Facebookページの投稿分析をしよう!

LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今、Facebookページを運営していて困っている事って何ですか?
「なかなか『いいね数』が伸びない!!」
やっぱり、ここですかね?
広告を打ったり、懸賞キャンペーンをやったり、検定アプリを作るような
予算にも限界があると思います。できるだけファンに共感してもらえる投稿
をして、そこから自然発生的にファンを増やしていきたいですよね。
エッジランク
edgerank.png
(エッジランクについては、「オーディエンスは誰ですか?」をご覧ください)
このエッジランクの数式を見た方も多いかと思いますが、ページのファンに
なってもエッジランクが高くないと、ファンのニュースフィードに投稿が反映
されにくくなります。そして、エッジランクを高めるためには、投稿に
「いいね」「コメント」をしてもらう事が重要です。
それにはファンに共感してもらえる投稿必要になってくるんですよね。
では、あなたのページにとって「ファンに共感してもらえる投稿」って何?
今日から全5回にわたって、Rex編集長斎藤が「運用チェックポイント」のコーナーを
使って「Facebookページの投稿分析」について連載し「ファンに共感してもらえる
投稿」を探り出す方法をお伝えしていきます。

ページの状況を知る

まず、投稿分析をしていく前に大事な事がFacebookページの現況を知るという
事です。今、どれだけファンがいて、何人にリーチされ、何人が話題にして
くれているのか?このような事を押さえていく必要があります。この数値を
見ながら投稿の善し悪しを判断していく必要があります。
 ところで、インサイト見てますか?
インサイトは、ページの健康状態を見るには最高のツールです。特に投稿の
分析をしていく上では各投稿の「クチコミ度」というのは非常に参考になります。
インサイトの詳細は、翌週以降に深谷さんが解説してくれますのでお楽しみに。
結局、投稿分析をしていく狙いというのは、ページの現況を如何に良くしていくのか
という事だと思います。それをしっかりと数字で語れるようになっていかないと
いけないんですよね。
1.ページの状況を知る
     ↓
2.状況を良くするためには良い投稿が必要
     ↓
3.数字を見ながら良い投稿の仮説を立て、投稿する
     ↓
4.ページの状況が改善されたか確認する
いわゆるPDCAですよね。このサイクルをしっかり回していく必要があるんです。
次に、「良い投稿」を探っていくために「投稿」を要素分解しましょう。
その各要素が高まれば「良い投稿」が導きだされるはずです。

投稿の要素分解をしましょう

昨年、ワールドカフェというイベントを開催して、参加者たちが「いいね」が
付く投稿について話し合いました。やっぱり鉄板なのが写真ですね。しかも
「料理」とか「ペット」「子供」の写真は多くの「いいね」が付きやすいよね、
なんて話しをしていました。
ここには、投稿の要素が2つ盛り込まれています。
・投稿タイプ(写真)
・投稿カテゴリー(料理、ペット、子供)
投稿タイプというのは、「近況」「写真」「リンク」「動画」「クエスチョン」と
分けられてますよね。あれが投稿タイプになります。
投稿カテゴリーというのは、運営者の方で分類する必要があります。どういう
種類の投稿なのかということです。「ニュース」「サービスの紹介」「ノウハウ」
「社員のひとこと」など、会社ごとに投稿のカテゴリーって様々ですよね。
後から追加しても構わないので、事前にカテゴライズしておいた方がベストです。
他の要素として重要なのがタイミングです。投稿時間ですよね。何時くらいがベスト
なのか、1日に何投稿くらいがベストなのか、曜日ごとに変えた方がいいのか。
twitterほどではないですが、時間も反応を良くするための要素の一つとして重要です。
主に、上記のような要素を分析していく事になります。

ページの健康状態を知る指標

そして、投稿が良かったかどうかをどの指標をもって「良い」とすれば
いいのでしょうか?
【インサイトでもわかる5大指標】
 投稿に対する「いいね」「コメント」
 リーチ
 話題にしている人
 アクションを実行したユーザ
 クチコミ度
これらの数値をまとめていけば、傾向は見えてくるでしょう。
ただ、投稿の要素分解をした時の「時間」という要素を加味した分析指標って
インサイトは弱いです。有料にはなりますが、海外には時間という要素を加味
したサービスがあります。今後、紹介していきますのでお楽しみに。
また、投稿分析とは少し離れてしまいますが、ページ分析という観点からいくと
どのファンが活発にコメントしてくれているのか、コメントをしてくれたり
シェアをしてくれたファンにどれだけの友達がいるのか、この辺の数字も気に
なるところですよね。
次回からは実践編として、どのように分析していけば良いのかご案内していきます。
今後の連載予定
 ・インサイトを活用した投稿分析
 ・Socialbakersの紹介
 ・EDGERANK CHECKERの投稿統計分析の紹介
 ・EDGERANK CHECKERの投稿個別分析の紹介
お楽しみに!!

The following two tabs change content below.
Satoshi Saito
Rex編集長 ソーシャルメディアだけでなく、コンテンツマーケティング、特にBtoB向けのコンテンツマーケティングのコンサルティングを展開。ビジネスモデル開発のフレームワークを使ったワークショップなども開催している。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ

Tags: