン向けに広告をうつことも結構大切です。Facebook広告では、ターゲットを絞る時に「ファン」だけに広告を打つこともできるし、「ファン以外」の方だけに広告を打つことができるのをご存知ですか?
tsunagari.png
「詳細つながりターゲット設定>以下とつながりになっている人をターゲットとする」に管理しているページを入力すれば「ファン」にだけ広告を配信することが可能です。
ここで、Facebookページの目的に立ちかえっていただきたいのですが、元々、自社サイトへのトラフィックを増やしたいとかセミナー集客に使いたいとか様々な目的があるかと思います。ある程度、ファンが増えてきたらファンだけに広告を打つというのも考えてみてください。その方が実利に直結する可能性が高いですよ。
実際に海外での検証データでは、ファン向けの広告は、ファン限定にしなかったケースと比べて7倍ものクリック率があったそうです。
(参考:http://webtrends.com/expertise/guides/ads-for-fans/
また、コンバージョン率においても約4倍もの差が出てきているというデータもあります。もちろん、Facebookページの運用が上手くいっているかどうかも影響するかと思いますが、ファンだけに向けた広告というのもトライしてみると面白いかもしれません。
(参考:Global Facebook Advertising Report【PDF】)
先月のFacebook広告の仕様変更により、「ページへのいいね」を集めるための広告の場合、CPM(1000インプレッション当りの課金)形態しか選択できません(クリック課金方式は選択できなくなりました)ので、新たな「ファン」を獲得する場合は、「詳細つながりターゲット設定>以下とつながりのない人をターゲットとする」にページを入力して、ファンにインプレッションしないようにすることも忘れないようにしてくださいね。
3.既存ファンの反応率を高めるために
せっかく集めたファンでも、どうしても運用してくうちに反応しなくなってしまうものです。
既にファンになっている人達に対してリーチを広げるのが「Promoted Post」という広告です。
これは、以前に(新広告「Promoted Post」の効果を測ってみた(先週のFacebook))でも書きましたが、通常のクリック率の約50倍を記録した経験もあります。
ただ、Promoted Postを利用する場合であれば、通常の投稿を広告にするのではなく、キャンペーンやイベント告知などの投稿を広告化した方が効果が測りやすくなるのでオススメです。でも、これもある程度ファンがいて成り立つタイプの広告ですよね。
まだまだ、ほとんどのページがファンを集めることに注力をしているのかもしれませんが、1000人を超えたら既存ファンとのエンゲージメントを向上させる為の広告費用も考えた方がいいでしょうね。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: