開催前に知っておきたい!Facebook(フェイスブック)キャンペーンの手段と規約

10253320_10202362029226660_799330000_n
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

10253320_10202362029226660_799330000_n

「うちの会社もFacebookページを使ってキャンペーンをやろう。」という時に、ちょっと待った!そのキャンペーン、規約にひっかかっていないか調べましたか。

改めてFacebookキャンペーンの手段を把握し、きちんと規約を守って安全に開催できるようにしましょう。

集めたいのはファンか、投稿への反応か

「参加すると抽選で○○が当たる!」というキャンペーンを実施しているFacebookページを、あなたもよく見かけるのではないでしょうか。

これらの懸賞キャンペーンには、外部アプリを経由して行う手段と、Facebookの機能を直接使って行う手段の2つがあります。

それぞれ、特徴や条件などが異なるので、以下にまとめてみました。

Rex0003cpn

※1.キャンペーンの企画内容によって得られる効果は異なります。
※2.具体的な方法は代表例です。上記以外の方法も存在します。

まず目的ですが、あなたが集めたいのはファンですか、それとも投稿に対する「いいね!」やコメントなどの反応でしょうか。

たくさんのファンを一度に集めたいということであれば、モニプラクロコスに代表されるような多くのユーザーが集まるプラットフォームを持った外部アプリを介してキャンペーンを行うことをおすすめします。

ただし当然ながら外部アプリを使うもしくは作るには、基本的に費用がかかります。(フリーミアムサービスの無料プランだけを使って費用をかけない方法もあります。)

一方で、投稿に「いいね!」やコメントを集めたい、ページを盛り上げたいということであれば、「いいね!」やコメントの機能そのものを使ってキャンペーンをするとよいでしょう。

無料かつ手軽に実施できるというメリットがある反面、何十件何百件の反応が集まった場合に抽選や当選者との連絡のやりとりなどの管理が煩雑になることがデメリットです。

 

Facebookの機能を使って行うキャンペーンの注意点

キャンペーンを行ううえで、気をつけたいのが頻繁に更新されるFacebookの規約です。

サービス自体が規約に随時対応している既存のアプリを使う場合とは違い、特に注意が必要なのがFacebookの機能を直接使ってキャンペーンを行う場合です。

キャンペーン企画時には、必ずFacebookページ利用規約( https://www.facebook.com/page_guidelines.php )のE.プロモーションに目を通しましょう。

ここでは、Facebookの機能を直接使ったキャンペーンにおいての「できないこと(規約違反)」や「気をつけるべきこと」をピックアップしてみました。 (2014年4月11日時点)

【できないこと(規約違反)】
■個人用タイムラインを使うこと
例えば
・コンテンツのシェア
・個人用タイムラインへの投稿
などを参加条件に設定することは認められていません。

 

【気をつけるべきこと】
■キャンペーンについてFacebookが後援、支持、または運営するものではなく、Facebookとは関係がないことを表明しておくこと。

例えば、「本キャンペーンは○○運営局主催で行うものです。Facebook社には何ら関係はありません。」などと言った一文を記載しておくとよいでしょう。

■当選者への連絡方法を予め決めておくこと。
連絡方法としてはFacebookページの投稿で当選者を発表したり、メッセージで通知したりすることが考えられます。しかし、それぞれデメリットがあることを知っておく必要があるでしょう。

1)投稿での発表
・当選者に投稿を見えてもらえない可能性があります。
・他の人にも当選者が公開されてしまいます。

2)メッセージでの通知
Facebookページから先に、個人ユーザーにメッセージを送信することができません。以下のキャプチャをご覧ください。上は個人としてFacebookを使っている状態で、他のユーザーを見たときです。「メッセージ」のボタンが表示されています。

一方、FaceookページとしてFaceookを使っている状態が下です。他のユーザーを見ても、「メッセージ」のボタンが表示されないため、こちらからメッセージを送ることができないのです。

Rex0000cpn
ただし、ユーザーから送られてきたメッセージに返信することはできます。そのため、キャンペーン参加時に「メッセージ」を送ってもらうことを参加条件に追加しておくと、その後の連絡がスムーズです。

こちらは、NestléがFacebookページで行ったキャンペーンの投稿です。投稿への「いいね!」をした後に、メッセージを送るようにお願いしています。

Nestlé -rex

ネスレ日本100周年を祝うライヴ ペアチケット10組20名さまプレゼント投稿

参加手順も丁寧に書かれているため、わかりやすいですね。

 

目的に応じたキャンペーンを開催しよう

今回は、キャンペーンの開催手段や規約について詳しく解説しました。
しかし、そのなかに乗せるキャンペーンの内容は懸賞だけでなく、コンテストやアイデア募集、クイズなど、無数にあります。

キャンペーンで「できること」「できないこと」をしっかり把握したうえで、目的に応じたキャンペーンを行っていきましょう。

 

その他の関連記事

運用チェックポイント
facebook キャンペーンが無料で簡単に実施できるようになります!
なんじゃこりゃ!Facebookキャンペーンの失敗パターン5

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ