Webサイトのインサイト:Webサイトにソーシャルボタンを設置する効果

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はWebサイトのインサイトの基本的な利用方法や、確認できる項目について紹介しました。今回はさらに詳しく見るべきポイントについて、「いいね!」ボタンを例に紹介しましょう。

「いいね!」ボタン

Webサイトのインサイトのメニューから「いいね!」ボタンをクリックすると、以下の情報を確認することができます。
re1.png
Webサイト全体で「いいね!」ボタンが表示された回数、クリックされた回数、「いいね!」されたことによるFacebook内での表示回数、そのクリック数が表示されます。
さらに詳細なメニューは、以下の項目を確認します。

「いいね!」ボタンCTR

Webサイトに設置した「いいね!」ボタンのCTR(クリック率)です。Webサイトが表示された回数に対し、クリックされた割合を表示します。
re2.png
外部サイトに設置した「いいね!」ボタンの1日のインプレッション数、クリック数がわかります。その日に更新した記事やコンテンツと「いいね!」のクリック率などをあわせて評価するとよいでしょう。

いいね!記事CTR

いいね記事CTRとは、ユーザーAがあるWebサイトのコンテンツに対して「いいね!」をしたときに、別のユーザーがそれを見て、WebサイトへのURLをクリックした割合を表示します。
re3.png
ユーザーにいいね!されてFacebookでシェアされた結果として、どれくらい自サイトへの流入がはかれたかを評価することができます。

いいね!記事への反応

「いいね」記事への反応とは、ユーザーAがあるWebサイトのコンテンツに対して「いいね!」をしたときに、別のユーザーがそれに対して「いいね!」をクリックりしたり、コメントしたりしたことを指します。
ちょっとわかりにくいので、実際の例を元に図解しました。
res4.png
いいね!記事への反応では、1日あたりの反応数などがわかります。
re5.png
自分のサイトがシェアされたときに、どれくらいの反応が得られるのかがわかります。反応を得られやすいWebサイトのコンテンツは、Facebook上でシェアされやすくなるでしょう。

人口統計データ

人口統計データでは、上記のデータに関わったユーザーの人口統計データを見ることができます。
具体的には、「いいね!」をクリックしたユーザーの統計データ、友達が「いいね!」をしているのを見たユーザーの統計データ、共有されたリンクをクリックしたユーザーの統計データがわかります。
それぞれ、どういう特性があるのか、あるいはFacebookページに「いいね!」をしているユーザーとの比較などを通して、分析することができます。
res6.png

人気のページ

人気のページは、「いいね!」を多くクリックされた記事を表示します。「日」「時間」で切り替えが可能なのですが、具体的にどの日、時間なのかは不明です。直近の「日」「時間」である可能性が高いです。
re7.png

その他のサブメニュー

いいね!ボタン以外には、以下のデータを確認することができます。
「送る」ボタン
「送る」ボタンはFacebookのプラグインで、特定の相手にURLをメッセージまたはメールで共有できるボタンです。送るボタンの外部サイトでのインプレッション数、CTR、受け取った人のCTR、人口統計データなどを確認することができます。
オーガニックシェア
オーガニックシェアは、シェアボタンを使ってシェアした場合、あるいは、リンクの共有から直接リンクを指定して投稿した場合を指します。
オーガニックシェアされた場合の、CTR、人口統計データなどを確認することができます。
コメントボックス
コメントボックスは、Facebookプラグインで、ブログなどに直接Facebookのアカウントを使ってコメントを投稿できる機能です。
どういう形のシェアがもっとも反応が得られるのか
さて、これらのデータを比較することで、どういうシェアが一番簡単なのか、インプレッション数が高くなるのか、URLのクリックが高くなるのかということがわかります。
Social Media Experienceの場合、送るボタンとコメントボックスは利用していないため、比較できるのは、「いいね!」ボタンとオーガニックシェアだけなのですが、最近1ヶ月のデータを見ると、以下のことが言えます。
いいね!、オーガニックシェアの回数はそれほど違いがない。
いいね:699
オーガニックシェア:703
いいね!ボタンよりオーガニックシェアのFacebook内のインプレッション数は3倍以上
いいね:92,6546
オーガニックシェア:2,848,832
いいね!ボタンよりオーガニックシェアのCTRのほうが高い
いいね:0.06%
オーガニックシェア:0.09%

まとめ:シェアされるコンテンツの評価、シェアされた結果のトラフィック量

Webサイトのインサイトは、Facebookページのインサイトに比べて、話題になることが少ないのですが、今回紹介したようにさまざまなデータを取得できます。
Facebookページを運営する効果、Webサイトにソーシャルプラグインを設置する効果を考えるにあたって、有効なデータなので、ぜひ活用してみてください。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ