事前準備でFacebookページ運営の時間は短縮できる!4つのチェックポイント

10385089_10202656702873317_1845614158_n
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

10385089_10202656702873317_1845614158_n

—本記事はコムニコ マーケティングスイートのPR記事です。—

「Facebookページの運営に、時間がかかりすぎる。」そう思っているとしたら、原因は場当たり的なやり方にあるかもしれません。

一つひとつの投稿を考え、文章をおこし、他の人に確認してもらって…というだけでも、作業量が多いですよね。ファンへの返信も、どう対応するか悩んでいるとあっという間に時間が経ってしまいます。

しかしこれらの作業も、きちんとルールをつくって運営していけば、大幅に効率化することができるのです。今回は運営時間を短縮するためのチェックポイントを4つご紹介していきます。

 

1、何を投稿するか悩む時間を減らす!スケジュール表

Facebookページの運営者が、最も頭を悩ませるのは「何を投稿するか」ということではないでしょうか。

悩む時間を減らすためのシンプルな方法は、スケジュール表をつくって計画的に投稿を作成することです。

comnico_rex3_schedule

↑一週間のスケジュール表(右)をもとに、いつどのような内容を投稿するかを記入した投稿管理シート(左)

毎回当日になってゼロから考えるのでは、本当に時間がかかります。
投稿内容をカテゴリごとにわけ、どのカテゴリの投稿を週何回行うかを決めるだけでも悩む時間を削減できます。

同時に「前回と似たような内容の投稿になってしまった」「昨日までのキャンペーンを投稿し損ねた」といった問題も防ぐことにもつながります。

 

■プラスα まとめての作業で時間を大幅節約

スケジュール表を作ったら、投稿はできるだけまとめて作成するようにしましょう。それだけで大幅な時間の節約になります。

そこでおすすめしたいのが、投稿管理機能を備えたソーシャルメディアマーケティング支援ツール、コムニコ マーケティングスイートです。投稿の予約が1分単位で行えるほか、下書として保存しておくことができます。

comnico_rex3_calendar3

また、投稿した日・予約投稿日がカレンダーに表示(1)されるので、ひと目で投稿日を把握することが可能です。もれなく設定されているか、承認済かなども確認できて(2)、とても便利なのです。

comnico_rex3_calendar2

コムニコ マーケティングスイートの投稿一覧画面

 

2、コメント返信に手間取らない!問答表&エスカレーションフロー

Facebookページ担当者にとって、ファンからのコメントは嬉しいものですよね。しかし、場合によっては対応に困るようなコメントが入ることもあります。

そんなとき、ひとりで「ああでもない、こうでもない」と悩んで時間をロスしてしまった経験はありませんか。

まず、ある程度想定される質問については事前に問答表をつくり、回答を用意して社内で承認をとっておきましょう。回答文を考える時間の短縮になります。

さらにエスカレーションフローを作っておけば、問答表にはない想定外のコメントに対しても素早く対応できます。

comnico_rex3_escalation flow
↑エスカレーションフロー (コムニコ担当者のためのFacebookスタートアップガイド2014

どのレベルの内容だった場合に責任者に連絡する必要があるのか、クレーム時の関係各所への連絡体制などを決めておくのです。
そうすることで、トラブルを防いだり、いざという時に問題を大きくせずにすみます。

 

■プラスα 定型文を準備しておき、素早く返信

運営しているなかで、特に使用頻度の高い返信文については定型文化しておくというのも素早く返信するためのコツです。

先にご紹介したコムニコ マーケティングスイートは、管理画面に定型文を登録して直接返信することができます。また、ユーザー名の自動挿入にも対応。(1)

comnico_rex3_comment

コムニコ マーケティングスイートのコメント一覧画面

しかもユーザーのコメントへの「いいね!」も一括で行えるため(2)、よりスピーディーな返信が可能です。

 

3、スムーズに確認&承認してもらう!投稿確認フロー

「投稿が完全に出来上がってから上長に確認したら、根本的な内容に問題があって大量に作り直しが発生した」「確認するメンバーに漏れがあって、後から修正依頼がきた」

そんなことが起きないように、投稿確認フローを作ることをおすすめします。

comnico_rex3_authorization flow

↑投稿確認フロー (コムニコ担当者のためのFacebookスタートアップガイド2014

上記の図のように「投稿○日前までに」といったスケジュールを決め、ある程度まとまった量を一度に確認してもらえる手はずを整えましょう。

煩雑になりがちな投稿の確認を、確実かつスムーズに行えるようになるはずです。

 

■プラスα 確認手段の工夫で承認もスピーディになる

確認&承認にはFacebookのグループを使うと比較的スムーズに確認することができます。しかし、心配なのはお知らせの見落としです。

また、確認するメンバーのなかに、Facebookに慣れていなかったり、Facebookへのアクセスが制限されている人がいると面倒ですよね。

そんなときは、どこでも誰でも投稿の確認がしやすいコムニコ マーケティングスイートが重宝します。

comnico_rex3_postmanager

コムニコ マーケティングスイートを通して送られてきた投稿確認メール(左)と承認画面(右)

確認依頼がメールで届き、URLをクリックすればそのまま承認や修正依頼も含めた差し戻しができるのです。

また、外出先でもスマートフォンから確認作業が行えるため、スピーディーな対応が可能になります。

 

4、効率的に投稿をつくる!発言内容チェックシート

投稿を作成するときに言葉づかいで迷ったり、後から上長に「この表現は使わないように」と差し戻されたことはありませんか。

事前に発言内容チェックシートを用意しておけば、ミスなく効率的に投稿を作成することができます。

言葉づかいから、絵文字使用有無や使用禁止語句、ブランド名の表記までを、あらかじめ決めておきましょう。ルールに沿って投稿を作成していけば、表現で迷ったり、作成後に修正することが少なくなります。

comnico_rex3_check sheet

なお、発言内容チェックシートを使った運営には、ファンに統一感のあるブランド体験を届ける効果もあります。

投稿のクオリティアップにもつながりますので、ぜひ一度整理してみてください。

 

脱!場当たり的なFacebookページ運営

Facebookページの運営時間を短縮するために必要なことは、事前にルールを決めて作業を効率化することです。

Facebookページの運営はずっと継続していくものです。当然ルールづくりにはある程度時間がかかりますが、後の運営が格段にスムーズになります。

まさに急がばまわれ。「今さら」と逃げずに、ぜひこの機会に場当たり的なFacebookページ運営から脱してみてください。驚くほどに、時間と悩みがカットされますよ。

 

ご紹介したコムニコ マーケティングスイートは、FacebookページやTwitterの運営の手間を軽減し、何をするべきか提示して問題解決に導くツールです。
30日間無料で試すことができます。
banner_600x150

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ