日の丸写真から卒業しよう!構図を変えるだけでワンランク上の写真が撮れる三分割法

かもめ 三分割法
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

かもめ 三分割法

「自分が撮影した写真を見返してみると、被写体が写真のど真ん中にあるものばかり」ということはありませんか。写真は、ちょっとした構図の違いでワンランクアップするものです。今回は、写真の構図について解説します。

一般的に「構図」というと、何を思い浮かべますか?

絵の場合だと自分が描きたい物が明確でしょうから、自分の好きなように描きたいものをキャンバスや紙に描いていきますよね。一方、写真はそこにあるものを切り取る作業なので、あれもこれもと欲張りすぎると「何を表現したいのか」「何を見せたいのか」が見る人に伝わらなくなってしまいます。

表現したいものや見せたいものが伝わるかは 構図やアングル、縦位置か横位置かで変わってきます。まずは構図についてお話していきたいと思います。

三分割法とは

画面の真ん中に顔や物が写っている写真のことを、俗に「日の丸写真」と言います。必ずしもこの写真が悪いということではないのですが、状況や伝える物によっては、つまらなく見える場合があります。

今まで撮った写真を見返してみて下さい。ほとんどの物が画面中央にあるという方は特に三分割法で撮影することをおすすめします。構図を少しだけ変えるだけで、見る人に「素敵だな」「かっこいいな」と思ってもらえる写真が撮れるようになります。

「三分割法」とは画面を縦横3つに分割して、その線が交わる点に被写体を配置して撮影する手法のことで、「黄金分割」と呼ばれることもあります。 最近はデジカメやスマホでも「グリッド」をオンにすれば液晶画面上に三分割された線が表示されるようになっています。

三分割法
↑線が交わる「●」部分に被写体を配置する

これは横位置も縦位置にも共通することですが、少しだけ空間や余白、間ができると写真にストーリーがでてきたり遊びが感じられたりします。雑誌のページや街中で見る広告も、これに注意して見てみて下さい。その空間部分にタイトルや文章などの文字が書かれているものが多いことに気づくはずです。

プロは、状況やテーマに合わせてそういった構成を考えて撮ることが多いので、雰囲気のある写真を撮ることができるのです。もちろん、インパクトを出すためにあえて被写体を真ん中に置く場合もあります。

日の丸写真と比較してみよう

ではここで、いくつか三分割法の例を見てみましょう。左の日の丸写真はカモメが真ん中にいて水平線も真ん中にあります。右の三分割法で撮影した写真は、縦と横の分割線が交わるところにカモメを配置しています。雰囲気が出たと思いませんか。

かもめの写真

左の日の丸写真は花が画面の中央にありますが、右の写真は三分割法で縦と横の分割線が交わるところに配置しています。花の位置は片方に寄ったにもかかわらず、写真としては安定感が出ています。

日の丸写真と三分割法 花

左の写真は、サーファーが横真ん中に配置されています。一方、右の写真は三分割法を意識してサーファーを中央よりも左下に寄せて配置しています。前者は偶然サーファーが横切ったような写真になっているのに比べ、後者はサーファーも風景のなかにおさまっており、全体として一枚の絵のような写真になっています。

日の丸写真と三分割法 サーファー

では、続いてこちらの写真です。普通に立ったまま、何も考えずに撮るとこんな感じに被写体が真ん中になります。

真ん中の写真 横

それを、赤いパイロンを入れずに少しローアングルから意識して撮ったものがこちらです。迫力が出ましたね。

三分割法 横

最後に縦にして、空ももう少し意識して撮ってみました。一枚めの写真と比べると、素人感が抜けぐっと良くなったのではないでしょうか。

三分割法 縦

まずは色んな写真で三分割法を試してみよう

表現としての構図の手法なので「必ずこれがいい」とか「これじゃなきゃいけない」ということではありません。場合によっては、被写体が真ん中にあるほうがいいこともあります。

しかし、今まで特に意識せず日の丸写真ばかり撮っていたということであれば、ぜひこの「三分割法」を意識して写真を撮ってみてください。今回のサンプルのような被写体だけでなく、人物、ポートレートや建物、風景などでも、今までの写真よりも一味違った写真になること間違いなしです!

The following two tabs change content below.
菖蒲 タケル

菖蒲 タケル

20年以上雑誌、広告写真撮影を中心にプロとして活動。芸能人、タレント、経営者、文化人等の人物撮影から、ファッション、料理、旅物、舞台、ステージ、イベント記録等ジャンルを問わず撮影している。「写真を撮る、撮られる楽しさを伝えて行くのも自分の一つの使命」と、近年は一般の方のプロフィール写真や結婚式、家族写真、子ども、ペット等の撮影も手がけている。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ