Facebookページ運用のお手本!3つのうっとりする投稿

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページ運用の肝は投稿にあるということは、Rexでもたびたび取り上げています。
企業やブランドのストーリーを感じさせ、ファンへの感謝を表し、その企業らしさを伝える、というアドバイスもありますが、実際に投稿でどうやって表現したらいいんだろう、と悩んだことはありませんか。
今回は、まさに上記をうまく実践し、見ていると感動すらしてしまうような投稿の実例を紹介しながら、ポイントを整理してみます。

スタッフの「引き継ぎノート」からのストーリー

紅茶のお店 ニュアージュ」は、北海道の紅茶、ハーブティーの専門店のFacebookページです。
今回、注目する投稿は、以下の投稿です。
投稿のお手本1.png
投稿の内容は、同点がスタッフ同士の業務連絡として活用している「引き継ぎノート」に書かれているエピソードの紹介です。
奥様のプレゼントを探しに来店した旦那様、お子様に美味しい紅茶を飲ませたいとじっくり茶葉を選ぶお母様の話など、心がほっこりするストーリーが紹介されています。
「引き継ぎノート」があることで、お店での素敵な出来事が記録・蓄積され、店員同士で共有できています。
そして、Facebookページでシェアされたことで、「このお店はお客さんが来店する動機や求めているものをちゃんとわかって選んでくれるんだな」というお店のスタンスが伝わってきます。
お客様とスタッフとの店舗での交流など実際のストーリーは、「実体験」である分見た人の心に響きます。まずは、スタッフの体験を共有する仕組みを作ってみてはどうでしょうか?

ファンに感謝を伝える割引サービス

Facebookページに「いいね!」をしてくれて、情報を見たり投稿に反応してくれるユーザーは、本当にありがたい存在です。
集まってきてくれたユーザーに感謝の気持ちを示すには・・・。パッと思いつくのが、プレゼントキャンペーン。でも、抽選であたるプレゼントキャンペーンを実施すると、自前または有料のアプリを使って開催しないとFacebookの利用規約違反になるし・・・。
そんな中で以下のような投稿がありました。
投稿のお手本2.png
春秋 溜池山王」は、東京の寿司レストランです。
投稿では、「いいね!」100人突破の記念として、予約時に「Facebookページのファンです」と伝えると、「その日に入った食材で作る、通常メニューにはお載せしていない「お客様だけの」御料理をシェフよりご案内」していただけるそうです。すてきなサービスですね。
こうした「いいね!」をしたユーザーに実店舗にて、特別なサービスを提供するような施策はO2O(Online to Offline)の一種です。Facebookというオンライン上のマーケティング施策をオフラインの実店舗に誘導するために活用することは、実店舗を持つ企業にとっては参考になるでしょう。

動画で技術を紹介

「Facebookページの投稿で反応がよいのは、画像、次にリンク。動画投稿はリーチも下がるし、閲覧する人も少ない。」
これは、Facebookページの運用者の間で、数値データとともに語られています。確かに、動画は反応する人が少ないせいなのか、表示されにくいせいなのか、いまいちよい反応が得られません。
でも、本当に興味を持ってくれる人は動画を再生してくれるし、おもしろい動画ならシェアもされるのではないか、と考えています。ある意味では、画像はライトなファンも含めてみんなに届けるメッセージなのに対して、動画はコアファンに向けたメッセージということができるかもしれません。
以下の投稿は、カフェの「エコール・クリオロ」のFacebookページのものです。
スクリーンショット 2012-06-18 16.19.55.png
パティシエがマカロンを手際よく作っている様子を動画で投稿しています。きれいなお菓子の写真が多いエコール・クリオロですが、パティシエが実際にケーキを作ったり飾り付けをしている動画も定期的に投稿していて、プロならではの技を紹介しています。
見た目的にインパクトのあるオリジナル映像が撮影できるのであれば、動画を使った投稿も、コアファンには喜ばれるはずです。

まとめ:本気で運用している人たちの工夫

最近、Facebookページの運用者の方何名かとお話する機会があったのですが、どの運用者の方も本気でその企業あるいはブランドのことを伝えるための情報の出し方を研究し、取り組んでおられます。
今回紹介した3つのページのうち、2つのページは、まだ「いいね!」の数もそれほど多くはありませんが、毎日丁寧な投稿をしているので、ファンからの反応もよく、コミュニケーションも生まれています。こうしたコミュニケーションが発生するような投稿を続けることが、少しずつファンを生み本物のロイヤリティを育てていくのだと感じています。
さて、本記事のライター深谷歩がFacebookページの制作・運用についての書籍を刊行しました。現在、Amazon、SE.Shop(翔泳社のオンラインストア)で予約受付中です。
無料のFacebookページアプリを使って、すてきなコンテンツを作るコツをステップバイステップでくわしく解説していますし、Facebookページ運用に必要な考え方もしっかり整理しました。Facebookページアプリの探し方や使い方がよくわからない!という方にこそ、ぜひお手にとってご覧頂きたい1冊となっています。
amazonから予約する!
小さな会社のFacebookページ制作・運用ガイド

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ