ウェブ担当者のための写真撮影講座 vol.1~同じシーンも目的によって違う写真に~

スマホで撮影
LINEで送る
Pocket

LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホで撮影

自社ブログやFacebook、Twitter、Instagramなど、記事や投稿を作る際には写真の良しあしがユーザーの反応に大きく影響します。フォトストックで購入できる写真だけでは限界もありますよね。でも、自分ではよい写真がなかなか撮れないということもあるでしょう。

そんなお悩みを抱えた方に、素人でもうまく写真をとるためのポイントをご紹介していきたいと思います。第1回目は、目的にあった写真を撮るためにどういう工夫をしていくべきかをお伝えしていきます。今回は多くの人に馴染みのある料理の写真で説明していきたいと思います。

目的を意識したうえで撮影しよう

ひと口に『料理写真』と言っても、目的つまり何を表現したいのかによって写真の撮り方が変わってきます。本記事では同じシーンでも料理の魅力、シチュエーション、雰囲気のどこに焦点を合わせるのかによって、写真の表情がどう変化するかを感じていただければと思います。また、ご紹介する写真は、みなさんが手軽に撮影した場合を想定し、スマホのカメラを使用しています。

料理の魅力を伝える

まずは、写真の魅力を伝える写真です。こちらは、メイン料理だけでなく付け合せやドリンク、フォークやナイフまでの一式を写真におさめたもの。ありがちなカットでもありますね。

料理写真_スタンダード

ここでもし、メインの料理を主張してみせたい場合は以下のようにフォーカスしてみましょう。シズル感や立体感が出て、料理がよりおいしそうに見えるのではないでしょうか。

料理写真_シズル感

シチュエーションを伝える

一方、料理自体ではなくシチュエーションを伝えたいときは、逆にひいて撮影してみましょう。

料理写真_複数人

テーブルの上に料理が3人分写りこんでいます。3人で食事をしているシーンであることが、一目でわかります。

雰囲気を伝える

続いて、雰囲気を伝える写真です。外の景色なども写すことで、場所や天気などもわかります。「暑い」「寒い」などがわかる写真であれば、見ている人にもその感覚が伝わりますね。

料理写真_季節

以上、料理の魅力、シチュエーション、雰囲気それぞれに焦点をあてた写真をご紹介してまいりました。同じシーンで料理を撮影しているにもかかわらず、テーマによって受けるメッセージも違うことを感じていただけたのではないでしょうか。

まずは練習してみよう

料理は日々口にするもの。そのぶんシャッターチャンスも多い被写体ですから、ぜひ色々なテーマで何度も撮影してみてくださいね。

【料理写真提供・記事監修】
菖蒲 タケル  株式会社ALCファクトリー代表取締役 写真家

菖蒲タケル氏20年以上雑誌、広告写真撮影を中心にプロとして活動。芸能人、タレント、経営者、文化人等の人物撮影から、ファッション、料理、旅物、舞台、ステージ、イベント記録等ジャンルを問わず撮影している。「写真を撮る、撮られる楽しさを伝えて行くのも自分の一つの使命」と、近年は一般の方のプロフィール写真や結婚式、家族写真、子ども、ペット等の撮影も手がけている。

Best Beauty Photo Takeru (Photographer Takeruの紹介&Garallyサイト)
http://www.alcf-j.com/

株式会社 ALC ファクトリー Facebookページ
https://www.facebook.com/alcfactory

The following two tabs change content below.
柴 佳織

柴 佳織

ソーシャルメディアコンサルタント。 企業のFacebookページのコンサルティングから、解析・運用支援などを行う。 各種Webメディアでライターとして、Facebookマーケティング関連の記事を執筆。 企業内外でのセミナー講師を務める。主な著書に『Facebookページ販促&集客ガイド 決定版 (得する技)』(技術評論社)がある。

Facebookマーケティングの教科書

お問合せ