最適なコンテンツと投稿時間はFacebookページによって違う!:インサイト分析

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookページの運用にまつわる様々な噂があります。
例えば、「写真つきの投稿は反応が得られやすい」「平日の朝に投稿するとリーチしやすい」「土日は反応が少ない」などなど・・・。
さて、これらの噂は本当なのでしょうか?実は単に「そういう気がする」という体感値だったり、「関係のないFacebookページのデータ」だったりしませんか?
今回はFacebookページのインサイトのデータを使って、自分のFacebookページに最も適したコンテンツと、最も反応が得られるタイミングを知る方法について解説します。

インサイトを見てみよう

インサイトは、管理人アカウントでFacebookページにアクセスすると、左側のメニューに表示されるようになっています。「インサイト」をクリックするとダッシュボードが表示されます。ただし、「いいね!」の数が30未満の場合、インサイトを利用することはできません。
ifig1.png
インサイトをクリックすると表示されるダッシュボードには、Facebookページの運用データの概要が表示されます。

最も反応が得られやすいコンテンツを知る

グラフの下に、「ページの投稿」ごとのリーチや反応の数が表示されます。以下の情報が表示されます。
リーチ:
28日間の間に投稿を閲覧したユニークユーザー数
アクションを実行したユーザー:
投稿をクリックしたユニークユーザー数。「いいね!」、コメント、リンクのクリック、投稿の非表示など何らかのアクションがすべて含まれる
話題にしている人:
ページの投稿に対して反応したことで、ニュースフィードに表示されたユニークユーザー数。反応とは、「いいね!」、コメント、シェア、イベントの回答、クエスチョンへの回答が含まれる。
クチコミ度:
「リーチ」に対して「話題にしている人」の割合。
それぞれの項目をクリックすると、ソートすることができます。また、投稿のタイプ(投稿、写真、リンク、動画など)で絞り込んで表示することもできます。
ifig2.png

「アクションを実行したユーザー」に注目する

今回は、最も反応が得られやすい投稿を知るために、「アクションを実行したユーザー」に注目してみましょう。このセルをクリックすると、最も反応した投稿を昇順/降順で表示することができます。
数値をクリックしてみると、どんなアクションを実行したのかが円グラフで表示されます。
ifig3.png

期待した反応が得られたか?

次に、この数字と投稿の内容を比較して、期待する反応が得られたのかを考えましょう。
この投稿は、あるカード制作会社が期間限定でタイムラインの画像を使ったFacebookページを無料で作ってくれる、という情報です。個人ページの基本情報にアイコンが表示されるので、そこをクリックすると作成ステップに進むので、その部分のスクリーンショットも添付しました。さらに、この情報のオリジナルソースであるMashableという海外サイトのリンクも張りました。
投稿の意図は、この情報を見た人に「おもしろいな、自分も作ってみようかな」と思ってもらうことでした。さらに言えば、自分が書いた記事以外の情報を配信する理由は、Social Media ExperienceのFacebookページからは、ソーシャルメディアに関連したおもしろい情報がもらえる、他の人がシェアしない情報を教えてくれるとユーザーに思ってもらうことです。
投稿の分析
①は、画像をクリックしてフルサイズで表示した人数です。215人がクリックして、画面をよく見たということになります。
②は「その他のクリック」で、恐らく多くがMashableへのリンクをクリックした人と判断できます。それ以外に「いいね!」の数やタイムスタンプ、ユーザー名をクリックした人の数も含まれます。
③投稿への「いいね!」、コメント、シェアなどを行って、ニュースフィードに記事が表示されるような行為を行った人数です。
④この投稿を見て、ニュースフィードから投稿を非表示にした人など、ネガティブな反応をした人の数です。
こうして数値を見てみると、「いいね!」やシェアの数は多くないのですが、200人以上にこの情報に興味をもってもらったことがわかります。

アクションを評価するときのポイント

「いいね!」やコメントにとどまらないアクション(動画再生、外部リンクのクリックなど)を期待する投稿をした場合は、アクションを実行した人数を見て、評価するようにしましょう。
ケーキの写真、かわいい子どもの写真は、「いいね!」がもらえるかもしれませんが、「それだけ」かもしれないことに注意し、その投稿の本当の目的を踏まえて評価してください。
また、アクションが多いからといって喜ばしいことばかりではないことにも気づいたでしょうか?アクションの実行には、「否定的な意見」も含まれています。いってしまえば、ユーザーから嫌がられたアクションです。表の数値だけ見て、アクションがたくさん得られたから「よい」と評価するのではなく、どういうアクションが実行されたかを見て、正しく評価しなければなりません。

最適な投稿時間を知る

Facebookページの運用の目的の一つに、ユーザーに情報を届けるということがあるはずです。情報がきちんと届いているかどうかは、「リーチ」で確認しましょう。なお、「リーチ」には、「いいね!」をクリックした人以外のユーザーも含まれます。
最適な投稿時間を知るためには、インサイトのエクスポートデータを使って行います。
まずは、データをエクスポートします。「データをエクスポート」→「投稿レベルのデータ」→「Download」をクリックしてデータをエクスポートします。
※データをダウンロードしたときに文字化けしてしまう時は、「アカウント設定」から「言語」を「日本語」から「English(US)」に変更してダウンロードすると、文字化けが回避できる場合があります。
スクリーンショット 2012-01-29 15.54.37.png
シート「主要データ」の「通算 「総リーチ数」を投稿する」を見てみましょう。これは日本語訳がおかしくなっているのですが、要するに各投稿を見たユニークユーザー数です。
しかし、このデータには投稿の時間が太平洋時間で表示されています。少し手間がかかりますが、時間をなおしてみましょう。さらに、その時間のリーチ数の平均を出してみましょう。
そして、その結果をグラフ化してみたものが以下の図です。
スクリーンショット 2012-01-29 15.55.47.png
朝9時は通勤時間でFacebookにアクセスする人が多いかと思ったのですが、もっともリーチが低い結果になりました。
14時は、業務まっさかりだろうと思うのですが、予想に反して閲覧が最も伸びました。業務も終盤の17時にまた閲覧数が伸びています。
「じゃぁ14時に投稿しよう!」と、思ってはいけません。なぜなら、これは「Social Media Experience」のFacebookページの運用の場合だからです。異なる目的のもとに運用され、異なるユーザーが集まるFacebookページでは、この結果とはまったく逆になる場合があるので、必ず自分のデータで分析してみてください。
時間だけでなく、曜日のリーチも比較するとよいでしょう。また投稿によって同じ時間でも反応が違うかもしれません。すべての管理者は、詳細なデータがダウンロードできるのですから、それを使って分析することを忘れないでください。
なお、今回はインサイトの一部の機能のみを取り上げました。その他、インサイトから閲覧できる数値については、「Facebookページのインサイト:データ分析によるコンテンツ最適化」をご覧ください。

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ