Facebookページで写真を使いこなそう

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、Facebookページのコンテンツ更新の戦略の立て方について解説しました。今回は、ウォール投稿の中でも写真と合わせて投稿する方法について、解説していきましょう。
写真や画像付きで投稿すると、ニュースフィードでも目立ちますし、ユーザーもコメントしやすくなるので、コミュニケーションしやすい雰囲気を作ることができます。

写真付きの投稿をする方法

ウォールに写真を一緒に投稿するといっても、いくつか方法があって微妙に違いがあります。最初にその方法の違いを整理して、どういう特徴があるのかを考えてみましょう。

ウォールに直接投稿する

一番簡単な方法が、「シェア」から「写真」をクリックして、写真をアップロードする方法です。コメントも一緒に投稿することができます。
p1.png
ウォールの写真をクリックすると、大きな写真が表示されます。表示されるコメントはウォールに投稿したコメントと一緒です。ユーザーからコメントがあった場合は、そのコメントも表示されます。
p2.png
ウォールに投稿した写真は、「写真」メニューの「ウォールの写真」としてまとめて表示されます。

アルバムを使って投稿する

メニューの「写真」をクリックして、「写真をアップロード」をクリックすると、アルバムを作成して投稿することができます。イベントや特定のテーマについての写真はアルバムとしてグループ分けして投稿するとわかりやすくなります。
アルバムを作成するときに、「今すぐ公開」をクリックすると、ウォールに「Momo Cafeさんがアルバム「ワインパーティー」に写真を3枚追加しました。」というようなメッセージと写真が一緒に投稿されます。
p3.png
アルバムを使って投稿すると、写真が最大3枚まで表示されます。9月にウォールのアルバムの表示方式が若干変更になりました。これまで3つ同じ大きさで並ぶようになっていましたが、変更後はカバー写真に設定した画像が大きく表示され、他の2枚はやや小さく表示されます。アルバムはニュースフィードに表示されたときインパクトがあるので、ユーザーに気づいてもらいやすくなります。
スクリーンショット 2011-09-30 16.50.13.png
ユーザーがウォールまたはニュースフィードから「いいね!」やコメントをつけると、それはアルバムに対して「いいね!」、コメントしたことになり、ウォールとアルバムのトップページに表示されます。
p6.png
アルバムを使った写真投稿の場合、その写真をクリックすると、写真を拡大できるだけでなく、アルバム作成時に写真それぞれにつけたコメントを表示します。
またユーザーも写真それぞれに対して「いいね!」やコメントをつけることができます。ただし、写真に対する「いいね!」、コメントは、ウォールの投稿には反映されません。
p5.png

ヘッダーの写真を工夫する

ウォールやアルバムに写真を追加すると、Facebookページの上の部分に写真が表示されるようになります。
写真の右上にマウスを置くと「☓」が表示されます。クリックすると、写真を上の部分から非表示にします。アルバムやウォールからは削除されません。
スクリーンショット 2011-09-15 17.09.32.png
なお、ここに表示される画像はランダムで変わります。リロードする度に並びが変わるので、4枚の写真を横一列に並べるとできあがるデザインなどを試みるには向いていません。

Facebookページ運用のお手本

最後に、写真を上手に使っているFacebookページとそのポイントを簡単に紹介します。

これはお店のどこにあるでしょう?

銀座のこだわり文房具店といえば伊東屋です。伊東屋(伊東屋 itoya)のFacebookページでは、季節に合わせた文房具の紹介やイベントの案内、文房具に関する豆知識などを写真と一緒に配信しています。プロの視点からの文房具解説は役立つだけでなく、「ちょっと欲しいかも」と物欲もほどよく刺激します。
おもしろい工夫として、店内のワンショットを使った「これはどこでしょう?」というクイズがあります。
p8.png
この写真の正解は、エレベータの中の鉛筆型の手すりだそうです。多くの人が正解しており、みんなに愛されているお店であることがわかります。

3枚並びでインパクト

アルバムを使った3枚並びの写真をしばしば使っているのがユニクロ(Uniqlo)のFacebookページです。
先日は「+Jファイナルコレクション販売開始」の予告として、3日前からカウントダウンを写真を使って行いました。
p9.png
上記の写真は、3日、2日とカウントダウンしているところです。単に3枚並べるだけでなく、カウントダウンシリーズとして投稿しているので、とても目立ちます。アイデアとセンスに関しては、やはりユニクロは群を抜いています。(画像はウォール投稿の表示が改訂される前のもの。現在は、カバー写真が大きく表示され他の2枚が小さくなるので、3枚並べた時のデザインを意識する場合は気をつけてください)

言葉よりも写真でビーズの魅力を伝える

トロールビーズファンのためのフェイスブックページでは、アクセサリーのトロールビーズについて情報を配信しています。トロールビーズは、たくさんのビーズから自分でお気に入りのものを選んでカスタマイズして楽しむアクセサリーです。ほぼ毎日、新しいコーディネートの写真と組み合わせ方の解説が配信されます。
実は私もFacebook広告でトロールビーズを知り、配信されてくるトロールビーズの写真がだんだんと気に入り、先日ついに購入に至ってしまいました。
P10.png
今日もコーディネート例が送られてきます。あのビーズもきれいだな、来月買おうかななどと考えます。リピーターを作るには、Facebookページというのは本当に相性がよいプラットフォームだとつくづく思います。

まとめ:喜んでもらうこと、これがすべて

Facebookページでどんなコンテンツを配信していくかはFacebookページの運営者の工夫のしどころがあります。前回紹介した3つのポイントを意識して戦略的にコンテンツを考え、さらに写真も上手に活用すれば「ちっとも盛り上がらない!」という失敗は避けられるはずです。
まずは、ターゲットとしたユーザーに喜んでもらうことを目指してコンテンツを配信していきましょう。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ