新ページ対応後は、EDGERANK CHECKERのような投稿分析ツールが重要!

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページのタイムライン化に伴い、非常に投稿の分析が重要になってきました。
先月の「Facebookページの投稿分析をしよう」から始まった投稿分析の企画も今回が一旦最終回!
海外のメジャーページ分析サービス「EDGERANK CHECKER」をご紹介します。

EDGERANK CHECKERとは

みなさん、エッジランクという言葉は聞いたことがありますよね。Rex大学の「オーディエンスは誰ですか?」でも書かせていただきましたが、Facebookで測定しているユーザとFacebookページのつながり度を指標にしたものです。
edgerank.png
EDGERANK CHECKERは、このエッジランクを独自でチェックをして、その投稿のエッジランクを測定し、どのような投稿をしたらファンから反応を得やすいのかという分析をしています。
ここでエッジランクのおさらい
エッジランクは、上の画像にもある通り
親密度(affinitiy)×重み(weight)×投稿時間(time)によって決まります。
これは、大量に氾濫する情報の中で、その人にとって有益であろうという情報をFacebookがピックアップするための指標です。その観点でエッジランクの項目をみていきましょう。
投稿時間(time):古い投稿よりも新しい投稿の方が有益であろう
重み(weight):より多くの人が「いいね」や「コメント」をしている投稿は評価されていると考えられるので有益であろう
親密度(affinity):その人自身が頻繁に訪問したり「いいね」「コメント」したりしているのであれば有益であろう
Facebookが何を実現したいのかを考えながらエッジランクを紐解くと、とても当たり前の事をしていると感じることでしょう。
これをFacebookページ運営者の立場から考えると、
投稿時間:ユーザがログインする時間によって、「新しい」時間というのは変化するので適切な時間を把握する必要がある

重み
:どのようなタイプの投稿が評価されるのか把握する必要がある
親密度:自社のページに対して、古くからファンでいてくれて反応し続けてくれる人が、どのくらいいるのかを把握する必要がある
最後の「親密度」については、?と思う方もいるかもしれませね。これは、実際のEDGERANK CHECKERのデータを見て、後ほど説明します。

主な機能の紹介

今、RexのFacebookページはEDGERANK CHECKERを契約していますので、そのデータを見ながらどのような指標が取れるのかチェックしていきましょう。
metrics.png
どの時間帯でインプレッションが多かったのか、「いいね」が多かったのか、などが簡単に把握することができます。
EC_recommen.png
投稿の頻度、投稿のタイプ、投稿時間が推奨されています。これは、今までのデータからの分析結果であり、右側は業界平均を表示しています。
EC_posttime.png
「いいね」やコメントがついた時間帯は詳細に把握できるようになっています。
EC_timing.png
どの曜日、時間帯が反応が良いのか一目瞭然!!
各投稿ごとに、以下の8項目で記事を分析しています。
・LIFETIME
・TIMING
・ENGAGEMENT
・IMPRESSIONS
・AFFINITY
・CLICKS
・VIRALITY
・REACH
EC_postanalytics.png
各項目において、先月のこのページのデータと比較して投稿が良かったかどうかをジャッジできるようになっています。
ご覧の通り、とても残念なのが、投稿内容が文字化けしちゃっているんです。投稿した時間を見れば、どんな投稿か把握できますが、早く日本語にも対応して欲しいですね。

注目すべき指標「親密度」

EC_affinity.png
投稿別分析の項目の中にもAFFINITY「親密度」という項目があります。
この項目の解説を見ると、反応をしたファンの中での「Old fan」の比率を見ており、「Old fan」が多ければ多いほど、親密度の数値が高くなると書いてあります。
これは、どういう事なのでしょうか?
ページに「いいね」をして、しばらくはエッジランクは高まりますので、その人のニュースフィードにページの投稿は表示されます。そこで、反応をしていれば親密度は高まりますよね。それが、どれだけ継続しているのかという事がポイントになっているのではないでしょうか?
つまりページ立上げ初期にページに「いいね」をしれくれたファンが、時間が経過しても投稿に対して「いいね」してくれていると言う事は、そのファンの親密度は高く、そのような人が多ければ多いほど、その投稿はページにとって貴重な投稿だということです。
永らくファンになっている人が「いいね」しれくれるのであれば、そのページが本来投稿すべき内容というのは、そこにあるのではないでしょうか?
この項目に関しては、もっと深く調べていく価値があるかと思いますが、古いファンの方が「いいね」してくれている投稿は良い投稿だと覚えておいてください。

EDGERANK CHECKERを活用してみよう

EDGERANK CHECKERの利用料は、「いいね」数によって変わってきますが、
250いいね以下は、15$/月 @ページ
250~5000いいねは、25$/月 @ページ
5000いいね以上は、30$/月 @ページ
です。そんなに高くないですよね。
まだ、新ページにどのような対応するのかはわかりませんが、どのような投稿がエッジランクが高いのかを把握して運営していことは非常に重要です。
2週間の無料トライアルもありますので、是非、一度試してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: